真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 懺悔文

開経偈 |  懺悔文 |  三帰・三竟 |  十善戒 |  発菩提心・三昧耶戒真言
『般若心経』 |  『観音経』 |  『舎利礼文』 |  『延命十句観音経』 |  光明真言 |  回向文

← 前の項を見る・次の項を見る →

関連コンテンツ
はじめに |  仏教の世界観 |  仏教の目標 |  経典とは何か |  小乗と大乗

・ トップページに戻る

1.懺悔文

原文
我昔所造諸悪業 [がしゃくしょぞう しょあくごう]
皆由無始貪瞋痴 [かいゆむし とんじんち]
従身語意之所生 [じゅうしんごい ししょしょう]
一切我今皆懺悔 [いっさいがこん かいさんげ]

読み下し文
我れ昔より造る所の諸[もろもろ]の悪業[あくごう]は、
皆な無始[むし]の貪[とん]瞋[じん]痴[ち]に由り、
身[しん]語[ご]意[い]従[よ]り生[しょう]ずる所なり。
一切を我れ今[いま]皆な懺悔[さんげ]す。

現代語訳
私が昔からなしてきた様々な悪しき行いは、
すべて始まりもない太古からの貪りと怒りと愚かさを原因として、
身体と言葉と心によってなされたものである。
それら全てを私は今みな懺悔する。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ ”仏陀の教え -経典解説-”へ戻る

2.解説

懺悔文とは

懺悔文[さんげもん]は、その「懺悔[ざんげ]」の文字が示すとおり、自分の今まで犯してきた悪い行いやあやまちを告白し、改めることを述べた文言です。これは『華厳経[けごんきょう]』の一説を抜き出したものです。

はるか昔からの

我昔所造諸悪業の、「我」は言うまでもなく、自分自身のことです。「昔所造」は、「昔から造ってきた」ということです。昔から、といっても、今の自分が生まれてから今まで、というだけではありません。仏教には、輪廻転生[りんねてんしょう]という世界観があります。ですから、生まれ変わり死に変わり、色々な生を受けてきた、ずっとずっと昔から、という意味です。いわゆる「前世から」を意味します。

しかしながら、現代では「輪廻転生・前世など非科学的でナンセンス」だ、と考える方が大半のようです。ですから、そのような方はとりあえず、今の自分が生まれてから今まで、と考えてもいいでしょう。

「諸悪業」とは、「多くの悪い行い」を意味しています。悪業[あくごう]とありますが、これは「結果として自分、または他者に、苦しみをもたらす行い」を意味します。まとめますと、「自分が、ずっと昔から行ってきた、多くの悪い行いは、」ということになります。

皆由無始貪瞋痴の、「皆」は先ほどの「多くの悪い行い全て」を指します。「無始」とは、「始まりが無い」ですが、これは仏教の世界観、輪廻転生を表した言葉です。「この世界は、神などの何者かが造ったものではなく、いくら過去にさかのぼってみても、始まりなどけっして知り得無いものである。世界は誕生と滅亡とを、愚かさによって、いたずらに無限に繰り返している」と、仏教では考えるのです。

三毒

貪[とん]・瞋[じん]・痴[ち]は、それぞれ貪り・怒り・愚かさという、生命の三つの根本的煩悩であり、仏教ではこれを三毒[さんどく]と呼んでいます。よって、この一文は「すべて、始まりもない過去からの、自分の貪りと怒りと愚かさの、三つの毒のような煩悩から起こったものであり」という意味になります。

従身語意之所生は、さきほどの二つの文章を受け、「身体と言葉と心によって行われてきた」という一文になります。仏教では、人間の行為を、身体と言葉と心の三つに分類し、これら三種類の行いを三業[さんごう]と呼びます。

業[ごう]と聞くと、なにやら悪い言葉のように、思われる方がいるかもしれません。それは、日本語の中に「業が深い」、「業を煮やす」、「業腹[ごうばら]だ」などといった、主として悪い意味で用いられている言葉が、多数あるためのようです。

しかし、業という言葉自体は、Karma[カルマ]というサンスクリット、あるいはKamma[カンマ]というパーリ語から漢語に翻訳された言葉で、「行為」といった意味しかなく、良い悪いといった意味はありません。

ジッとすることのない心

さて、我々は時として、「今日は暇で何もしないで、ただボーッとしていた」等と言ってみたりするものですが、「何もしない」と言うことは基本的に考えられない事だと、仏教では考えます。

私たちは、身体は何もしないでジッとしていても、口では色々と言ったりします。また、身体もまったく動かさず、言葉も全く発しないときでも、心は色々思ったり考えたりして、せわしなく活動しています。そしてまた、例えば惚[ほう]けていたり気絶したり寝ていたりしているときにすら、実は心だけは決して休まずに、無意識に活動している、と考えるのです。

さらに、それら私たちの身体と言葉と心は、意識的にせよ無意識的にせよ、みずからの根源的愚かさに基づいて、さまざまな悪い行いと(多少は善い行い)を積み重ねてきたと考えるのです。そのようなことを、この一文は示しています。

一切我今皆懺悔の、「一切」は「今までのこと全て」、「我」は、言うまでもなく、まさにこの「自分自身」の意です。それが、「今」ここで、「皆」すべてを、「懺悔」する、というのです。もう説明するまでもないかもしれませんが、この一文の意味は、「自分の行ってきた、あらゆる悪い行い全を、私自身が、今ここに、全て反省して改める」となります。

自分は悪くない?

人は、自分自身の行いを振り返り、それが過[あやま]ちであったことを知るのは、何か悪い結果がもたらされてからの場合が多く、何も起こらなければ振り返りもせず、当然その過ちにすら気づかないことが多いものです。

気づいたとしても「喉元過ぎて熱さ忘れ」てしまいます。

誰しも、他人は悪くとも自分は悪くないと思い、悪いと思いたくもないものです。もし自分が悪いと知っていても、それを人に指摘されたら何とも不愉快になり、意固地になることも多々あります。この一文は、自らが積極的にその行いを振り返って見つめ、悔いるのではなく反省し、二度と繰り返さないと決意するものです。

貧道覺應 拝識
(horakuji@gmail.com)

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ ”仏陀の教え -経典解説-”へ戻る

開経偈 |  懺悔文 |  三帰・三竟 |  十善戒 |  発菩提心・三昧耶戒真言
『般若心経』 |  『観音経』 |  『舎利礼文』 |  『延命十句観音経』 |  光明真言 |  回向文

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。