真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 慈雲『根本僧制』

5ページ中1を表示
解題凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

第一。一切事須依律而判。不得顧人情及任已臆

第一に、一切の事須く律に依て判ずべし。人情を顧みず及び已臆に任することを得ず。

此ノ正法律1ノ中は、内秘菩薩行 外現声聞儀2を規模とす。三世の諸佛、報土3の薬師弥陀等、みな出家形なり。

大論4に、文殊弥勒みな声聞衆中に入て位に随て坐すと云へり。

密教に、大日如来は首陀会成道5の相なれば、菩薩形宝冠天衣なり。此は別に伝あることなり。通途は声聞の式6を本とす。故に剃髪染衣の式7衣鉢護持の法8、みな律蔵に詳なり。

後人、大乗律の中に剃髪染衣、衣鉢等の式有べしと云フ。暗推の説なり。

故に此ノ根本制に律蔵に依ルを第一とす。

其ノ例を挙レば、梵網経9楞厳経10等に、身臂指を焼て佛に供養せずば、出家の菩薩にあらずと。この焼身の徳衆罪を滅すと説ケり。律文には此ノ事制なり。作サば吉羅11を犯ずる也。此ノ正法律ノ中は、焼身12みな他の見聞にわたらざるを本とす。外行は律を本とするなり。

請食13の中、梵網経等に、受他別請14軽垢罪15なり。他を請するも爾なり。律中は、世尊鹿野16に法輪を転じ、名称童子17を度して、初て受請あり。此ノ時別請を受ケ給ふなり。僧次18・別請みな開すべし。此ノ正法律は、心地19は平等を主とし、時に随ては別請をも受クるなり。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

2.現代語訳

第一に、全ての僧侶の行動・行事は、当然ながら律の規定に従ったものでなければならない。(その場その時でどうにでも変わりうる)人情など考慮せず、またうすぼんやりとしか覚えていなかったり、その根拠が曖昧なことをそのまま行ってはならない。

この正法律においては、(『法華経』に説かれる)「内心に大乗の菩薩としての誓願を秘めつつ、外見は(小乗の僧侶と同じく)声聞僧[しょうもんそう]の姿を示すこと」を模範とする。三世の諸仏や、報身仏としてそれぞれ仏国土を建立された薬師如来や阿弥陀如来なども、みな出家修行者と同様の外見をされているのである。

『大智度論』には「弥勒菩薩や文殊菩薩なども、釈尊は(大乗の)菩薩や(小乗の)僧侶などといった分け隔てをしていなかったため、小乗の僧侶達がその席次順に坐っている中において、その席次に従って座った」と説かれている。

ただし、密教の大日如来について言えば、首陀会にて成道されたからこそ(如来でありながら)菩薩の姿のように、宝冠や天衣(などの飾り)をつけているのである。これについては別に(密教における)伝承があることであって例外である。一般には声聞僧[しょうもんそう]の規定を基準とするの。であるからこそ、剃髪染衣の式や衣鉢護持の法など、全て律蔵に詳細に説かれているのである。

(佛滅後、久しい時間を経た)後代の人には、「大乗律の中に(大乗独自の)剃髪染衣、衣鉢などの規定が説かれている」などと主張する者がある。(このような主張は)根拠の無い、いい加減な法螺話に過ぎない。

そのようなことから、この『根本僧制』においては(その典拠・根拠を明確にして)律蔵に依ることを第一として示すのである。

(この『根本僧制』とはどの様なものか示すために)その例を挙げれば、『梵網経』や『首楞厳経』などには、「身体や腕・指を焼いて仏に供養しなければ出家の菩薩ではない。この焼身の功徳によれば、諸々の罪業を滅することが出来る」などと説かれている。(しかしながら、そのような行為は)律蔵の規定によれば、禁止されているのである。そのような行為は、(律蔵において規定される罪でなる)突吉羅[とっきら]を犯したことになる。

