真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 慈雲『根本僧制』

原文を表示
解題凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

第一。一切事須依律而判。不得顧人情及任已臆

第一に、一切の事須く律に依て判ずべし。人情を顧みず及び已臆に任することを得ず。

此ノ正法律ノ中は、内秘菩薩行 外現声聞儀を規模とす。三世の諸佛、報土の薬師弥陀等、みな出家形なり。

大論に、文殊弥勒みな声聞衆中に入て位に随て坐すと云へり。

密教に、大日如来は首陀会成道の相なれば、菩薩形宝冠天衣なり。此は別に伝あることなり。通途は声聞の式を本とす。故に剃髪染衣の式、衣鉢護持の法、みな律蔵に詳なり。

後人、大乗律の中に剃髪染衣、衣鉢等の式有べしと云フ。暗推の説なり。

故に此ノ根本制に律蔵に依ルを第一とす。

其ノ例を挙レば、梵網経、楞厳経等に、身臂指を焼て佛に供養せずば、出家の菩薩にあらずと。この焼身の徳衆罪を滅すと説ケり。律文には此ノ事制なり。作サば吉羅を犯ずる也。此ノ正法律ノ中は、焼身みな他の見聞にわたらざるを本とす。外行は律を本とするなり。

請食の中、梵網経等に、受他別請、軽垢罪なり。他を請するも爾なり。律中は、世尊鹿野に法輪を転じ、名称童子を度して、初て受請あり。此ノ時別請を受ケ給ふなり。僧次・別請みな開すべし。此ノ正法律は、心地は平等を主とし、時に随ては別請をも受クるなり。

第二。若欲依律而行事。律文或闕或不了。須依経及論蔵諸説

第二に、若律に依て行事せんと欲するに、律文或は闕け或は不了ならば、須く経及び論蔵の諸説に依るべし。

律文不了とは、三浄肉を開する等なり。或闕とは、三聚通受の羯磨、自誓受の式なき等也。末世の伝持、この式もなかるべからざるなり。涅槃経、梵網経等に依るに肉食を制すること四重にひとし。大聖弥勒尊の別願、五重の制ある。今よりして顕了也と云べし。

十善の如きは、佛世よりして今日に至る。その系統を失せず。五衆の戒は、我国両度伝承を缺く。瑜伽通受の式によりて、我等今日の篇聚を全うする。此第二条の式なり

第三。若三蔵所説。於事不可行者。聖言未具者。則須依支那扶桑諸大徳諸誥。及現前僧伽和合。

第三に、若し三蔵の所説、事に於て行ずべからず者、或は聖言未だ具せず者は、則須く支那扶桑諸大徳の諸誥、及び現前僧伽の和合に依るべし。

印度よりして支那、支那よりして我朝、風土同からず。

其ノ正法律十善の法は、万国におし通じ、古今に推シ通じて、差異なけれども、行事は或は通塞あり。

支那の風これを我朝に施すべからず。立を礼とする等なり。

沙門の中或は可也。貴人官辺には其ノ式行ふべからず。此の類先徳の所誥あり。亦現前僧の和合あるべし。

内衣を着せず、直に偏袒する。又食時に匙箸を用ひざるは、印度の聖儀なれども、此ノ邦の風儀に異なり。又先徳の所誥、現前和合の式あるなり。

《西賀茂神光院所蔵本》

飲光曰。吾扶桑邊國與西天大隔。如一切有袖衣律文不開。此土寒凍不得不著之類

第四。当山規矩。一切諸宗如法如律之徒。悉是一派同袍。仮令有別所属本山。亦不妨於当山執行法事。如其為沙弥及新学比丘。為依止為和上。亦通無妨

第四に、当山の規矩、一切諸宗如法如律之徒は、悉く是れ一派同袍。仮令ひ別所属の本山有も、亦当山に於て法事を執行ことを妨げず。其の如く沙弥及び新学比丘と為り、依止と為り和上と為るも、亦通じて妨げ無し。

