真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 法楽寺便り

・  トップページに戻る

1.ご挨拶

平成31年己亥正月
法楽寺上院 小松庸祐

あけましておめでとうございます。御加護のもと息災にお過ごしいただきますように。

今、境内は赤い実の植物が目に付きます。千両、万両、南天、めでたい名前が連なります。赤色はひときわ目につきます。鳥も赤い実を食し、その種を遠くに運び、また新しい芽が出る。毎年繰り返される命の継承です。
ゆずり葉という木があります。葉が生い茂ると、その下から若い芽がどんどん成長していきます。若い葉が大きくなると古い葉は  落下します。継承していくめでたい木とされ、お正月飾りによく使われています。

    年ごとに ゆずりゆずりて譲り葉の
          ゆずりしあとに また新しく ―河井酔茗―

お寺も副住職・光昭師が新住職に就任、前住職の私は名誉住職となりました。呼び名は、それぞれ住職と上院です。三月のお彼岸にあわせ、退任・就任の法要をいたします。

さて、1月7日から14日まで京都・東寺の潅頂院において後七日御修法に出仕いたします。お大師様から始まった密教の法祈です。16名の定額僧によって21座の法要が務められます(陛下の長寿、国家の安泰、国民の幸せを祈る)。中日の11日は定額僧全員が揃われる法会に法樂寺から参列のバスを出します。早朝の寒い京都ですが、ご参加いただけたら有り難いです。

・ 目次へ戻る

2.お寺の行事案内

  • 【初不動〜年初めの不動尊】1月28日(月)
    午前10時:大般若転読祈祷(堂内)/午後一時:柴燈大護摩供(境内)

    当日は御幣の授与とご奉仕の方々による甘酒のお接待があります。お店も賑やかに出ます。
  • 【節分会】2月3日(日)午前10時、午後2時 護摩(堂内)
    星祭の申込用紙に、お名前と数え年をご記入の上、お申し込みください。お名前をお札に浄書し、節分会にお護摩を修し一週間祈念いたします。例年通り、2月8日より御札をお届けいたします。
  • 【四国八十八ヵ所お遍路・阿波一国参り】
    4月4日(木)〜6日(土)2泊3日
    四回に分けて八十八ヵ所をお参りします。今年はその第一回目。参加者を募集いたします。ゆっくり、ゆったり、丁寧に。宿泊は二人部屋を中心とします(3、4名のお部屋になることもあります)。お納経は納経係が担当いたします。阿波観光ホテル、かんぽの宿・徳島に宿泊。参加費は五万八千円。募集人員は二十五名(大型バス)。詳しいご案内は本堂受付にご用意しています。4年前はちょうど退院後で参加できませんでした。今年は皆さまをご案内します。

・ 目次へ戻る

3.リーヴスギャラリー小坂奇石記念館

  • 奉納絵馬展
    1月3日(木)〜14日(月)
    安田東鶴氏より奉納された絵馬12点がホールいっぱいに展示されています。お参りの際にぜひお立ち寄りください。

・ 目次へ戻る

4.雑記

  • 平成25年に「神と仏の物語」を出版。それを記念し、稲荷社の向かいに寒アヤメを一株 植えました。今年で6年。今では30株にまで増え、寒さの中に可憐な花を咲かせています。
  • 法樂寺お便り集は、10年、一区切りとして2冊目を3月に出版します。お便りも住職交代に より新しい形に変わります。
  • 慈雲尊者を身近に感じる紙芝居が出来ました。くすのき文庫の松村さんが優しく語りかける 紙芝居をDVDに編集しました。奉賛会の方々は実費でお求めいただけます(会員配布)。

・ 目次へ戻る

・ トップページに戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。