この正法律においては、焼身供養は、あらゆる他者から見聞きされないこと(つまりは行わないこと)を根本的態度とする。外に現れた姿、外面は律蔵の規定を根本とするのだ。

(在家信者からの食事の招待である)請食[しょうじき]に関しても、『梵網経』などでは、別請[べっしょう]を受けるのは軽垢罪として禁じられ、(在家信者が特定の)出家者を食事に招待するのもまた同じく軽垢罪としている。

(しかし)律蔵の中には、世尊が鹿野苑[ろくやおん]で説法され、名称童子を出家させた時に、初めて請食を受けられたことが説かれている。この時の請食は(特定の出家者を指名しての食事の招待である)別請であり、それを釈尊は受けられている。

(諸経典では仏陀が別請も僧次も受けられていた記録があり、また律蔵には別請も僧次も禁じる条項など無いのであるから)、僧次も別請も許されるのである。この正法律においては、心地は平等を旨として、機会があれば別請も受けるのである。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

3.脚注

  • 正法律[しょうぼうりつ]…釈迦牟尼の説かれ、伝えられてきた法(教え)と律(定め)すべてを指す言葉。後代の凡人らの見解や人情にもとづく理解・習慣などを雑えない、経律論に記し伝えられた仏陀の教えそのもの。
     また正法律とは、慈雲尊者による江戸期当時の仏教者らの思想および有り様に対する批判と、そのような頽廃した日本の仏教者らのあり方や思想に対し、その「正法律」を現実に示さんとする尊者の活動を象徴する言葉。
     そもそも尊者が唱えられた「正法律」という言葉自体とその意味とは、諸仏典に基づく。それは例えば『雑阿含経』であり『中阿含経』であり、大乗では『正法念処経』であり、また諸々の律蔵である。あるいは正法律の律(vinaya)を「毘奈耶」と音写し、正法毘奈耶として伝えている仏典で言えば『大般若経』であり、または『瑜伽師地論』である。
     これについては尊者自身が以下のように言及されている。「正法律と云フは世尊の宗名なり。外道の不正義邪説に対して、自ら我が正法律と称し玉ふなり。大般若経。処々正法毘奈耶と云ふ。有部初律に多く正法律と云ふ。其ノ中一例を挙レば、阿黎沙ノ偈に、此の正法律出家云云ト是也。相似ノ正法とは、末世の弊儀人師の所立なり。瑜伽論には像似の正法と云フ」(『枝末規縄』)
     正法律とは、いわゆる「如説修行」を志すものであったが、その如説修行を表する言葉もまた、仏典に基づかぬ私的に案出された言葉であってはならなかった。その故に「正法律」という言葉自体、仏典から尊者によって意識的に引かれたものであり、よってそれがそのまま慈雲尊者の成そうとした仏教中興、その手がかりとして戒律復興せんとする志を現したものとなっているのである。
     いや、尊者にすれば、仏陀の教えとは「いわゆる仏教」ではない。ここで尊者が「正法律と云フは世尊の宗名なり。外道の不正義邪説に対して、自ら我が正法律と称し玉ふなり」と述べられているように、釈尊は「外道の不正義邪説」に対して「正法律」を説いたのであって、釈尊は「いわゆる仏教」なるものを説かれたのではない、というのである。
     そのような尊者の理解がまずあることに留意。その上で尊者のいう「正法律」とは、決して根拠なき私見を用いず、また人情を考慮せず、あくまで仏典の裏付けをもって、しかも(日本における浄土教徒や法華信仰者らに見られるような)「一文を採って万経を棄てる」が如き態度を取らずして仏道を行わんとする、その大原則であった。 また、先にも述べ、尊者自身がそのように記されているように、それは裏を返せば、慈雲尊者による当時の仏教者らへの痛烈な批判、その思想やあり方の否定が込められている言葉でもあって、「相似の正法」という語を対義語としている。当時の仏教者らの思想および有り方に対し、破邪顕正せんとする姿勢を示すものでもあったろう。
