真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 実恵 『阿字観用心口決』

解題凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

實惠大德記

先欲觀此字。天井四方強不迫處。不暗不明坐。暗妄念起明心散亂。夜燈風挑火向後。座蒲團敷結跏趺坐或半跏坐。法界定印結。眼不開不閉。開散動閉眠沈。唯細見不瞬而兩方瞳可守鼻柱。舌付腭息心自靜也。腰不反不伏唯直坐助脉道。脉脈道差病起又心狂亂。如此用意。而先金剛合掌。五大願唱。後胎五字明百遍誦。其後觀。先能詮字觀。次所詮理思。能詮字者。自身胸中有月輪。如秋夜月晴。其中有阿字。阿字月輪種子。月輪अ字光。月輪與अ字全一也。胸中觀之自身即成अ字。अ字即自心也。如是心境不二而縁慮亡絶。月輪自性清淨故。能離貪欲苦。月輪清涼故去瞋恚熱。月輪光明故照愚痴闇。如此三毒自然清淨離散心源湛然自苦事無之。入此觀者得安樂離世間苦惱是名解脱。何況觀達於生死可自在是爲即身成佛。始一肘量月輪分齊觀。後漸漸舒遍三千世界乃至法界宮。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ 仏教の瞑想へ戻る

2.訓読文

実恵大徳記

先づ此の字を観せんと欲せば、天井も四方も強ちに迫らずる処にして、暗からず明ならずして坐すべし。暗ければ妄念起り、明かなれば心散乱す。夜は燈を風かに挑けて火を後に向け1、座に蒲団を敷き、結跏趺坐或は半跏坐すべし2

法界定印3を結び、眼は開ず閉ぢず。開かば散動し閉れば眠り沈む4。唯細く見て瞬かずして両方の瞳にて鼻柱を守るべし。舌を腭に付れば心自ら静か也。腰は反らず伏せず唯直く坐して脈道5を助くべし。脈道差へば病起り又心狂乱す。

此の如く用意して、先づ金剛合掌6五大願7を唱へ、後に胎の五字の明8を百遍誦し、其の後に観ずべし。

先づ能詮の字9を観じ、次に所詮の理10を思ふべし。

能詮の字とは、自身の胸中に月輪有り。秋夜の月の晴せんが如し。其の中に阿字11有り。阿字は月輪の種子12。月輪はअ字の光なり。月輪と阿字と全く一なり。胸中に之を観ずれば、自身即ちअ字と成る。

अ字は即ち自心13なり。是の如く心境不二にして縁慮亡絶すれば、月輪の自性清浄14なるが故に能く貪欲の苦を離る。月輪清涼故に瞋恚の熱を去る。月輪の光明の故に愚癡の闇を照す。

是の如く三毒13自然に清浄にして離散すれば心源湛然として自ら苦き事之無し。此の観に入る者は安楽を得て世間の苦悩を離る。是を解脱と名く。何かに況や観達するときは生死に於て自在なるべし。是を即身成仏14と名く。

始は一肘15に月輪の分齊を量て観じ、後には漸漸に舒て三千世界16乃至法界宮17に遍ずべし。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ 仏教の瞑想へ戻る

3.現代語訳

実恵大徳記

まず、この字を観じようとするならば、天井も四方も迫り来るほどに狭くはない屋内において、暗すぎず明るすぎないようにして坐らなければならない。暗ければ妄念が起こり、明るすぎれば心は散乱する。夜であれば、灯明をほのかに灯して、灯を(自分の)後ろに置き、座蒲団を敷いて結跏趺坐あるいは半跏坐しなければならない。

(手には)法界定印を結び、眼は開かず閉じず(半眼に)する。(眼を)開いたままならば散動し、閉じれば眠り落ちる。ただ(眼を)細くし瞬かぬようにして、両方の瞳で鼻柱を見るようにしなければならない。舌を上顎の歯の付け根に付ければ、心は自ずから静まっていくであろう。腰は反り返らさぬよう、曲げぬよう、ただ(姿勢を)直ぐ(保ち)坐って血流・呼吸を助けなければならない。血流・呼吸が差し支えれば病が起こり、あるいは心が狂乱するであろう。

