真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 慈雲『三昧耶戒和釋』

解題凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

此の自利勝義利他行願の二心を廣くあらはせば。五大願1となるなり。此本誓の義也。

一には衆生無邊誓願度。謂く限りなき諸の衆生を殘なく濟度するなり。此れ利他行願の下化衆生の心なり。

二には福智無邊誓願集。謂くかぎりなき六度萬行2を修行し。功德を積集せんと思ふなり。六度とは布施3持戒4忍辱5精進6。この四を7と云ひ。禪定8智慧9。この二つを10と云なり。

三には法門無邊誓願學。謂く佛の説たまへるかぎりなき佛法を。殘りなく學問せんと誓願する也。

四には如來無邊誓願事。謂く十方世界の一切の諸佛のみもとに到りて。親み近き供養し奉事し。まのあたり教化を蒙り奉らんと誓願するなり。

五には菩提無上誓願證。謂くまたと上なき菩提の道を悟り得て。佛果に至らんと誓願するなり。

第二の願より第五の願に至る。此の四は自利勝義。上求菩提の心なり。

かくの如き誓願を起しても。一旦おこりしまゝにて退轉11すれば。其願成就せぬゆゑに。此心を退轉し廢忘するまじきために。三聚戒を受てふせぎまもる也。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

2.現代語訳

この自利勝義と利他行願の二心を広く表現したならば、五大願となるのである。これが(三昧耶の別意である)本誓の意味となる。

一つには衆生無辺誓願度。すなわち限りない諸々の衆生を残り無く済度しようとの誓いである。これは利他行願の下化衆生の心である。

二つには福智無辺誓願集。すなわち限りない六度万行を修行し、功徳を積集しようと思うことである。六度とは布施・持戒・忍辱・精進、この四つを福といい、禅定・智慧、この二つを智という。

三つには法門無辺誓願学。すなわち仏のお説きになった限りない仏法を、残り無く学問しようと誓願することである。

四つには如来無辺誓願事。すなわち十方世界の一切の諸仏のみもとに到り、親しみ近づいて供養し奉事し、目の当たりにその教化を蒙り奉らんと誓願することである。

五つには菩提無上誓願證。すなわち二つと無くこの上ない菩提の道を悟り得て、仏果に至らんと誓願することである。

第二の願から第五の願、これら四つは自利勝義、上求菩提の心である。

以上のような誓願を起こしたとしても、一度起こしたままで退転してしまえば、その願が成就することなどないのであるから、この心を退転し廃忘させないように、三聚浄戒を受けて防ぎ守るのである。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

3.脚注

  • 五大願[ごだいがん]…菩提心戒を受けた者の誓願すべき五項目。不空『受菩提心戒儀』に初めて説かれたもので経典に基づくものではない。その一々の内容については本文における慈雲尊者の優れて簡便なる所説に譲る。
     空海以降、菩提心戒は三昧耶戒に同じとされている。しかし、少なくとも不空阿闍梨の当時は明確に菩提心戒と三昧耶戒とは同一視されていなかったようである。尊者はここで、不空三蔵および空海阿闍梨の所説に基づき、発菩提心の内容として五大願を示されている。→本文に戻る
  • 六度萬行[ろくどまんぎょう]ṣaṭ-pāramitā. ありとあらゆる功徳行は、大乗においては総じて六度すなわち六波羅蜜に集約されることを表した語。六とは何かは以下参照のこと。
     度はサンスクリットpāramitāの漢訳語で、その意は「最上のもの」または「完成」。漢語仏教圏の伝統においては到彼岸、すなわちいわば「解脱への道・術」であると解釈されている。声聞あるいは独覚の菩提を求めず、無上菩提を求めて得るために必須の功徳行とされるのが六波羅蜜である。
     もっとも、声聞乗たとえば現在の上座部でも波羅蜜を説き、その数は十が説かれるが大乗のそれとはその内容が相違する。→本文に戻る
  • 布施[ふせ]dāna(-pāramitā). 施すこと。なんであれ自らが施し得る事物を分け与えること。布施の最上は法を説くこと。
     六度の一として上げられる場合、それは波羅蜜すなわち完成あるいは最上のものとしてであることに留意。以下同。→本文に戻る
  • 持戒[じかい]śīla(-pāramitā). 戒を受けて現実に実行すること。受けるべき戒はその人の立場や能力によって異なる。一般に在家信者ならばまず五戒であるが、機に応じて八斎戒を受持する。出家者は沙彌ならば十戒、比丘であれば二百五十戒(具足戒)が必須。
     特段、大乗の志あって戒に堪えられるのであれば、その上に梵網戒と瑜伽戒、あるいはそのどちらか一方を受持する。これにさらに密教を志向する者は三昧耶戒を受け、現実に実行しなければならない。→本文に戻る
  • 忍辱[にんにく]kṣānti(-pāramitā). 耐え忍ぶこと。特に自他の怒りを堪え忍ぶこと。自他の怒りを耐え忍ぶとは、自らの心に生じた怒りを身業・口業として表さず、また心にそれ以上強まらせぬようすることであり、他からの怒り・害意や身業・口業による加害に対し、怒りを伴っては応じないこと。→本文に戻る
  • 精進[しょうじん]dāna(-pāramitā). 努力すること。達成すべき目標を成就するまで、決して止めず諦めずにコツコツと努力し続けること。ただし、ただ努力すれば良いというのではなく、その努力は正しいものでなければ目標は達成されない。何をもって正しいとするかは、例えば八正道の正精進の内容である四正断であり、その善悪の基準は十善となる。→本文に戻る
  • 福[ふく]puṇya. 菩提を求めて修行する者が積集すべき二つの資糧〈二資糧〉のうちの一つ。ここで尊者が言われているように、福とは布施・持戒・忍辱・精進の徳である。
     一般に、福とは金銭や地位、名誉・健康のことであると、特に祈祷で金銭を得ていたり、何事かに対する絶対的信仰を要求したりする日本の僧職者らによって解され説明されることが多いが、それはいわゆる(「祈祷を受けることで福を得る」「強く信じ、拝むことで福を得る」等といった)利益誘導に過ぎず誤り。福徳行を自ら行った結果・果報として、それらを得ることはあるであろうけれども、祈祷や信仰でそれらが得られる等ということはまやかしに過ぎない。→本文に戻る
  • 禪定[ぜんじょう]dhyāna(-pāramitā). 定とは深い三昧(三摩地)すなわち極度に集中した心の状態で、禅はその中で一等高度で特定の心的状態のこと。禅には四種あって四禅といわれる。禅定波羅蜜とは、いわゆる瞑想によって、そのような定、中でも四禅を達成すること。→本文に戻る
  • 智慧[ちえ]prajñā(-pāramitā). 様々な世間的知識を含め、特に一切が無常・苦・無我であって空なるものであるとする出世間的知見、全き解脱に至るのに必要な明知を備えること。般若波羅蜜。→本文に戻る
  • 智[ち]jñāna. 菩提を求めて修行する者が積集すべき二つの資糧〈二資糧〉のうちの一つ。ここで尊者が言われているように、智とは禅定・智慧の徳であり、それらは畢竟、出世間の徳である。→本文に戻る
  • 退轉[たいてん]…一旦得た(なんらか高き)状態から退き、転落・退行すること。ここでは五大願を起こすことを一度は決意したものの、以降にそれを忘れあるいはその意志を失って全くその実行を欠いてしまうこと。→本文に戻る

現代語訳・脚注: 非人沙門覺應

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

解題凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。