     これはすでに解題で詳しく述べたことであるが、慈雲尊者が長野の禅堂から大阪に帰り、志も見解も共にし得る同法侶も無いことに失望して、独り静かにその生涯を山中に遁世して過ごそうとされていた際、それを「それは畢竟、菩提心が無いというものじゃ」などと法弟愚黙師に批判されたことをきっかけとして開始された尊者の活動がいかなるものかは、この言葉に一先ず集約される。
     よって、以降の尊者の活動を理解するには、この正法律という言葉の意味とそこに込められた尊者の意図を知ることが、なによりもまず重要である。→本文に戻る
  • 内秘菩薩行 外現声聞儀…『妙法蓮華経』いわゆる『法華経』の巻四「五百弟子受記品」の偈文の一節「内秘菩薩行 外現是声聞」(T9, P28a)。
     その精神・見解がいくら大乗であっても、外見やその振る舞いは、律蔵に規定された通りの僧侶の姿をとり、律蔵に規定された僧侶として生活すること。僧侶の形には、大乗も小乗もなく、一様にみなが律に従った外形を取り、行動をすることをいう。
     日本の現今の僧職者らがそうであるように、法事や葬儀など儀式のあるほんの一時だけ袈裟衣を着け、神妙な顔で僧侶然とするも、それがたちまち法衣を脱ぎ捨て俗服を着るにもかかわらず「私は僧侶」などと言うなど、本来ありえないことである。実際、尊者も『十善法語』などにおいてそのような者を激しく非難している。→本文に戻る
  • 報土[ほうど]…自身が仏陀となる以前、菩薩として修行している時に立てたなんらかの誓願を成就し、晴れて仏陀となった仏陀による、その誓願の結果として現れたとされる浄土のこと。たとえば薬師如来の東方浄瑠璃世界や阿弥陀如来の西方極楽浄土など。→本文に戻る
  • 大論[だいろん]…『大智度論[だいちどろん]』の略。龍樹菩薩が著したとされる『摩訶般若波羅蜜多経(大品般若経)』の注釈書である。『大智度論』との書名は、『摩訶般若波羅蜜多経』の摩訶を大、般若を智、波羅蜜多を度と漢訳し、その注釈書であることから論として『大智度論』という。支那・日本など漢語仏教圏では、『瑜伽師地論』に並んで大乗を学ぶ者なら必ず読むべき最重要な典籍の一つである。
     ここで慈雲尊者が引用しているのは、その『大智度論』巻三十四の「如弥勒菩薩文殊師利菩薩等。以釈迦文仏無別菩薩僧故」(T25. P311c)、すなわち「弥勒菩薩・文殊師利菩薩等の如き、釈迦文仏に菩薩・僧の別無きが故を以て、声聞僧の中に入って次第して坐す」の一文。尊者は他の著書においても、しばしばこの一節を引用されている。→本文に戻る
  • 首陀会成道[しゅだえじょうどう]…首陀会(首陀会天)とはサンスクリットŚuddhâvāsadevaの音写語で、天界の五浄居天といわれる場所に同じ。大日如来は、人間界ではなく首陀会にて悟りを開いたとされる。
      慈雲尊者がここで言及しているのは『大日経疏』の以下の一節を念頭に置いてのことであろう。「以阿字門轉作大日如來身。如閻浮檀紫磨金色。如菩薩像。首戴髮髻猶如冠。形通身放。種種色光被綃穀衣此是首陀會天成最正覺之摽幟也」(T17. P622b)→本文に戻る
  • 声聞[しょうもん]の式…声聞とは、サンスクリットśrāvakaあるいはパーリ語sāvakaの漢訳語で、その原意は「(教えを)聞く人」。すなわち仏弟子のこと。狭義には特に出家修行者の意として用いられる。
     しかしながら、大乗において声聞という語が用いられる場合は、(大乗の教えに比して)より低い悟りの境涯にしか達しないと言われる声聞乗、いわゆる小乗の僧侶が意味されることが多い。