このように用意して、まず金剛合掌して五大願を唱え、のちに胎蔵の五字呪を百遍唱え、そうして後に瞑想に入れ。

まず能詮の字を観じ、次に所詮の理を思う。

「能詮の字」とは、自身の胸中に月輪あって、それは秋夜の満月が清清としているようなものである。その中には阿字がある。阿字は月輪の趣旨であり、月輪はअ字の光である。月輪と阿字とは全く同一のものである。胸の中にこれを観じれば、自身がすなわちअ字となる。

अ字はすなわち自心である。このように心境不二にして縁慮亡絶すれば、月輪とは自性清浄であるが故に、よく貪欲の苦しみを離れるであろう。月輪は清涼であるが故に、瞋恚の熱を去るであろう。月輪の光明によって愚痴の闇を照らす。

このように三毒は自然に清浄となって離散したならば、心源湛然となって自ずから苦しきことは無くなる。この観に入る者は、安楽を得て世間の苦悩を離れるであろう。これを解脱と名づける。言うまでもなく、(阿字)観に達するようになれば、生死輪廻において自在となるであろう。これを即身成仏という。

初めは(その直径)一肘の月輪の大きさでもって観想し、後には漸漸とこれを大きくしていき、三千世界乃び法界宮にまで広げよ。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ 仏教の瞑想へ戻る

