真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 慈雲『三昧耶戒和釋』

解題凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

夫れ三昧耶1とは。平等の義。又本誓の義なり。

平等とは。諸佛と我と衆生と。此の三種一體にして全く差別なしと悟る也。ゆゑいかんとなれば諸佛も地水火風空識の六大23とし。我も此の六を體とし。一切衆生も此の六を體とす。少しきも増減なきが故に平等と云なり。

謂く人の身中に骨と肉とは地大4なり。血のうるほひ汗の流るゝなどは水大5なり。温かなるは火大6なり。出入の息又手足の動きはたらくは風大7なり。地水火風の四の物和合して。一身の内にあつまり居るは。空大8之無碍の德なり。眼に色を見。耳に聲を聞き。或は苦を知り樂を知り。善と思ひ惡と思ふは。是れ識大9とて。心の德なり。

一切の物此の六つを具せずと云ことなし。故に平等と云なり。

然れば諸佛菩薩も我も一切衆生も。もとは一體にして。へだてなけれども。此の六大の本來清淨10の理に迷うて。一念差別の心起りて。次第に廣く妄念をかさね。惡業を作りて。六道流轉の凡夫11と成り。

此の本來清淨の理をさとりて。心の外に別の境界なし。一切の諸法は本より生ぜず。今また減ずることなし12と悟りて。種々の妄念を起さず。平等の一心に立ちかへるを。佛とは云なり。

然るに我等つらゝ此の佛と一體なれども。迷ふによつて生死の中に流轉することを悲み。我も迷をひるがへして。佛にひとしからんと思ふ心を起す。此を上求菩提の心と云ひ。又勝義の心13と名く。

又我は今此菩提の心を起せども。一切衆生はいまだ其心も起らず。生死の中に流轉するを見て。自身の流轉をかなしむがごとくして。種々の方便14をめぐらして。すくひたすけんと思ふ意を起す。此を下化衆生の心と名け。又行願の心15と名く。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

2.現代語訳

そもそも、三昧耶とは平等という意味である。あるいは本誓という意味でもある。

平等とは、諸仏と我と衆生との三種が一体であって、まったく差別がないと悟ることである。その理由とは、諸仏も地・水・火・風・空・識の六大を体〈構成要素〉とし、我もこの六大を体とし、一切衆生もこの六大を体とするためである。(諸仏と自分と衆生との体を比較した時、互いに)少しも増減など無いことから、平等というのである。

例えば人の身体の骨と肉とは地大である。血の潤い、汗が流れ出ることなどは水大である。(体温の)温かなことは火大である。出る息・吐く息、または手足が動くことは風大である。地水火風の四大が和合して一身の内に集まりあることは、空大の無碍の徳である。眼を通して物を見、耳によって音を聞き、あるいは苦を知り楽を知り、(物事それぞれについて)善と思いまたは悪と思うことは、識大といって心の徳である。

すべての(諸仏と我と衆生との)者で、この六大を具えていないということは無い。その故に平等というのである。

そうであるならば、諸仏・菩薩も我も一切衆生も、その本質としては一体であって、隔てないものであるけれども、(我々は)この六大の本来清浄の理に迷い、一念差別の心が起こって次第に種々様々に妄念を重ねていき、悪業を造って六道を生死流転する凡夫となったのである。

この本来清浄の理を悟って心の他に別の境界など無く、一切諸法は本初より生じたものでなく、また現在も増減するもので無いということを悟って、種々の妄念を起こさず、(諸仏と我と衆生とが本質的に同一であるという)平等の一心に立ち返った者を仏という。

しかるに我々は、つらつら考えてみたならば、仏と本質的には変わりないけれども(本不生の理に)迷うことによって、(際限なく苦しみの生存を繰り返す)生死流転することを悲しみ、自分もこの迷いを断ち切って、仏と等しくなろうと思う心を起こすのである。これを上求菩提の心という。またこれを勝義の心というのである。

また、自分はすでにこの菩提の心を起こしたけれども、一切衆生はいまだその心を起こしておらず、生死の中に流転しているのを見て、自身が流転することを悲しむのと同様に、種々の方便をめぐらして、救い助けようと思う意志を起こす。これを下化衆生の心といい、また行願の心というのである。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

