真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ なぜ酒を飲んではいけないのか-訶梨跋摩『成実論』-

 |  『スッタニパータ』 |  『ダンマパダ』 |  『長阿含経』 |  『梵網経』 |  『正法念処経』
『四分律』 |  『大毘婆沙論』 |  訶梨跋摩『成実論』 |  龍樹『大智度論』 |  最澄『臨終遺言』
空海『御遺告』 |  法然『百四十五箇条問答』 |  喜海『栂尾明恵上人伝記』 |  慈雲『十善法語』

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.訶梨跋摩『成実論』に説かれる飲酒の過失

不善の門

準備中

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ 戒律講説へ戻る

2.訶梨跋摩『成実論』対訳

福徳から離れるのを守るため

原文
問曰。飮酒是實罪耶。答曰非也。所以者何。飮酒不爲惱衆生故。但是罪因。若人飮酒則開不善門。是故若教人飮酒則得罪分。以能障定等諸善法故。如植衆果必爲牆障。如是四法是實罪。離爲實福爲守護故。結此酒戒

訓読文
問うて曰わく。飲酒は是れ實罪なりや。答えて曰わく非なり。所以者何[ゆえいかんとなれば]、飲酒は衆生を惱まさざるが故に。但だ是れ罪の因なり。若し人酒を飲まば則ち不善の門を開く。是の故に若し人に教えて飲酒せしめれば則ち罪分を得。能く定等の諸の善法を障るるが故に。衆果を植えるに必ず牆を障とするが如し。是の如く四法は是れ實罪なり。實福を離れるを守護するが爲の故に、此の酒戒を結す。

現代語訳
問い:飲酒は実罪(本質的に悪)だろうか。答え:実罪ではない。なぜならば、飲酒自体は生きとし生けるものを悩ませることはないからである。ただし飲酒は罪の原因となるものだ。人が酒を飲むことは、つまり不善の門を開く行為である。このことからもし他人に勧めて酒を飲ませれば、それは罪となる。飲酒が禅定など様々な善法を妨げるからである。果樹を植えたならば、(果実を害獣や盗難から守るための)垣根を造って囲いをするようなものである。このように(殺生・偸盗・邪淫・妄語の)四法は実罪である。(不殺生・不偸盗・不邪淫・不妄語を実行することによって得られる)福徳を失わないように、この不飲酒戒が制定されたのである。

出典:『成実論』五戒品(『大正新修大蔵経』32巻,P300中段)

法楽寺 WEB SITE 管理者:沙門 覺應

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ 戒律講説へ戻る

 |  『スッタニパータ』 |  『ダンマパダ』 |  『長阿含経』 |  『梵網経』 |  『正法念処経』
『四分律』 |  『大毘婆沙論』 |  訶梨跋摩『成実論』 |  龍樹『大智度論』 |  最澄『臨終遺言』
空海『御遺告』 |  法然『百四十五箇条問答』 |  喜海『栂尾明恵上人伝記』 |  慈雲『十善法語』

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。