真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 『法句譬喩経』塵垢品第二十六

現代語訳を表示
解題凡例 |  1 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・最初の項へ戻る →

・ トップページに戻る

1.現代語訳

法句譬喩経 塵垢品第二十六

晋世沙門法炬 共法立譯

その昔、兄弟の無いある一人の者があった。その幼少時代、その父母は彼を大変に愛し、大切に育てて成功させようと心から願っていた。そこで彼を連れて尊敬する友人のところに行き、彼に学問を修めさせようとした。しかし、その子は驕り怠けて、全く勉学を熱心にすることがなかった。朝に学んだことを夕暮には忘れてしまい、そもそも初めから誦習しなかった。そのようにして年月を重ねてみても、知識が増すことなどあるわけは無かった。

そこで父母は彼を家に呼び戻し、家業に就かせてみた。けれども彼は、驕り勝手気ままで努力することなどなかった。ついに家計は逼迫し、何事にも差し障りが生じるようになった。しかし、それでもその子は放縦な生活を続けて家計を省みなかった。金に困れば家の物を競売にかけるなど放縦を続けたのである。ついには髪を振り乱して裸足で歩き回るようになり、衣服は汚れて不潔であった。慳貪で突拍子もなく、人から恥辱を受けることも意に介さなかった。

その自らの愚さによって、人々から憎まれ賤しめられた。国の人々は皆彼を憎み、これを凶惡人とすら呼んだ。彼がどこに往くにせよ何をするにせよ、彼と共に語らう者など無かった。しかし、彼は自らが悪いことなどわからず、逆に人々を咎めた。上は父母を怨み、次いで先生を責めたのである。そこで彼は考えた。

「先祖の神霊など私を助けてくれなどせず、むしろ私をこの様なならず者で、世間に認められない者にすらさせたのだ。(父母や先生や先祖に仕えるなどするより)佛陀に仕えてその功徳を得たほうがましであろう」

そして、仏陀の所を訪れて仏陀を礼拝し、前に進み出てこう申し上げた。

「仏道とは、寛大なものであって来た者を拒まないものと聞いております。ついては私も仏弟子となって出家したいと思います。どうかお許しいただけるでしょうか?」

仏陀は彼に告げられた。

「そもそも道を求めようと思うならば、まさに清淨行を行わなければならない。しかし、汝は世俗の垢にまみれたままに我が道の中に入ろうと言う。そのようにいたずらに自らの態度を貫こうとして我が元で出家したとしても、何一つ自らを益することはないであろう」

「であれば、家に帰って父母に孝行するのが最善である。また、師の教えを誦習し、死ぬまで忘れることなかれ。家業に勤め富を蓄えて憂い無く、礼を正して自らを直し、不適切な振る舞いをせぬように。沐浴して身なりを清潔にし、言動を慎み、心を修め落ち着いて為すべきことを為せ。行いを正し努力して、人から尊敬されるようにせよ。そのように行えば、それがすなわち道となるであろう」

そこでまた世尊は偈頌を説かれた。

誦さぬことは言葉の垢、勤めぬことは家の垢であり、
厳粛でないことは見た目の垢、放逸は修道の垢である。
物惜しみは恵施の垢であり、不善は行の垢であって、
現世にもまた後世にも、悪法は常の垢である。
垢の中の垢には、無明より甚しきものは無い。
道を学ぶ者はまさに垢を捨てよ。比丘達よ、無垢たれ。

彼はこの偈頌を聞いて、自らの驕りと愚かさとを知った。

そして、仏陀の教えを信受し歓喜して、家に帰り、偈文の意味をよく考えて、(それまでの自身の奔放怠惰な行いへの)悔悟の思いが自ずから次々起こった。そこで父母に孝行し、先生と年長者とを尊敬して、経典を誦習し、家業に励み勤めた。また戒を受持し自らを修めて非道を行うことが無くなった。

やがて彼の一族郎党は彼を孝行であると称え、地元の人々は悌順であると讃えた。彼の善名は遠くまで聞こえるようになり、国内で賢者であるとすら称賛されるまでとなった。

三年後、彼はふたたび仏陀の御下を訪れ、五体投地の礼をなして、丁重に申し上げた。

「至真に(仏陀の教えを)尊敬し、ついに全くその通りに実行することが出来ました。悪行を捨てて善行を為し、上の者も下の者もその慶びを蒙ることが出来ました。どうか大慈をもって私の出家をお許しくださり、悟りにお導き下さい」

仏陀は言われた。

「よろしい!」

彼の鬚髮は間もなく落ちてついに沙門となり、止観を修めて四諦・八正道を思惟し、勤め励んで日々を重ねて、ついには阿羅漢となった。

現代語訳:非人沙門覺應
(horakuji@gmail.com)

← 前の項を見る・最初の項へ戻る →

・  目次へ戻る

・ “仏陀の教え”へ戻る

現代語訳を表示
解題凡例 |  1 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。