真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 慈雲『千師伝』

解題・凡例 |  1 |  2 |  原文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.解題

『千師伝』とは

『千師伝』とは、江戸中期の大阪を中心として活躍した慈雲尊者飲光が、その生涯において、なんからの事柄について僧俗を問わず師事した人々を自ら列記した書です。

書といっても、その原本は当法樂寺に所蔵されてきた六紙に書きつけられたものであって、いわゆる書物の体裁をなしてはいないものです。また諸題の『千師伝』ということについて、文字通り千師を挙げ連ねたものではないにしても、極めて残念なことに、六紙以降が全く脱落紛失しており、ただ八名の人が挙げられているのが知られるだけでその全体を今知ることが不可能となっています。

これについて『慈雲尊者全集』を編纂した長谷寶秀氏は、『千師伝』を収録した末尾にて、以下のように述べています。

編者曰。右千師傅一巻は大阪府田邊法樂寺所藏の尊者御眞蹟の本に依て之を出す。其本僅に六紙あり。記する所第八靜智の傅に至て止む。想ふに末尾尚若干紙あるべし。而るに脱落紛失して今傅はらず。和田智満大和尚萬延元年書寫する所の本を見るに。亦靜智師の傅に至て止む。以て脱落既に久しきを知るべし。惜いかな。

編者〈長谷寶秀〉曰く、右の『千師伝』一巻は大阪府田邊法樂寺所蔵の尊者御真蹟の本によって翻刻したものである。その本わずかに六紙のみあった。記されていたのは第八静智の伝に至って終わっている。想うに末尾にさらに若干の紙があったものであろう。しかしながら脱落紛失して今に伝わっていない。和田智満大和尚が萬延元年〈1860〉に書写された本を見たところ、また静智師の伝にて終わっている。これによって脱落してすでに久しいことが知られるのである。惜しいことである。

長谷寶秀編『慈雲尊者全集』 vol.17
[現代語訳:沙門覺應]

なお、ここに出てくる和田智満大和尚とは、江戸末期の大坂北浜出身の画家和田呉山(月山)の子で、母の死をきっかけに高井田長栄寺にあった智幢律師の門に親と兄と共に出家。特に智満はすぐれた律僧となり、慈雲尊者相承の西大寺流および悉曇の流儀を継ぎ、また密教および律の研鑽に尽くした明治初期の大徳です。京都神光院住職となり、また随心院門跡に任ぜられています。

江戸末期、すでに当法樂寺は慈雲尊者の滅後百年を待たずしてその風儀が廃れ、真言宗泉涌寺派所属の寺院となってから寺勢もまた衰退していたところ、智幢律師の指示によって法樂寺に入ってその住職となった道應禅慧大和上が力を盡くしてこれを復興。その時、同じく智幢律師の門弟で、道應和上と深く交流してしばしば法樂寺に滞在し、その大きな助力となったのが智満和尚です。法樂寺山門前の石柱に刻まれた寺号は和尚によるもです。

そのような縁により、智満和尚の悉曇や漢詩などの墨跡が多く法樂寺に遺されていますが、和尚が『千師伝』を書写したのもその頃のことです。

しかしながら、長谷寶秀氏も上のように述べられているように、すでに智満和尚の書写された江戸末期には『千師伝』は多く紛失脱落していたようで、ただ百年も経たぬうちに寺宝の一つとすべき書をまともに伝えられず散失させてしまった、道應和上以前の法樂寺住職の体たらくには憤慨せざるを得ません。

普賢行願

慈雲尊者は何故に『千師伝』なるものを著したのか。

尊者はその冒頭、以下のように書き出されています。

予千師に禮事する願あり。本師は法樂寺第二世竄綱貞紀和上也。此は別傅あり。此例に非ず。此千師は道俗を擇ばず。一事の師とすべきを記する也

私には千師を礼して師事したいとの願いがある。もっとも、我が本師は法樂寺第二世忍綱貞紀和上である。これには別伝があるため、この例には該当しない。この千師伝は道俗を択ぶことなく、一事の師とすべき人を記したものである。

『千師伝』法樂寺蔵
[現代語訳:沙門覺應]

尊者がこれを残そうと思い至ったその背景には、『普賢行願讃』(『華厳経』「普賢行願品」)を非常に重要なものと見なしていたことがあったに違いありません。

『華厳経』「入法界品」に説かれる、インドの長者の子であった善財童子が文殊菩薩に出会ってその勧めにより、僧俗問わずまた宗教をも問わず、様々な人々との対話を経て五十三人目となる普賢菩薩に出会ってついに開悟するという、東海道五十三次の数の元となったと言われる話。それに自身の生涯において様々に出会い、教えを説かれた人々とを重ね、この『千師伝』を著されたのであろうと思われるためです。

さて、たとい悔しくも脱落してその全体を知ることが出来ない短いものであるとしても、尊者の生涯を語る上で、またどのように慈雲尊者が「慈雲尊者」となるにいたったのかを知るのにも、この『千師伝』を抜きにすることは決して出来ない貴重なものです。

ただ「慈雲尊者は偉かった」であるとか「慈雲尊者という突出した人がその昔の大阪にいた」といって称えるだけでは、口先三寸しばらく動かしておしまい、となる程度のことでありましょう。

そもそも、なぜ慈雲尊者のような人が当時の大阪、ひいては日本に現れたのか。その生涯や時代背景、そしてその思想の基となった古の人々の業績を、源流へと遡るように明らかにしなければ、こう表現するのはおこがましいことではありますが、その正しい評価をすることなど出来はしません。

唯の歴史が好きであるからというのではなく、一仏教者として尊者を敬するのであれば、そもそも釈尊の遺教を学び倣って、それを今にいかにして行うかが肝要となりましょう。江戸後期においてその亀鑑の一つとすべき行業を留められた人の跡をたどり、また今世においても同じくその実を結ぶ人の少しでも多く現れることを願うばかりです。

小苾蒭覺應 謹記
(horakuji@gmail.com)

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

2.凡例

本文

このサイトで紹介している『千師伝』は、法樂寺所蔵『千師伝』を底本とした。

原文・現代語訳を併記し、対訳とした。もっとも、それぞれいずれかをのみ通読したい者の為に、対訳とは別に、原文・現代語訳のみの項を設けている。

原文は、原則として底本のまま旧漢字を用いている。ただし、訓読文は、適宜現行の漢字に変更した。

現代語訳は、逐語的に訳すことを心がけた。もっとも、現代語訳を逐語的に行ったと言っても、読解を容易にするため、原文にない語句を挿入した場合がある。この場合、それら語句は( )に閉じ、挿入語句であることを示している。

しかし、挿入した語句に訳者個人の意図が過剰に働き、読者が原意を外れて読む可能性がある。注意されたい。

難読と思われる漢字あるいは単語につけたルビは[ ]に閉じた。

脚註

註は、とくに説明が必要であると考えられる仏教用語などに適宜付した。

原意を外れた錯誤、知識不足の為の誤解を含む点など多々あると思われる。願わくは識者の指摘を請う。

小苾蒭覺應 謹記
(horakuji@gmail.com)

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・  尊者の思想へ戻る

解題・凡例 |  1 |  2 |  原文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。