真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 『法句譬喩経』塵垢品第二十六

訓読文を表示
解題凡例 |  1 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.訓読文

法句譬喩経 塵垢品第二十六

晋世沙門法炬 共法立譯

昔、一人有り。兄弟有ること無し。小兒たりし時、父母憐愛し、赤心㥪㥪として成就せしむと欲す。將いて師友に詣り、之に書學を勸む。其の兒、憍蹇し永く心を用ひず。朝に受け暮に棄て初より誦習せず、是の如く年を積むも知識する所無し。

父母呼び歸へし家業を治めしむ。其の兒、憍誕し勤力を念はず。家道遂に窮り衆事妨廢す。其の兒放縱し録を顧る所無し。家物を糶賣し快心意を恣にす。頭を亂し徒跣し衣服不淨なり。慳貪唐突し恥辱を避けず。

愚癡自ら用ひ、人に惡み賤しめらるる。國人咸憎み、之を凶惡と謂ふ。出入行歩、與に語る者無し。自ら惡なるを知らず、反て衆人を咎む。上は父母を怨み、次で師友を責む。先祖の神靈肯て祐助せず。我をして頼帶轗軻、此の如くならしむ。佛に事へ其の福を得るに如かずと。

即ち佛の所に到り佛の爲に禮を作す。前みて佛に白して言く。佛道、寛弘にして容れざる所無し。願くは弟子と爲らん。乞ふ聽許を蒙むと。

佛、此の人に告げ給ふ。夫れ道を求めんと欲せば當に清淨行を行ずべし。汝、俗垢を齎らし我が道中に入る。唐に自ら去就するも何ぞ益を長ずる所あらん。

家に歸り父母に孝事するに如かず。師教を誦習し命沒まで忘れざれ。居業を勤修し富樂にして憂ひ無く、禮を以て自ら將ひ非宜を犯さざれ。沐浴し衣服し言行を愼み、執心して一を守り所作の事を辦ぜよ。行を敏め精修して人に歎慕せられよ。此の如きの行ひ、乃ち道と爲るべき耳と。

是に於て世尊、即ち偈を説ひて言く、

誦せざるを言の垢と爲し、勤めざるを家の垢と爲し、
嚴かならざると色の垢と爲し、放逸を事の垢と爲す。
慳を惠施の垢と爲し、不善を行の垢と爲し、
今世にも亦た後世にも、惡法を常の垢と爲す。
垢中の垢は、癡より甚しきは莫し。
學ぶものは當に此を捨つべし。比丘よ、無垢なれ。

其の人、偈を聞き自ら憍癡を知る。

即ち佛の教を承け歡喜して還歸し、偈義を思惟して改悔自ら新たなり。父母に孝事し師長を尊敬して、經道を誦習し居業を勤修す。戒を奉じ自ら攝して非道を行ぜず。宗族孝と稱し、郷黨悌と稱す。善名遐かに布き國内賢と稱す。

三年の後、還び佛所に至て、五體をもって禮を作し懇惻に自ら陳ぶ。至眞に尊敬し全き形骸を得たり。惡を棄て善を爲して上下慶びを蒙る。願くは大慈を垂れて度を接し道を爲したまへと。

佛言く、善哉と。

鬚髮、尋いで落ち即ち沙門と成り、内に止觀と四諦正道を思ひ精進して日に登り、羅漢道を得たり。

訓読:非人沙門覺應
(horakuji@gmail.com)

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ “仏陀の教え”へ戻る

訓読文を表示
解題凡例 |  1 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。