真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 慧警 『無畏三蔵禅要』

解題凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

輸波迦羅三藏曰。既能修習。觀一成就已。汝等今於此心中。復有五種心義。行者當知。一者刹那心。謂初心見道一念相應。速還忘失。如夜電光。暫現即滅。故云刹那。二者流注心。既見道已念念加功相續不絶。如流奔注。故云流注。三者甜美心。謂積功不已乃得虚然朗徹身心輕泰翫味於道。故云甜美。四者摧散心。爲卒起精懃。或復休廢。二倶違道故云摧散。五者明鏡心。既離散亂之心。鑒達圓明一切無著。故云明鏡。若了達五心。於此自驗。三乘凡夫聖位可自分別矣。汝等行人初學修定。應行過去諸佛祕密方便加持修定法。一體與一切總持門相應。是故。應須受此四陀羅尼。陀羅尼曰

唵 速乞叉摩二合嚩日囉二合
別本漢注唵蘇乞叉嚩日囉

此陀羅尼。能令所觀成就

唵 底瑟吒二合嚩日羅二合

此陀羅尼。能令所觀無失

唵 娑頗囉二合嚩日囉二合

此陀羅尼。能令所觀漸廣

唵 僧賀囉嚩日囉二合

此陀羅尼。能令所觀廣。復令漸略如故

如是四陀羅尼者。是婆誐梵。自證法中甚深方便。開諸學人令速證入。若欲速求此三摩地者。於四威儀。常誦此陀羅尼。剋念用功勿暫虚廢。無不速驗。

このページのTOPへ / 原文へ / 訓読文へ / 現代語訳へ / 語注へ

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ 仏教の瞑想へ戻る

2.訓読文

輸波迦羅三蔵曰く、既に能く修習して、一を観じて成就せんのみ。汝等、今此の心中に於て、復た五種の心義有り1。行者は當に知るべし。一には剎那心、謂く初心に見道して一念相応するも、速かに還て忘失す。夜の電光の如く、暫く現じて即ち滅す。故に剎那と云ふ。二には流注心、既に見道し已て念念に功を加へ相続して絶えざること、流れの奔注するが如し。故に流注を云ふ。三には甜美心、謂く功を積んで已まざれば、乃ち虚然朗徹として、身心軽泰なることを得て、道を翫味す。故に甜美と云ふ。四には摧散心、卒に精懃を起し、或は復た休廢すれば、二つ俱に道に違す。故に摧散と云ふ。五には明鏡心、既に散乱の心を離れ、鑒達円明にして一切に無著なり。故に明鏡と云ふ。若し五心に了達せば、此に於て自ら験あり。三乗の凡夫と聖位と自ら分別さるべし。汝等行人、初て修定を学せば、応に過去諸佛の秘密方便加持修定の法を行ずべし。一切の総持門と一体にして相応す。

是の故に、応に須く此の四陀羅尼を受くべし。陀羅尼に曰く、

唵 速乞叉摩二合嚩日囉二合2

此の陀羅尼は。能く所観を成就せしむ。

唵 底瑟吒二合嚩日羅二合3

此の陀羅尼は、能く所観をして失無からしむ。

唵 娑頗囉二合嚩日囉二合4

此の陀羅尼は、能く所観をして漸く広からしむ。

唵 僧賀囉嚩日囉二合5

此の陀羅尼は、能く所観をして広からしめ、復た漸く略して故の如くならしむ。

是の如くの四陀羅尼は、是れ婆誐梵6自証法中の甚深の方便なり。諸の学人を開きて、速かに証入せしめん。若し速かに此の三摩地を求めんと欲する者は、四威儀に於て、常に此の陀羅尼を誦せ。念を剋し功を用いて暫くも虚廢すること勿れば、速かに験あらざること無し。

 

このページのTOPへ / 原文へ / 訓読文へ / 現代語訳へ / 語注へ

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ 仏教の瞑想へ戻る

3.現代語訳

そこで輸波迦羅三蔵はこう言われた。
「すでによく修習して、一つ(の対象)を観じて成就する。汝らよ、今この心というものには、五種の心義があることを、行者はまさに知らなければならない。一つには刹那心、すなわち初心ながらも見道し、一瞬(法に)相応したとしても、たちまち忘失してしまう。それは譬えば、夜の電光のようなもので、一時現れたかと思った途端に滅してしまうものであることから、刹那という。二つには流注心、すでに見道し終わって一瞬一瞬と功を加えて相続する。その絶え間ないことが、あたかも水が威勢よく流れ続けるようなものであることから、流注という。三つには甜美心、すなわち功を積むこと絶え間なければ、虚然朗徹として身と心とが軽く安泰となって道を翫味する。その故に甜美という。四つには摧散心、突如として精懃を起こし、あるいは休廃したならば、その二つともが道に違背する。その故に摧散という。五には明鏡心、既に散乱の心を離れ、鑑達円明にして全ての事柄・事象に頓着しない。その故に明鏡という。もしこれら五心に了達したならば、そこに自ずから効験がある。三乗の凡夫と聖位と自ら分別されるであろう。汝ら行人が初めて修定を学ぶならば、まさに過去における諸仏の秘密方便加持修定の法を行ぜよ。それは一切の総持門と一体であって、それに相応するものである」

この故に、まさにすべからくこの四陀羅尼を受けなければならない。その陀羅尼とは以下の通り。

唵 速乞叉摩二合嚩日囉二合
(oṃ sūkṣma vajra)

この陀羅尼は、よく観ずるところを成就させる。

唵 底瑟吒二合嚩日羅二合
(oṃ tiṣṭha vajra)

この陀羅尼は、よく観ずるところを失わせることが無い。

唵 娑頗囉二合嚩日囉二合
(oṃ sphara vajra)

この陀羅尼は、よく観ずるところを漸く拡張させていく。

唵 僧賀囉嚩日囉二合
(oṃ saṃhāra vajra)

この陀羅尼は、よく観ずるところを拡張させ、また漸く収縮させて元のようにさせる。

これらの四陀羅尼は、世尊の自内証法における甚深なる方便である。諸々の学人を啓発し、すみやかに証入させるであろう。もし、速やかにこの三摩地を得たいと欲する者は、(行住坐臥の)四威儀において、常にこの陀羅尼を誦せ。雑念を払い、努力してしばらくたりとも止めることがなければ、速やかに験が現れないということはない。

このページのTOPへ / 原文へ / 訓読文へ / 現代語訳へ / 語注へ

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ 仏教の瞑想へ戻る

4.脚註

脚註:沙門覺應

このページのTOPへ / 原文へ / 訓読文へ / 現代語訳へ / 語注へ

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ 仏教の瞑想へ戻る

解題凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。