真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 『仏説譬喩経』

1ページ中1ページ目を表示
解題凡例 |  1 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

佛説譬喩経

大唐三蔵法師義淨譯

如是我聞。一時薄伽梵。在室羅伐城逝多林給孤獨園。爾時世尊於大衆中。告勝光王曰。大王。我今爲王略説譬喩。諸有生死味著過患。王今諦聽。善思念之。乃往過去。於無量劫。時有一人。遊於曠野爲惡象所逐。怖走無依。見一空井。傍有樹根即尋根下。潜身井中。有黒白二鼠。互齧樹根。於井四邊有四毒蛇。欲螫其人。下有毒龍。心畏龍蛇恐樹根斷。樹有蜂蜜。五滴墮口。樹搖蜂散。下螫斯人。野火復來。燒然此樹。王曰。是人云何。受無量苦。貪彼少味。爾時世尊告言。大王。曠野者喩於無明長夜曠遠。言彼人者。喩於異生。象喩無常。井喩生死。險岸樹根喩命。黒白二鼠以喩晝夜。齧樹根者。喩念念滅。其四毒蛇。喩於四大。蜜喩五欲。蜂喩邪思。火喩老病。毒龍喩死。是故大王。當知生老病死。甚可怖畏。常應思念。勿被五欲之所呑迫。爾時世尊重説頌曰 

曠野無明路 人走喩凡夫
大象比無常 井喩生死岸
樹根喩於命 二鼠晝夜同
齧根念念衰 四蛇同四大
蜜滴喩五欲 蜂螫比邪思
火同於老病 毒龍方死苦
智者觀斯事 急可厭生津
五欲心無著 方名解脱人
鎭處無明海 常爲死王驅
寧知戀聲色 不樂離凡夫

爾時勝光大王聞佛爲説生死過患。得未曾有。深生厭離。合掌恭敬。一心瞻仰。白佛言。世尊。如來大慈。爲説如是微妙法義。我今頂戴。佛言。善哉善哉。大王。當如説行。勿爲放逸。時勝光王及諸大衆。皆悉歡喜。信受奉行。
佛説譬喩経

このページのTOPへ / 原文へ / 訓読文へ / 現代語訳へ / 語注へ

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ “仏陀の教え”へ戻る

2.訓読文

佛説譬喩経

大唐三蔵法師義淨譯

是の如く我れ聞けり。

一時薄伽梵1室羅伐城2逝多林給孤獨園3に在せり。爾の時世尊、大衆の中に於て勝光王4に告げて曰はく。

大王、我今王の爲に、略して諸の生死に味著する過患有ることの譬喩5を説かん。王今諦に聽いて、乃ち無量劫の過去に往て善く之を思念せよ。

時に一人有り。曠野に遊んで惡象の爲に逐われ、怖れて走るに依るところ無し。一の空井の傍に樹根有るを見、即ち根下を尋ねて身を井中に潜む。

黒白二鼠有り。互ひに樹根を齧る。井の四邊に四毒蛇有り。其の人を螫さんと欲す。下に毒龍有り。

心龍蛇を畏れ樹根の斷ぜらるるを恐る。

樹に蜂蜜有り。五滴口に墮す。樹搖れて蜂散じ、下の斯の人を螫す。野火復た來て、此の樹を燒然す。

王曰く。

是の人云何が無量の苦を受けながら彼の少味を貪るや。

爾の時世尊告げて言はく。

大王、曠野は無明長夜の曠遠なることの喩なり。言く彼の人は異生6の喩、象は無常の喩、井は生死の喩、險岸の樹根は命の喩、黒白二鼠を以て晝夜の喩とす。樹根を齧るとは念念滅の喩、其の四毒蛇は四大7の喩、蜜は五欲8の喩、蜂は邪思の喩、火は老病の喩、毒龍は死の喩なり。