3.脚注

  • 三摩耶[さんまや]…サンスクリットsamayaの音写語。『大日経疏』に基づき、密教におけるその定義は平等・本誓・除障・驚覚とされる。→本文に戻る
  • 六大[ろくだい]ṣaḍ-bhūta あるいはṣaḍ-dhātu. 地・水・火・風・空・識の六種のモノとココロを構成する性質。
     説一切有部など声聞乗においても同じく六大が説かれるけれども、それはいわゆる法有であって、それらはそれ以上分割することが出来ない根源的物質・実在的要素すなわち極微( paramāṇu)としてである。厳密には地水火風がモノであり、空はモノが存在するための場・空間であり、識がココロである。しかしながら、大乗ではいかなるものであっても恒常普遍の存在を認めないため、六大は実在としては否定される(もっとも、大乗においても中観と唯識とで識についての立場が全く異なるため、一概に言うことは出来ないけれども)。
     とは言え、密教と有部を代表とする声聞乗とのそれらの相違について、あまり突き詰めた説明をする者は真言の僧職者および密教学者にはほぼ絶無である。せいぜいが「小乗とは異なり、密教の説く六大とは六種の構成要素ではない」と押しなべて言う程度であって、では具体的に構成要素ではないならば何であるかなど、その相違を述べる者が無いのである。そしてまた、同じく密教の中でも伝統的に六大をどこまでも実在的モノと見る見解も一部あって、「六大とは何か」は実はよく現今の僧職者や密教学者らからでさえよく理解されておらず、また真言教学上も大きな論題となっている。→本文に戻る
  • 體[たい]…ここでは本質の意。→本文に戻る
  • 地大[ちだい]…物の硬軟の性質を司るモノ。物の硬さや柔らかさを決定するもの。→本文に戻る
  • 水大[すいだい]…物の乾湿の性質を司るモノ。物の水分の多少を決定するもの。
     実はこの水大がいかなるものかについては、部派によって見解が分かれており、説一切有部は前述の通りであるが、同じ上座部系の分別説部(現在の上座部)ではこれを拡張性であるとし、不可触なるものとする。よって分別説部においては、我々が「触り感じ得るもの」は地・火・風の三大のみであるとされる。→本文に戻る
  • 火大[かだい]…物の冷熱の性質を司るモノ。物の熱の高低の決定するもの。→本文に戻る
  • 風大[ふうだい]…物の動静の性質を司るモノ。物の動きの有無・強弱を決定するもの。→本文に戻る
  • 空大[くうだい]…物を存在させる空間自体。何物にも妨げられていないこと、すなわち無碍であることをその本性とするモノ。→本文に戻る
  • 識大[しきだい]…識ることをその本性とするモノ。「識ることをその本性とする」というその根拠であるが、まず識とはvijñānaの漢訳語である。これはvi(別に)+√jñā(識る)からなる動詞vijñānāti(識別する)が名詞化したもので、それがいわゆるココロの本性とされるためにかく名付けられたのである。
     あるいは仏教において心・意・識は同義語とされ、それらは総じていわゆるココロを意味する語である。心の原語はcittaであるが、それは√cit(考える)を語根とする動詞cintetiからの名詞である。あるいは伝統説では√ci(集める)を語根とする動詞ciyati(集める)からの名詞である。また意の原語はmanasであって、√man(考える)を語根とする動詞maññati(思考する)に由来する語である。
     すなわち、いわゆるココロとは、「統合するもの」であり「考えるもの」であり「識るもの」である。→本文に戻る
  • 本來清浄[ほんらいしょうじょう]…究極的にそれらが「空性」であること。自性清浄に同じ。ここにいう本来清浄とは、綺麗・汚いなどという意味、いわば「きよらか♪」などという意での清浄ではなく、それが恒常普遍の存在ではなく縁起によって仮に存在するものであって、空であることを意味する。これは例えば『般若経』や『理趣経』などで説かれる清浄も同様であって、それはすなわち無自性空の謂である。
     経文にある清浄という語を、文字通り「清らか」などと意味で捉えるのはまるで宛の外れたものとなるため、注意が必要。
     あるいはまた、律蔵などで言われる清浄の場合、その意味はまた異なって、「律について違犯が無いこと」が意味される。例えば金銭を律関係の典籍では不浄と表現することがあるが、これは「金など穢らわしい」という意味ではなく、比丘が金銭を蓄え、直に触れることは律の規定に抵触することから不浄という。あるいは比丘が、様々な事物の使用や所有にあたって、律の規定に触れないようにするために為す迂回的手段を浄法と言う。また寺院に住んで比丘の諸活動を助ける在家信者を浄人ということがあるが、これもやはりその人が清らかなどということではなく、比丘が律の規定上出来ないことを変わりに助け行う人であるから浄人というのである。
     ただ漢字をみただけでその裏にある意味を知らず、直ちに自らが想像したことをもって自らの主張の基あるいは批判の基とする者があるが、極めて浅薄なことであろう。→本文に戻る
  • 凡夫[ぼんぷ]…聖者の境涯に至っていない、一般の人あるいは生物すべてのこと。何をもって聖者とするかの定義は厳密にされているが、たとえば声聞乗では四双八輩の最初である預流向に達した人は、そこにはいまだ種々の断ずべき煩悩があるけれども聖者といわれる。大乗では例えば無生法忍に達した者が聖者と言われる。また同じ凡夫であっても、五停心観および四念住を修する者は賢者と言われる。→本文に戻る