4.語注

  • 火を後に向け…もし阿字観を修するに際して阿字など描かれた図画を用いるならば、灯明が行者の視界に直接入らぬよう、また火のゆらぎにともなう自身の影に気を取られないよう、左右いずれか後方に置くのが良い。→本文に戻る
  • 結跏趺坐[けっかふざ]或は半跏坐[はんかざ]すべし…『無畏三蔵禅要』では、「然端身正住如前半跏坐以右押左不須結全跏。全跏則多痛。若心縁痛境即難得定。若先來全跏坐得者最爲妙也(姿勢を正しく保ち、前と同様に半跏坐せよ。右足を以て左足を押し、結跏趺坐をしてはならない。結跏趺坐したならば痛み多くなるであろう。もし心に痛みを覚えたならば定が得難くなる。もっとも、以前より結跏趺坐に慣れている者であれば、最妙の座法である)」とあり、修禅の初心の者や結跏趺坐が不得手の者に対して半跏坐を推奨している。
     要は、長く坐しても痛み少なく、また姿勢を正しく保ち得る坐法であるべきことで、それには一般に半跏坐が最も良い。→本文に戻る
  • 法界定印[ほうかいじょういん]…密印の一つ。掌を上に向け、左掌の上に右掌を載せ、左右の親指の先をわずかに合わせる。ただし、禅宗では右手を上にするこの逆が用いられる。→本文に戻る
  • 眼は開ず閉ぢず云々…『無畏三蔵禅要』に「眼不用過開。又不用全合。大開則心散。合即惛沈。莫縁外境(眼は全開にしてはならず、また完全に閉じてはならない。眼を大きく開いていれば意識が散乱してしまい、完全に閉じたならば沈み込んでしまう。外境の感覚に惑ってはならない)」とあるように、眼はいわゆる半眼とするのが最も良い。→本文に戻る
  • 脈道[みゃくどう]…呼吸や血流などを司る器官・組織。気管や血管、リンパ管など。もっとも、印度の瑜伽行者の文脈ではこの語はprāṇāyāma[プラーナーヤーマ]、支那では気脈をも意味される。→本文に戻る
  • 金剛合掌[こんごうがっしょう]…密教において基本的な合掌印には十二種あって十二合掌といわれるが、そのうちの一つ。左右の指を右が手前になるよう交差させる合掌。→本文に戻る
  • 五大願[ごだいがん]…『無畏三蔵禅要』の発菩提心門に説かれる、菩薩として自ら立てるべき五つの誓願。
     衆生無辺誓願度(生ける物の数には限りないが誓って引導する)
     福智無辺誓願集(福徳・智慧には限りがないが誓って積集する)
     法門無辺誓願学(仏陀の法門には限りがないが誓って修学する)
     如来無辺誓願事(如来は数多あって限りがないが誓って奉仕する)
     菩提無上誓願証(菩提は無上であるが誓って証悟する)
    この『阿字観用心口決』は明らかに、そして多くの部分で『無畏三蔵禅要』の所説を受けて構成されているが、ここでは阿字観という瑜伽を修めようとする者に、まず菩薩としての自覚・誓願を起こさせて、「何故、阿字観を修するのか」というその目的を明確にさせようとしているのであろう。仏教における瑜伽、その目的は身体的に健康になることでも精神衛生を改善することでもなく、まず自らが、そしてひいては(先に自らが達してから他を引導することに依って)他者が解脱を得ることを目指したものである。→本文に戻る
  • 胎の五字の明[みょう]…『大日経』などに説かれる大日如来の真言の一つ。満足一切智智金剛字句〈『大毘盧遮那成仏神変加持経』巻三〉の「南麼三曼多勃馱喃 阿味囉䙖欠(Namaḥ samantabuddhānaṃ avira hūṃ khaṃ)」のうち最後の五字、すなわち梵語で「a vi ra hūṃ khaṃ[ア・ヴィ・ラ・フーム・カム]」との五字からなるため、胎の五字明と言われる。
     日本の真言宗ならびに天台宗では一般に、これを音写した「阿毘羅吽欠」と漢字でしばしば表記され、さらに本来の発音からすると甚だしく訛った「アビラウンケン」と唱えられる。しかし、真言とはその長短や音など正しく発音すべきものとされるため、「アビラウンケン」などとこれを唱えることは本来的に不適切で正しくない。
     なお、『大日経』に基づいた事項について「胎蔵界」などと称し、「胎蔵界と金剛界の両界」などと言うことは、たとえば中世の覚鑁など以来の僻事である。空海も胎蔵と金剛界の二つの異なる密教の系統について「両部」と表することはあっても「両界」と言うことなど無かった。実際、『大日経』の胎蔵garbha,〉と『金剛頂経』の界dātuとは原語に照らしても全く異なるもので、これらを両界などと称することは全くの誤りである。
     すでに世間でそのような誤称が定着していることを理由に、あるいは「日本独自のこと」であるなどとして、密教としては非常に重要なこの事について、その誤りを容認もしくは是認する態度は極めて不誠実である。 →本文に戻る
  • 能詮[のうせん]の字…字の形。ここでは字形ばかりでなく、月輪などを含めた観想をいかに修すべきかの具体のこと。→本文に戻る
  • 所詮[しょせん]の理…字の意味内容。→本文に戻る
  • 阿字[あじ]…悉曇におけるअの音写。梵語anutpāda[アヌトパーダ]の頭文字であって「不生」を意味する。詳しくは本稿の解題を見よ。→本文に戻る
  • 種子[しゅじ]…真理あるいは仏菩薩など何事かを象徴する梵字の一字。例えば梵字の阿字は、それただ一字によって本不生や月輪、大日如来等々の象徴とされる。→本文に戻る