是の故に大王、當に知るべし生老病死の甚だ怖畏すべきことを。常に應に思念して、五欲の所呑迫せらるるを被ること勿れ。

爾の時世尊、重ねて頌を説ひ玉ひて曰く。

曠野は無明路、人の走るを凡夫に喩へ、
大象は無常に比し、井を生死の岸に喩ふ。
樹根は命に喩へ、二鼠は晝夜に同じく、
根を齧るは念念に衰ふこと、四蛇は四大に同じ。
蜜の滴るは五欲の喩、蜂の螫すを邪思に比す。
火は老病に同じく、毒龍は方に死苦なり。
智者は斯の事を觀じて、急に生津を厭うべし。
五欲の心に無著なるを、方に解脱人と名づくべし。
處を無明の海に鎭めて、常に死王の爲に驅かれ、
寧ろ聲色に知戀し、離を樂はざるを凡夫とす。

爾の時勝光大王、佛の生死を説いて過患と爲し玉ふを聞いて未曾有9を得、深く生を厭離す。合掌恭敬し一心に瞻仰して、佛に白して言く。

世尊、如來大慈、爲に是の如き微妙の法義を説き玉ふを、我今頂戴す。

佛言く。

善哉善哉10

大王、當に説の如く行じて放逸11すること勿るべし。時に勝光王及び諸の大衆、皆悉く歡喜して、信受奉行す。

仏説譬喩経

訓読:非人沙門覺應
(horakuji@gmail.com)

このページのTOPへ / 原文へ / 訓読文へ / 現代語訳へ / 語注へ

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ “仏陀の教え”へ戻る

3.現代語訳

仏説譬喩経

大唐三蔵法師義淨訳

このように私は聞いた。

あるとき世尊は、舎衛城〈サーヴァッティー〉の祗園精舎〈ジェータヴァナ・ヴィハーラ〉に留まられていた。そこで世尊は、大衆の中で勝光王〈パセーナディ王〉に語りかけられた。

「大王よ、私は今、王のために要略して生死に味著することには諸々の過失と災いとがあることを譬喩によって説こう。王よ、今これをあきらかに聞き、無量の過去にさかのぼってよくこれを考えてみよ」

「ある時、ある人があって荒野を歩いている時、暴れ象に遭遇し、これを怖れて逃げ走ったけれども、どこにも身を潜める場所が無かった。しかし、よく見ると一つの空井戸があり、その傍には樹があって、その根が井戸の中に垂れ下がっていた。そこで彼はその根に捕まって下に降り、身を空井戸に潜めた」

「すると、その木の根元に黒と白の二匹の鼠が現れて、その二匹が掴まっている樹の根を齧りだした。また、井戸の四方には四匹の毒蛇がおり、その人に噛み付き殺そうと待ち構えている。さらに空井戸の底には毒龍がいる」

「その人の心は、井戸の底の毒龍と四方の毒蛇と、掴まっている木の根が鼠に齧られて今にも噛み切られそうなことへの恐怖でいっぱいであった」

「ところで、その樹には蜜蜂の巣があって、そこからたまたま五滴の蜜が男の口の中に落ちた。(すると男はその甘い蜜の味にうっとりとして、今の自分の恐ろしい状況をすっかり忘れ、もっとその蜜を味わおうと樹を揺らした。)しかし、樹が搖れて蜜蜂が飛びたつと、蜂は木の根に捕まるその人を刺したのだった。」

「すると今度は(その空井戸の周囲で)野火が起こり、その樹自体が燒え出してしまった」

王は(この話を聞いて仏陀に)申し上げた。

「一体この人はどうして無数の危険と苦しみとを受けながら、愚かにも蜂蜜の甘さのような小さき楽を貪ったのでしょうか?」

そこで世尊がこれに答えて言われた。

「大王よ、荒野とは無明という長夜が果てしないことの喩えである。その人とは凡夫の喩えで、象とは無常の喩え、空井戸は生死の喩え、垂れ下がった樹の根は命の喩え、黒白の二匹の鼠は昼夜の喩えである」