  • 一切の諸法は本より生ぜず云々…すべての事物は、何か神などといわれる創造主によって創造された、あるいは単一の根源的存在から生み出された等ということは無いということ。これを単に本不生[ほんぷしょう]あるいは本初不生[ほんしょふしょう]というが、そのサンスクリット原語は(ādi-)anutpādaである。この原語の頭文字(音)はもちろんa (ā)であるが、これを漢字に音写した語が阿である。そのようなことから、阿字は本不生を象徴するものとして『般若経』等で説かれる。密教ではこれを受け継いでさらに進み、全ての音の最初であり母であるとするインド語におけるaという音への理解を重ねて、a(阿)をもって全ての事物は、仮に有るもの、無自性空であって不変の実体あるものなど無いことの象徴、すなわち万物のあり方の根源・真相をあらわす音、ひいては字であるとした。
     続いて本文にて「今また減ずることなし」とあるのは、そもそもすべての事物は実に有るものではなく仮に有るに過ぎないものであるから、究極的に言えばすべては夢幻のようなものであって、実として無いモノが増えることも減ることなども端からあり得はしないとの意。
     ただし、万物の根本・根源的あり方そのものを実体視し、さらに阿が全てを生み出す根源的実在であるなどといった、外道と似たような見解を持つ密教僧がしばしば現れ、その度に激しい論争を惹起した。近世では京都智積院の大学僧運敞僧正と江戸湯島霊雲寺の浄厳との論争が著名である。浄厳は、空海および真言密教を狂信的とすら言えるほどに特別視し、「真言宗は他宗と根本的に異なるものでなければならない。他と全く違った教えを有したものでなければならない」というが如きの思想を強く抱いていたようである。実際、彼は真言宗の他宗と異なる点を徹底的に差別化するべく努め、ついには阿字を絶対化・実体視して縁起説をすら否定して釈迦虚妄説を唱え、それこそが真実であると主張した。しかし、その説はただちに、新義であるとはいえ同じ真言宗の運敞僧正から「外道に他ならない」と激しく批判された。彼浄厳によれば、この世のありとあらゆる事物は恒常不変の実在するものであって、事物の現象が生滅していると見ることがむしろ妄想・夢幻であるという。端から全ては恒常的普遍的に存在するものであるから、そこに増減や生滅など無いというのである。運敞僧正が彼を外道と呼んだのも無理からぬ、とんだ幻違いであろう。
     しかし、そのような思想的にまるきり外道の浄厳であるけれども、事相においてはそれまで口伝や口説の名のもとに根拠不明であったり愚か者の単なる思いつきにしか思えぬ如き伝承を極力排し、経典・儀軌に忠実に則った次第を再構成した新安祥寺流の大成という一定の評価すべき事業をなした。悉曇学においても、それまでの説をある程度集成した大きな事業を残しており、そこには見るべき多々のものがある。中でも『悉曇三密鈔』は重要である(また浄厳は、真言陀羅尼の集成を図って『普通真言蔵』を著しているけれども、多くの誤りを有している)。そのため現在でも浄厳は、今も真言宗の特に事相家や事相マニアや印信収集家と揶揄される僧職の人々から篤い尊崇を受けている。が、一般にそのような事相家といわれる人々は、浄厳の思想に対する興味およびその大なる問題点を理解する能力も持っていないようで、外的作法のアレコレばかりについて執着し、また事相についてもその証をいかに立てるかの視点が完全に脱落している。
     面白いことに、彼らの中には自身をして「私は日本でも屈指の行者だ」「これは公言すべきことではないが、わしは相当な悉地を得たぞ」などと自負する者が少なからず存在する。が、彼らのいう悉地が外道のそれとどう違うのかを問うと、押しなべて答えられずに往々にして怒りだし、失礼云々などと言い出す。これは後述の慈雲尊者が指摘している問題と重なることであるけれども、何万日であろうと修禅して定を深めたとて、彼らはその正邪を図る術を持たず、基準を知らないのであろう。が、それはその時点で古来「邪定」であるとか「暗証の禅師」「野狐禅」などと批判された者らと何ら変わりない。
     ところで、浄厳より後の人である慈雲尊者は、浄厳のなした諸著作にも目を通しており、密教についての彼の見解および悉曇学について、その過失・誤りのあることをたびたび指摘されている。→本文に戻る
  • 勝義の心…勝義とは世間的真理に対する究極的真理の意であるが、そのような勝義を求める決心を、上求菩提という。
     ここで尊者は菩提心を発した者の心情を、上求菩提と下化衆生とに分けて示している。これは『菩提心論』(後述)において菩提心を起こした者が為すべきこと、すなわち行相として勝義・行願・三摩地が説かれているのを受け、それを平易に示しているもの。また本書は『菩提心論』の所説を受けて記された空海の『三昧耶戒序』をも念頭にして著されているのであろう。→本文に戻る
  • 方便[ほうべん]…手段・方法。サンスクリットupāyaの漢訳語。→本文に戻る
  • 行願の心…上述の菩提心を発した者の心情の中、下化衆生の分。行願心とは大悲心に同じであり、生きとし生けるもの全てが苦しみから自由であるように、苦しみ無く有るようにと願い、そのための能力・手段・行動を備えたものを大悲心という。ただ願うだけであれば、無論それも不可欠のことではあるけれども、小悲と言われて大悲とは区別される。→本文に戻る

現代語訳・脚注: 非人沙門覺應

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

解題凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。