     ここでの場合はその両者が含意されているが、大乗を奉じる者であろうとも、その姿形や行儀作法および所有物の規定については原則としてすべて、「声聞における規定」に従うのである。
     実際、ここで尊者が言っているように、インド以来、自身が信奉する教義が大乗であれ小乗であれ、出家者はみな律蔵の規定に従って同じ姿をし、同じ生活をしていた。それらインドにおける仏教者のあり方や僧院生活については、玄奘三蔵の『大唐西域記』や義浄三蔵『南海寄帰内法伝』に代表される支那からインドに入った僧侶達による、数々の紀行文に明らかである。たとえば義浄三蔵は、大乗の菩薩僧であろうと部派の声聞僧であろうと、同じ僧院に起居して同一の暮らしを送り、ただ異なる点と言えば大乗の経典を読むか否か、大乗の菩薩を拝するか否かである程度のものであったという。
     実際の所、これは大乗の黎明期については不明なのであるけれども、大乗を奉じる教団がインドにおいて声聞の教団を抑えて圧倒的勢力を誇ったなどという事実はなく、ほとんどの場合、声聞の僧院の中に大乗の人がその規律に従って存在していたに過ぎなかったのであるという。→本文に戻る
  • 剃髪染衣[ていはつぜんね]の式…出家得度の方法。→本文に戻る
  • 衣鉢護持[えはつごじ]の法…袈裟や鉢の扱い方やその素材などの規定。その規定について微に入り細に入り解説したものに南山大師道宣によって著された行事鈔』がある。また、比丘六物に限って言えば、その詳細を簡潔・簡便にして示された典籍として支那の律僧元照による『佛制比丘六物図』がある。
     慈雲尊者が指摘されているように、それらはいずれもあくまで律蔵の所説に基いて著されたものであって、大乗独自の出家や授戒作法、および袈裟・鉄鉢などについて規定する仏説の典籍、および論書など存在しない。→本文に戻る
  • 梵網経[ぼんもうきょう]…支那以来、菩薩戒を説く代表的経典として重要視され用いられてきた経典。なお、阿含部に同名同内容の経典があるが、相関性はまったくない。ここでは大乗の経典を指している。
     『梵網経』に説かれる大乗戒を梵網戒、あるいはその内容から十重四十八軽戒と呼称されることもあり、菩薩の十の犯すべからざる大罪と四十八の行為についての戒めおよび規定である。
     日本仏教では奈良時代の鑑真和上渡来以来、あらゆる宗派にて大乗戒経の代表的なものとして用いられてきた経典だが、平安時代初期を境として、その扱いを巡って日本仏教は大きく二つに分裂した。日本仏教が、いわば天台系と真言系(南都六宗を含む)に分裂したのである。のち天台からは鎌倉新仏教などといわれる宗旨宗派が次々と誕生した。
     対して真言宗は、旧来の南都六宗(奈良仏教)の伝統を踏襲し継承。そして南都六宗のすべては、その修道体系(密教)を真言宗からほとんど全面的に受け継いだ。(とは言え、律令制の崩壊と朝廷・貴族らと真言・天台の接近が加速したこと、およびそれに基づく公家の権力・氏族制度の仏教教団への侵食があって、平安中後期には「名目上」のみ天台系と真言系とで異なるのみで、その実態はいずれも戒律無視、破戒無戒が常態化していくこととなる。)
     なお、『梵網経』および梵網戒(十重禁戒)については別項“十重四十八軽戒(十重禁戒)”にて詳説している。参照せよ。→本文に戻る
  • 楞厳経[りょうごんきょう]…ここに挙げられる『楞厳経』とは、明恵上人が重視し、また現在も禅宗で重んじられる『首楞厳三昧経』ではなくて、般剌蜜帝訳とされているもおそらくは支那撰述の偽経の疑いが濃厚なる『大佛頂如来密因修證了義諸菩薩萬行首楞厳経』である。
     その内容で特徴的な事柄のいくつかを言えば、極端とも思える大乗称揚と徹底的な不肉食および焼身供養が推奨されている点をあげることが出来よう。また、比較的長い陀羅尼が随所に説かれる。→本文に戻る