「(時という鼠が)樹の根を齧るとは、瞬間瞬間に物事が変化・衰亡していることの喩えであり、井戸の四方の毒蛇とは(物質を構成している地・水・火・風の)四大を喩えたものである。落ちてきた蜜とは色・声・香・味・触に対する欲望、すなわち五欲の喩えであり、蜂は邪なる心に喩えたもの。火とは老いと病いの喩え、毒龍は死の喩えである」

「このようなことから大王よ、まさに知るべきである、生・老・病・死が甚だ恐るべきものであることを。常に命は無常迅速・老少不定にして一時の猶予も我々には無いことを思念し、五欲に翻弄されることのないように」

そこで世尊は、改めてこの教えを簡略にした偈頌を説かれた。

荒野を無明、逃げる人を凡夫に喩え、
大象は無常に、井戸は生死流転の岸に喩えた。
樹の根は命に喩え、二鼠は昼夜に同じく、
根を齧るのは瞬間瞬間に衰えゆくこと、四蛇は四大に同じである。
蜜の滴り落ちるのは五欲に喩え、蜂が刺すのは邪思に比す。
火とは老・病に同じく、毒龍はまさに死苦である。
智者はこの事を観じて、急ぎ生死流転の苦海を厭い離れよ。
五欲が心に頓着せぬ人を、まさに解脱した人と言うべきである。
居所を無明という海に鎭め、常に死王に追い立てられながらも、
むしろ音・形ある物事を願い求め、出離を願わない者を凡夫という。

すると勝光大王は、仏陀が人々が無闇に苦を受け続けて生死する有り様をして過失にして災いであると説かれたのを聞いて、いまだかつて無い驚きを感じて鳥肌立ち、生死輪廻する生に対して深く厭離の思いを起こした。そこで王は合掌恭敬し、一心に瞻仰して、仏陀に申し上げた。

「世尊、如来よ、大慈によって説かれた是の如き微妙なる教えを、私は今より信受いたします」

これに答えて仏陀は言われた。

「よろしい、よろしい!大王よ、まさに私が説いた通りに行じ、放逸することないように」

そこで勝光王及び諸々の大衆らは、皆悉く佛陀の説かれた教えを歓喜し、信受奉行した。

仏説譬喩経

現代語訳:非人沙門覺應
(horakuji@gmail.com)

