真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 慈雲『三昧耶戒和釋』

解題凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

夫れ三昧耶とは。平等の義。又本誓の義なり。

平等とは。諸佛と我と衆生と。此の三種一體にして全く差別なしと悟る也。ゆゑいかんとなれば諸佛も地水火風空識の六大を體とし。我も此の六を體とし。一切衆生も此の六を體とす。少しきも増減なきが故に平等と云なり。

謂く人の身中に骨と肉とは地大なり。血のうるほひ汗の流るゝなどは水大なり。温かなるは火大なり。出入の息又手足の動きはたらくは風大なり。地水火風の四の物和合して。一身の内にあつまり居るは。空大之無碍の德なり。眼に色を見。耳に聲を聞き。或は苦を知り樂を知り。善と思ひ惡と思ふは。是れ識大とて。心の德なり。

一切の物此の六つを具せずと云ことなし。故に平等と云なり。

然れば諸佛菩薩も我も一切衆生も。もとは一體にして。へだてなけれども。此の六大の本來清淨の理に迷うて。一念差別の心起りて。次第に廣く妄念をかさね。惡業を作りて。六道流轉の凡夫と成り。

此の本來清淨の理をさとりて。心の外に別の境界なし。一切の諸法は本より生ぜず。今また減ずることなしと悟りて。種々の妄念を起さず。平等の一心に立ちかへるを。佛とは云なり。

然るに我等つらゝ此の佛と一體なれども。迷ふによつて生死の中に流轉することを悲み。我も迷をひるがへして。佛にひとしからんと思ふ心を起す。此を上求菩提の心と云ひ。又勝義の心と名く。

又我は今此菩提の心を起せども。一切衆生はいまだ其心も起らず。生死の中に流轉するを見て。自身の流轉をかなしむがごとくして。種々の方便をめぐらして。すくひたすけんと思ふ意を起す。此を下化衆生の心と名け。又行願の心と名く。

此の自利勝義利他行願の二心を廣くあらはせば。五大願となるなり。此本誓の義也。

一には衆生無邊誓願度。謂く限りなき諸の衆生を殘なく濟度するなり。此れ利他行願の下化衆生の心なり。

二には福智無邊誓願集。謂くかぎりなき六度萬行を修行し。功德を積集せんと思ふなり。六度とは布施持戒。忍辱精進。この四を福と云ひ。禪定智慧。この二つを智と云なり。

三には法門無邊誓願學。謂く佛の説たまへるかぎりなき佛法を。殘りなく學問せんと誓願する也。

四には如來無邊誓願事。謂く十方世界の一切の諸佛のみもとに到りて。親み近き供養し奉事し。まのあたり教化を蒙り奉らんと誓願するなり。

五には菩提無上誓願證。謂くまたと上なき菩提の道を悟り得て。佛果に至らんと誓願するなり。

第二の願より第五の願に至る。此の四は自利勝義。上求菩提の心なり。

かくの如き誓願を起しても。一旦おこりしまゝにて退轉すれば。其願成就せぬゆゑに。此心を退轉し廢忘するまじきために。三聚戒を受てふせぎまもる也。

三聚戒と者。一には攝律儀戒。謂く一切のあしきことを悉く止るなり。此に四の品あり。一には五戒。二には八齋戒。三には沙彌の十戒。四には比丘の二百五十戒なり。

二には攝善法戒。三には攝衆生戒。亦饒益有情戒と云ふ。

攝善法戒とは一切の善根を修行することなり。

攝衆生戒とは一切の衆生を濟度することなり。梵網經の十重禁四十八輕戒。瑜伽論の四重禁四十三輕戒。此等の戒をさすなり。

謂く一一の戒に善根となる邊は攝善法戒。一切衆生を救ひ助くる爲なるは攝衆生戒なり。

且く一二を擧げば。殺生戒を持て。物の命をころさぬは善根なり。物の命を救ひ助くるは攝衆生なり。偸盗戒を持ちて。人の物を盗みかくさぬは攝善法なり。物を盗まねば。他に財寶を與へ。他のたすけとなるは攝衆生なり。飮酒戒を持ちて。酒をのまぬは攝善法なり。自のまねば人にものましめざるは攝衆生なり。かくの如く意を得て知るべし。

此等の戒法を受持て。先におこすところの自利利他の心を廢忘せざるやうに。ふせぎ守るゆゑに菩薩戒と云ふ。此戒を受け持つ人を菩薩とは云なり。

此の上に菩提心の眞言をうけて。先の菩提心を印可决定し。又三昧耶戒の眞言をうけて。前の戒法を印可决定する時は。眞言行の菩薩と云者なり。此れを三昧耶戒と云ふ。

此の戒法を地盤として三密の行法を修行するなり。三密の行は此れ定なり。此の行を修して。無初以來の惡業を消滅し。妄念を斷除すれば。自然に心明かになりて。本來不生不滅の理を悟り得る。此れを慧と云なり。慧は定にあらざれば得がたく。定は戒にあらざれば。その定眞實ならず。外道も定を修すれども。戒法なきによつて。邪定となつて。惡見を起し。還て輪廻の基となるなり。

此の故に先ずかたく禁戒を持て後三密の行を修すべし。たとへば戒法は盗賊を捕るが如し。三密の行は盗賊を縛るが如し。其の上に本不生の悟をひらくは盗賊をころすが如くなり。

是を以て菩提心論の中にも。勝義行願三摩地を戒とし。成佛に至るまで。しばらくも忘るゝ事なしと説き給へり。三摩地と云は則ち平等の義なり。

大疏五云。眞言行人不曉如此淨戒。則雖口誦眞言。身持密印。心住本尊三昧。具修次第儀軌供養諸尊。猶名造作諸法。未離我人之網。云何得名菩提薩埵。又云。當持此戒方便。普入一切眞言行中。苟戒有虧而得成菩薩行。無有此處 よくゝ此等の文をみるべし。

上につらねる三聚戒は。人々の力に隨て受け持つべし。攝律儀は。五戒或は八齋戒など。心に從てたもつべし。後の二の戒は。力の堪たる人は。或は梵網經瑜伽等をのこらず兼うくべし。若し堪ざる人は。梵網ばかりをうけ。猶たへがたきは梵網の内にて。或は前四重。輕戒にては食肉五辛等の戒をゑらびぬいてうくべし。

今時近住の男女は。其體は在家なれども。而も妻子を具せず。剃髪し。不如法ながら衣をも著すれば。一分出家の相なり。ゆゑに且く出家分と意得て。不如法の形同沙彌とも思ふべきなり。しかれば八齋戒を攝律儀戒とし。梵網の重戒の内にて。快意殺生戒。劫盗人物戒。無慈行欲戒。故心妄語戒。酤酒生罪戒。毀謗三寶戒。此の六戒を持ち。輕戒の内にては。不敬師長戒。飮酒戒。食肉戒。食五辛戒。退菩提心戒。不重經律戒。此等の戒を受くべし。よくゝ師に從て戒相をまねび得て。違犯なきやうにすべきなり。

此の戒を受て後には。半月半月に布薩の日ごとに。佛前に至りて我が受けし梵網の戒の文を暗誦すべし。若し又比丘僧或は梵網分受したる人。布薩あらば。我が受たる重禁の分を聞て座を立つべきなり。懴悔の法は別に師に從て學ぶべきなり

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

解題凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。