  • 吉羅[きら]…突吉羅[とっきら]の略。突吉羅とは、サンスクリットduṣkṛtaまたはパーリ語dukkaṭaの音写語で、「悪事」または「(軽い)罪」を意味し、悪作[おさ]などと漢訳される。律蔵における罪としては最も軽微なもの。僧侶のなすべきでない行為。→本文に戻る
  • 焼身[しょうしん]…焼身供養の略。自らの体の一部、もしくは全身を焼くこと(いわゆる焼身自殺)によって、仏陀または経典などへの供養とする行為。支那以来、時として行われた過激な供養法。日本では鎌倉期以来江戸時代に至るまで、特に『法華経』の行者や狂信者達の一部によって、時には実際に命を賭して行われた。
     そのような理不尽とも思える行為の根拠は、『法華経』薬王菩薩本事品第二十三の「若有発心欲得阿耨多羅三藐三菩提者。能燃手指乃至足一指供養仏塔」(T9. P54a)、あるいは『梵網経』盧舍那佛説菩薩心地戒品第十卷下にある「若佛子。應好心先學大乘威儀經律。廣開解義味。見後新學菩薩有從百里千里來求大乘經律。應如法爲説一切苦行。若燒身燒臂燒指。若不燒身臂指供養諸佛非出家菩薩」(T24. P1006a)、あるいは前述の『楞厳経』巻第六の「若我滅後其有比丘。發心決定修三摩提。能於如來形像之前。身然一燈燒一指節。及於身上爇一香炷。我説是人無始宿債一時酬畢。長挹世間永脱諸漏。雖未即明無上覺路。是人於法已決定心。若不爲此捨身微因。縱成無爲必還生人酬其宿債。如我馬麥正等無異。汝教世人修三摩地後斷偸盜。是名如來先佛世尊。第三決定清淨明誨」(T19. P132b)などと説かれているのに基づく。
     唐代の支那では、そのような焼身供養が正しいこととして、比較的盛んに実際に行われていたようであった。中インドに渡られてそこでの僧院生活およびインド仏教の状況を詳細に報告された義浄三蔵は、その著『南海寄帰内法伝』においてそのような支那における焼身供養の習慣を激しく非難している。そんなことはインドでは全く行われていなかったし、そもそも僧侶として行って良いことでもないのだから。
     現在、日本においてこれを行う者はおそらく存在しないが、現在の支那では行われている。戒疤・香疤である。それはいわゆる焼身供養であって、その一つのありかたであるという。
     たとえば、現在の支那の僧侶には、頭に小さな六つ、あるいは九つ、十二の丸い火傷の痕をもつ者があるが、それは具足戒を受けて比丘となっている証である。それは、大乗戒および具足戒を受ける前、受者は頭を強力な灸や炭などで焼き、もって焼身供養あるいは懺悔としたことの跡なのである。
     あるいは、これは外から見ることは困難であるが、そのように外から認識できる部位にではなく、手首や大腿などに炭を置き、自らの肉を焼いて供養とするのである。たとえば私の友人の支那の比丘尼は大変聡明で信心深く、また純粋であるが、腕に多くの火傷痕を持っていた。ただし、これは支那の元代以来の習慣であって、比較的新しい行為であり、支那でその昔から皆がやってきた行為ではないのだという。
     また実際、大戦後の支那において、毛沢東およびその取り巻きらによって文化大革命なる極めて愚かな共産党の文化粛清、支那が誇るべきであった知的・文化的財産の徹底破壊と排除がなされ、寺院の僧尼などもまた徹底的に排除された際に、すでに相当衰微していた支那仏教の伝統は完全に潰えている。よって、現在は仏教寺院の復興や僧尼も存在はしているのではあるが、唐代や宋代・明代はもとより清代のものとの連続性すらほとんど見られない。僅かに中華民国(台湾)に逃れた僧尼が若干の伝統を伝えているが、遺憾ながらそれも相当怪しいものとなっている。