今時あるひは相似の僧坊あり。

自他派を立てゝ。自派は濫行も相聚り。他門は有徳をも隔る。

これ一派の私会処と云べし。賢聖の僧坊と云べからず。

此ノ第四条実に佛世より承ケ来て、賢聖の風采、正法律僧坊に現存するなり

《西賀茂神光院所蔵本》

飲光曰。今時稱僧坊者。情不忘自他法分彼此。假令非法犯戒者。於彼彼寺受戒者爲彼彼一派。如法如律者。若他山受戒者。謂之他派而不許執法務與人依止等。滔滔者天下皆是。相傚爲俗。強諌反增瞋恚。嗚呼寂滅性中妄起業種。平等法中反生隔歴。生死實可悠遠而已。

又今時稱依止者實可笑耳。弟子不請 律佛制使請而不知請 師不與 律佛制。若比丘師德具。則衆僧與畜衆。自是已後得度弟子。新學比丘入寺乃至一夜不許無依止。弟子請之而師與依止。具有其法。師資總不知。 不問路遠近 律中限一日往還 師不勘弟子。弟子不擇師德。

至於甚。師問弟子以財賄有無。弟子擇師量名聞高下。爲沙彌爲比丘寄券衆僧。如奴婢口券爾。

夫僧坊之立制者是佛法之命脈。師資相仍者僧伽之勝業。若欲使如來正法不墜於地者。則請須少留意也。

假令數萬里之外。數千歳之下。若有志於此維持正法者。飲光爲塤首亦不辭

第五。律儀是正法之命脈。禅那是真智之大源。及八万四千法門。悉皆無非甚深解脱要路。須各随其所楽。日夜専精修習勤学。不得懶惰懈怠悠然送光陰。及諍論浅深逞於宗我

第五に、律儀は是れ正法之命脈、禅那は是れ真智之大源、及び八万四千の法門は、悉く皆甚深解脱の要路に非こと無し。須く各其の所楽に随て、日夜に修習し勤学すべし。懶惰懈怠悠然として光陰を送り、及び浅深を諍論し宗我を逞することを得ず。

右五条

此ノ正法律、戒体を語するときは、法界塵沙の善法なり。

戒境を談ずるときは、六大諸法、漏無漏融摂す。

戒法は、則大小乗一切ノ所制。三聚円成す。

戒行は、則諸律を融摂して規度を定め、顕密諸教を奉持して心地を浄む。

戒相は、則制あるは制に従ふ。自ら遮せず。但だに佛説に順ず。一毫の私意を存ぜず。

如是護持して弥勒の出世を期す。これを正法の命脈と云フ。一切経みな定を詮するの教なり。顕あり密あり。大小偏円あり。其の要は三十七品にあり。

修に従て徳を顕す。

或は凡心に即して佛心を見る。或は世間に在て第一義諦に達す。あるひは現身に聖域に入るべし。あるひは一念心上に三世を融す。且く称して真智の大源とす。

今しばらく四宗を標す。各々左右妨げねども、各々その源に合ふべし。

真言宗は印法不思議なり。其の入壇のとき、大阿遮梨金剛菩提薩埵を鉤召して、これを弟子の心中におく。心中頓に一大阿僧祇劫所集の福徳智慧を獲得すと云ヘり。若シ伝法をうれば、五部の諸尊つねに此ノ人に隨逐す。其ノ法に入るもの自ラ知ルべし。

今時末世、不空三蔵の名位爵禄あるを看て、密教は即俗而真の法門なれば、王公に親近して官禄を求め、是に依て法を荘厳するも妨げぬと思へり。これ等は密教即俗の義を謬解せる者なり。不空三蔵の官禄あるは、不空の志にあらず。また一時唐代の衰頽を救ふの方便なり。

例せば馬鳴菩薩の、伎人の衣服を着して那羅伎を唱へし如く也。能く馬鳴菩薩を学ぶ者は、那羅伎を学ぶべからず。よく不空三蔵を学ぶ者は、官禄を厭捨すべし。正法の規則違すべからざる也

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

原文を表示
解題凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。