  • अ字は即ち自心…『大日経疏』巻七の一節「誰爲其本。如是觀察時則知本不生際。是萬法之本。猶如聞一切語言時即是聞阿聲。如是見一切法生時。即是見本不生際。若見本不生際者。即是如實知自心(一体、何者がその根本であろうか。そのように観察していった時、則ち「本不生際」とは万法の本であることを知る。それはあたかも、あらゆる言語を聞いた時には必ず阿の声を聞くようなものである。そのように一切法の生を見た時、すなわち本不生際を見るのである。もし本不生際を見る者は、実の如く自心を知る。)」を受けての言。
     阿字は本不生の象徴であるが、本不生とは一切法に普遍的に通じる根本的な真理であり、自心もまた本不生なるものであるから「अ字は即ち自心」と言う。→本文に戻る
  • 自性清浄[じしょうしょうじょう]prakṛti-pariśudda. その本性〈自性〉が固定的・恒常的実体など持たない、有無を離れた清浄なものであること。この場合の清淨とは、世間で言わる綺麗・汚いという意味で「清らか」というのではなく、それが無自生空・縁起生であることの比喩的表現。
     特に、この「月輪の自性清浄なるが故に」以下の一節は、『無畏三蔵禅要』の所説「即此自性清淨心。以三義故。猶如於月。一者自性清淨義。離貪欲垢故。二者清涼義。離瞋熱惱故。三者光明義。離愚癡闇故。又月是四大所成究竟壞去。是以月世人共見。取以爲喩令其悟入(この自性清浄心とは、三義がある点から、月のようなものである。一つは自性清浄の義である、貪欲という垢から離れているから。二つには清涼の義である、瞋恚という熱悩から離れているから。三つには光明の義、愚痴という闇から離れているから。月は四大〈地・水・火・風〉からなっているもので、最終的には壊れゆくものであるけれども、月は世の人々皆が見るものであるから、これを引き合いに出して喩えとし、自性清浄なることに悟入させようという意図である)」を受けた言。→本文に戻る
  • 三毒[さんどく]…三つの根本煩悩。貪欲・瞋恚・無痴。→本文に戻る
  • 即身成仏[そくしんじょうぶつ]…この身このままで仏陀と成ること。
     小乗(声聞乗)および大乗(顕教)においては一般に、仏陀となるためには、三大阿僧祇劫という宇宙的長大な時間をかけてその資糧となる福徳・智慧など諸々の波羅蜜を修して積集しなければならない、とされる。中でも声聞乗においては、やはり仏陀は三大阿僧祇劫において波羅蜜を満足したが故になり得るものとするものの、しかし普通の者は決して仏陀になることは出来ない、とされる。故に声聞乗において到達し得る最高の境地は阿羅漢に限られる、とされる。ただし、阿羅漢とは「供養を受けるに相応しい者」の意であって仏陀の異称の一つでもあり、故に仏陀もまた阿羅漢であった。
     それに対し、金剛乗(密教)においては、三密瑜伽を修めることによってその長大な時間を超過し、このみこのままで仏陀となることが出来る、と説かれる。ただし、密教が言うところの「即身成仏」における仏陀とは、顕教以来説かれてきた仏陀とは異なる。
     なんとなればまず、仏陀とは伝統的に、三十二相八十種好という身体的特徴を備えたものであるとされるのであり、それらは身体的特徴であるが故に生来のものである。よって凡庸なる姿形で生まれた者が、仮に三密瑜伽によって「即身成仏した」などと主張しても、その者は伝統的な仏陀などでは決して無い。つまり、即身成仏などといっても、それは従来の意味での成仏などでは無いことに注意すべきである。この点は極めて重大な、本覚思想が云々などという以前の問題である。ただし、この点について日本密教はほとんど関心を払わず無視してきており、故に伝統的にもこれをいかに理解すべきかの議論や主張は管見では全く無い。
     余談ながら、チベット密教においては、即身成仏を成就した者は、三十二相などの仏陀としての相を身体的に備えることは(そもそも不可能であるため)無いが、その者の法身において三十二相を備えるのであるから、それを「成仏」といっても矛盾は生じない、などといった答えに至っている。→本文に戻る
  • 一肘[いっちゅう]…肘の先から中指の先までの長さ。古代印度以来、日本仏教でもしばしば使用された度量の一つ。一般に一尺五寸から一尺八寸とされ、おおよそ45-54cm
     なお一肘は二搩手[ちゃくしゅ]、すなわち手のひらを最大まで開いた際の親指から中指までの長さの二倍とされる。また一搩手は十二指とされるが、一指とは指先の幅である。仏教において用いられる度量、とくに長さについては現在一般に通用している単位と全くことなるため、これらについてはある程度知っておく必要がある。→本文に戻る
  • 三千世界[さんぜんせかい]…三千大千世界の略。すべての世界、すべての宇宙を言い表す言葉、 仏教における広大なる世界観を表した言葉。須弥山を中心とする世界、欲界・色界・無色界(いわば「一つの宇宙」)を一世界とし、この世界が千集まったものを小千世界、小千世界が千集めたものを中千世界、中千世界をさらに千合わせたものを大千世界と言い、これを三千大千世界という。→本文に戻る
  • 法界宮[ほうかいぐう]…法界とはようするに全宇宙。法は梵語dharmaの訳で「事物」あるいは「真理」を、界はdhātuの訳で「要素」あるいは「基体」を意味する。どこかにある「仏陀が住んでいる宮殿」などといった意味ではない。→本文に戻る

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ 仏教の瞑想へ戻る

解題凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。