真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 『骨相大意』(3)

8ページ中3ページ目を表示
1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8

・ トップページに戻る

1.原文

人に彼我あり。彼我あれば尊卑あり。沙門族姓を出るは彼我を平等にし尊卑を超過するのかたちなり。貌に好醜あり。是によりて慢を長じ愛を育す。剃髪し壊色の衣を著するは慢を伏し愛をやむるのすがたなり。家に貧富あり禄に多寡あり。富者は傲り貧人は○(うたが)ふ。これをすて応器を将て行乞し。あるは僧食をひとしくわかち。あるは有信の供施にまかせてうく。慳貪傲〈トウ〉をはなるゝのをもむきなり。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

2.現代語訳

人には彼我(ひが)*1 がある。彼我(という区別)があれば、尊卑(そんぴ)*2 がある。沙門(しゃもん)*3 が、族姓(ぞくしょう)*4 から出て出家するのは、彼我を平等に観て、尊卑(などの社会的、俗的な身分差)を超えるためのありかたである。(人の)容貌には好醜(こうしゅう)*5 がある。これによって慢(まん)*6 の気持ちを大きくしたり、*7 を強めるのである。(出家者が)髪を剃り、壊色(えじき)*8 で染めた衣を着るのは、慢という意識の働きを抑え、愛することを止めるための形である。家には貧富があり、収入には多寡(たか)*9 がある。富める者は傲慢であり 、貧しき人はさもしい。(出家者は)このような(財の有無、貧富といったものがつきまとう俗的)生活を捨てて、応器(おうき)*10 をもって托鉢(たくはつ)し、ある者は僧食(そうじき)*11 を平等に分け隔て無く分かち、ある者は信仰ある在家者から食事の招待をうける。物惜しみと貪り、傲慢さと卑屈さとを離れる方法である。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

3.脚注

*1 彼我(ひが)…他者と自己。多種多様であること。あれこれと分別する、の意としても可か。→本文に戻る

*2 尊卑(そんぴ)身分の高下。→本文に戻る

*3 沙門(しゃもん)…サンスクリット「śramaŋa(シュラマナ)」あるいはパーリ語「samaŋa(サマナ)」の音写語で、原意は「さまよう人」・「放浪者」だが、仏教においては「僧侶」を指す言葉。もっとも、インドでは、仏教に限らずバラモン以外の宗教者・出家修行者全般を指す言葉であった。→本文に戻る

*4 族姓(ぞくしょう)…家庭。一族。俗世間。→本文に戻る

*5 好醜(こうしゅう)…美しさと醜さ。→本文に戻る

*6 慢(まん)…自身を特別視して、他を見下すこと。→本文に戻る

*7 愛(あい)…盲目的に対象に執着すること。→本文に戻る

*8 壊色(えじき)…人の好まない、くすんだ色。具体的には「青・黄・赤・白・黒」の純色を避けた中間色。一般的に、赤茶色または木蘭色のこと。もともと「袈裟」とは、サンスクリットで「kaşāya(カシャーヤ)」あるいはパーリ語で「kasāya(カサーヤ)」の音写語で、「ボロ布」・「汚い色の布」を指す言葉であったといい、今は仏教の僧侶が着る衣を指す。→本文に戻る

*9 多寡(たか)…多い少ない。→本文に戻る

*10 応器(おうき)…「応量器」の略。僧侶が托鉢に用いる鉄または陶器製の容器、「鉄鉢(てっぱつ)」のこと。→本文に戻る

*11 僧食(そうじき)…僧伽(サンガ)に直接供養された食事。→本文に戻る

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

8ページ中3ページ目を表示
1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。