このページのTOPへ / 原文へ / 訓読文へ / 現代語訳へ / 語注へ

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ “仏陀の教え”へ戻る

4.脚注

  • 薄伽梵[ばがぼん]…サンスクリットbhagavatの音写語。「世に最も尊い人」の意。漢訳語は世尊。釈尊のこと。→本文に戻る
  • 室羅伐城[しらばつじょう]…室羅伐はサンスクリットŚrāvastī、またはパーリ語Sāvatthīの音写語。古代北インドにおける大国の一つKosala国の首都。漢訳語では舎衛城の名が比較的よく知られている。→本文に戻る
  • 逝多林給孤獨園[ぜたりんきゅうこどくおん]…室羅伐城(舎衛城)にあった仏教の僧院の名。逝多林はサンスクリットjetavanaの音写と漢訳の複合語。 給孤獨園とはサンスクリットanāthapiṇḍada-ārāmaの漢訳語で、その意は「孤独な者に施す者の園」。
     孤独な者すなわち孤児に施しをする者とは、その名をSudatta(須達)と言った。マガダ国にて偶然仏陀に出遇ってその教導に浴してその場で帰依。故国コーサラに還ってから、修行者たちのための僧園とするべく、コーサラ国王の王子の一人Jetaが所有していた林を譲り受け、仏教教団に寄進したためにこの名がある。日本人であるならばほとんどの者が耳にしたことのあるであろう『平家物語』冒頭の「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」の祇園精舎の「祇園」は、この語頭と語尾の文字をとってつけた略称。精舎は僧院・僧園の意。
     ジェータ王子は最初、スダッタから林の買取の申し出に難色を示して無理難題を言ったが、結局スダッタの仏陀への信仰と熱意に負け、その林を譲った。その後のジェータ王子について、伝承では、腹違いの王子ヴィドゥーダバが王位を継承したとき、釈迦族を屠ることへの協力を拒んだために殺されてしまったという。
     仏教の僧院が建てられた最初期のもので、仏陀はここにしばしば留まって多くの説法をなされたことが諸経典から知られる。7世紀、唐代の支那より遙か求法留学の長旅の末にインドへ来ていた玄奘三蔵もここを訪れているが、その時にはもうすでに荒廃していたことが三蔵の記録より知られる。現インドのウッタルプラデーシュ州サヘートマヘートに遺跡があり、今も仏教徒らの巡礼地となって昼間は香煙の断つことがない。→本文に戻る
  • 勝光王[しょうこうおう]…サンスクリットPrasenajit、あるいはパーリ語Pasenadiの漢訳名。コーサラ(Kosala)の国王。日本では音写名である波斯匿王との名が一般的か。→本文に戻る
  • 譬喩[ひゆ]…サンスクリットavadānaあるいはupamāの漢訳語。仏陀は教えを説かれる際、その内容を伝えやすくするために例え話を多用されたが、今に至る間そのインドの伝統は引き継がれており、仏教僧が説法の際に譬喩を用いることに巧みであることは徳の一つである。→本文に戻る
  • 異生[いしょう]…凡夫。サンスクリットpṛthagjana-bhūtaの漢訳語。悟りに至っていない生きとし生けるもの、特には人のこと。愚か者、無知者の意があるが、これは真理について無知、悟りに至っていない愚かな人、という意味で、いわば一般的な人すべてのこと。→本文に戻る
  • 四大[しだい]…地大・水大・火大・風大。物質を構成する四種の構成要素。構成要素と言っても、それぞれ地大とは硬軟、水大とは乾湿、火大とは冷熱、風大とは動不動の性質を司ったもの。→本文に戻る
  • 五欲[ごよく]…五根によって感受した感覚、すなわち見聞覚知した対象への好悪の欲望。眼は視覚的欲望を、耳は聴覚的欲望、鼻は嗅覚的欲望、舌は味覚的欲望、身は触覚的欲望に対応する。→本文に戻る
  • 未曾有[みぞう]…未だかつて経験したことのない、はじめての事柄。いわゆる鳥肌が立つ、身の毛がよだつほどの経験をすること。→本文に戻る
  • 善哉善哉[ぜんざい ぜんざい]…サンスクリットおよびパーリ語のsādhu sādhuの漢訳語。訓読は「善いかな、善いかな」、現代語で言えば「すばらしい!」あるいは「よろしい!」。
     インドの仏在世以来の習慣であったろうこの賛嘆の言葉は、現在にいたるまで南方のパーリ語仏教圏に引き継がれており、何事か喜ばしいことがあったならば「sādhu sādhu sādhu」と三度言うのが定着している。
     なお、このように誰かの善行・善事を随喜して「sādhu sādhu」、あるいは漢語で「善哉 善哉」というべきことは、大乗においては「戒」として規定されている。その戒とは大乗の徒として必読書の一つ、『瑜伽師事論』所説の瑜伽戒である。が、それを知る者など日本ではもはやほとんど絶無である。例えば「sādhu sādhu」などと南方の仏教徒が言っているのを聞くと、日本の僧徒らは「あぁ、それは南方の習慣であって、我々のダイジョー(日本)には関係が無い」などといった感想を持つ者が多いが、そのような無知がもはや当然となっているのであろう。
     ちなみに、真言宗では『理趣経』を読誦した後、これは慣習として「善哉」を漢音にて節付きで繰り返し繰り返し唱えるが、それはインド以来仏教徒が通じて為してきた習慣、あるいは瑜伽戒の名残でもある。→本文に戻る
  • 放逸[ほういつ]…自己の欲のままに耽ること、時間を浪費すること。サンスクリットasaṃvṛtaあるいはpramāditāの漢訳語。→本文に戻る

脚注:非人沙門覺應
(horakuji@gmail.com)

このページのTOPへ / 原文へ / 訓読文へ / 現代語訳へ / 語注へ

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ “仏陀の教え”へ戻る

1ページ中1ページ目を表示
解題凡例 |  1 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。