     さて、しかし、そのようないわば自傷行為(下手をすると自殺)は、まず律蔵にて禁じられているのである。さらにその上、本邦においては、慈雲尊者の江戸期にはほとんど空文化してはいたものの一応は有効であった国法「僧尼令」にても禁じられていた行為でもあった。その故に慈雲尊者は、ここでは経説を採らず、律文の制を採ってこれを禁じるとしている。→本文に戻る
  • 請食[しょうじき]…在家信者からの食事の招待。在家信者の食事の招待には、一地域あるいは一寺院に属する全僧侶を制限なく招くものと、人数の上限を伝えて招くもの、さらには特定の僧を指名して招くものとがある。→本文に戻る
  • 受他別請[じゅたべっしょう]…別請とは、在家信者が特定の僧侶を指名して食事に招待すること。受他別請とは、それを受けること。→本文に戻る
  • 軽垢罪[きょうくざい]…軽垢とは、律蔵に言う「突吉羅」と同意で「(軽い)罪」の意。もっとも、ここでは特に『梵網経』に説かれる「十重四十八軽戒」の軽戒に違犯した罪について言われている。
     では具体的に『梵網経』のどの戒にそのような規定があるかと言えばそれは、第二十七軽戒(受別請戒)の「施主があって特定の僧に対する供養の招き(別請)があったとき、これを受け、あるいは受けた布施を衆僧に分かたず、個人のものとしてはならない」、および第二十八軽戒(故別請僧戒)の「僧であれ俗であれ、僧に布施をするのに際しては、特定の僧を指定して招いてはならない」である。
     慈雲尊者も指摘しているように、諸経典や諸律蔵にて実際に当たり前に行われていたことが知られる別請という食事の招待を、『梵網経』が何故このように禁じようとするのか甚だ不可解である。が、ここであくまで仮に『梵網経』が支那撰述の偽経であるとしたとき考えられるのは、支那でも仏教伝来当初はごく当たり前に行われていたであろう別請という食事の招待に対し、この『梵網経』を仏説として捏造した者は、あるいはその招待に自身が洩れたことを不満に思い、あるいは招待されなかったものを不憫に思い、「別請は不平等であって悪だ」などと考え、戒条としてねじ込んだ、などということが想像される。いわば「悪平等思想」の持ち主であったのだろう。が、勿論それはあくまで仮定の話であり、さらに私の想像にすぎない。
     慈雲尊者にとって『梵網経』は間違いなく仏説の、『瑜伽師事論』にならんで重要なる大乗戒を説く聖典であった。→本文に戻る
  • 鹿野[ろくや]…鹿野苑[ろくやおん]の略。釈尊が初めて説法された地、Vārāṇasīの小さな町Sārnāthに存したMṛgadāvaの漢訳名。→本文に戻る
  • 名称童子[みょうしょうどうじ]…釈尊が五群比丘を教化したあと、たまたま鹿野園にさまよい来て釈尊の教えをこうむり、その場で出家することを決意。六人目の比丘、すなわちサンガにおける最古参の比丘となる青年Yaśa(パーリ語ではYasa)のことであろう。
     尊者Yaśaが出家した後は、その若妻ならびに両親も仏教徒となり、釈尊と出家した耶舎を含めた七人の比丘を招いて食事の供養をしたことが諸仏典にて伝えられている。
     なお、Yaśaは『四分律』では耶輸伽童子、『五分律』・『有部律』では耶舎との音写名で伝えられている。が、しかしYaśaを「名称童子」と訳している経論は管見では確認出来ない。→本文に戻る
  • 僧次[そうじ]…相手を指名しない請食。僧次請とも。その人数が指定されたときは、その寺院・僧伽における比丘の席次(臈次)順に、該当人数の僧がその招待を受けに行く。→本文に戻る
  • 心地[しんじ]…こころの状態。心構え。→本文に戻る

現代語訳・脚注: 非人沙門覺應

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

本文5ページ中1を表示
解題凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。