真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 『阿留辺畿夜宇和』(2)

本文10ページ中2ページ目を表示
凡例目次 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10

← 前の項を見る・次の項を見る →

関連コンテンツ
明恵上人とは |  明恵上人の言葉 |  明恵上人の手紙

・ トップページに戻る

6.人の信施は

人の信施1は内に叶ふ徳ありて受るは福なり。破戒2比丘3、若し後世の報なくば、衣は炎網と成て身を焦し、食は熱輪と成て、腹を穿たん4事、必定して疑ひなかるべし。

人からの信施は自身に(尊敬され、布施を受けるだけの)徳があって、受けるのであれば福となる。(しかしながら、)破戒の比丘であって後世に良い境遇をもたらす善き行いをしていないのであれば、(人からの信施として受ける)袈裟衣は炎の網となってその身を焦がし、(信施として受けた)食事は灼熱の輪となって、腹に穴をあけることは、きっと間違いなく疑うべきも無いことである。

  • 信施[しんせ]…信仰にもとづく布施。→本文に戻る
  • 破戒[はかい]…僧侶として守らなければならない律の中でも重罪とされる事項を破ること。
     律には二百五十戒といっておよそ二百五十の規定があり、それは罪の軽重によって八種に分類されている。中でも最も重い罪は、婬(男女動物問わずあらゆる種類の性交渉)・盗(重大な盗み)・殺(殺人および殺人教唆、自殺教唆)・妄(自分が悟りを得た、高い境地に到ったとの宗教的虚言)の四種であり、これを犯せばただちに僧侶の資格は消滅、教団から永久に追放される。これを波羅夷罪という。この次に重大な罪は十三あり、僧残罪という。これを犯した場合、ただちに追放とはならないが、許されるのには多くの条件を満たさなければならない。いずれも僧侶として犯してならない重罪である。
     律に「犯して良い項目」などというものは無いが、軽罪とされる律を破った比丘がいたとしても、それを「破戒の比丘」とは普通言わない。→本文に戻る
  • 比丘[びく]…仏教の正式な僧侶。比丘とは「(食を)乞う者」を原意とする、サンスクリットbhikṣuまたはパーリ語bhikkhuの音写語。比丘になるためには、数えで二十歳以上であること、両親の許可があること等、二十三の条件を満たしている必要がある。
     なお、明恵上人は、『栂尾明惠上人伝』によれば、十六才の時に東大寺戒壇院にて受戒したとされている。これは鎌倉初期当時、東大寺戒壇院においても律の伝統が消滅し、そこは形骸化した「僧侶という資格を得るための通過儀礼」を受けるに過ぎない場所になっていたことを意味する。そしてまた、これは戒律を重んじた明恵上人ですらも、正規の仏教僧たる比丘ではなかったことをも意味する。なんとなれば、律とはそれを守っている伝統があって初めて機能するものであり、また十六才で受戒したとしてもそれは無効であってまったく意味をなさない為である。当時は誰も比丘になることは出来なかったのである。明恵上人没後まもなくの嘉禎二年(1236)、叡尊・覚盛等に四人によって戒律復興がなされるまでは。→本文に戻る
  • 衣は炎網となって云々…【岩波】に「『正法念経』地獄品に見える。」とあるが見えない。→本文に戻る

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

7.人は我祈りの為とて

人は我が祈りの為とて、経陀羅尼1の一巻をも読まず、焼香礼拝の一度をもせずとも、心身正くして、有るべき様にだに振舞はば、一切の諸天善神2も是を護り給へり。願ひも自ら叶ひ、望みもたやすく遂ぐるなり。六借く3こせめがん4よりも、何もせずして、只正くしてぞ在るべき。心づかひは、物に触れて、誑惑5がましく、欲深く、身の振舞はいつとなく物荒く、不当に放逸にては、証果6羅漢僧7に誂へて、百萬の経巻を読ましめ、千億の仏像を造て祈る共、口穢くて経読む者の罰あたるが如し。心穢て祈する者は、弥よ悪き方には成り行く共、所願の成就する事は、ふつと有まじきなり。其を愚なる者、心をば直さずして、己れが恣まゝの欲心計りに纏されて、祈らば何にか叶はざらん8と、猥りに憑みを懸けて、愚痴なる欲心深き法師請取て、心神を悩し、骨髄を摧きて、祈り叶へぬ物故に、地獄の業を作り出すこそ、げに哀に覚ゆれと云々。

 人は「自分の願いを叶えたい」としても、経典や陀羅尼の一巻ですら読誦する必要などなく、焼香や礼拝を一度でもしなくとも、心と身体の行いを正しくして「あるべきよう」に生活していれば、すべての諸天善神もその人を守護してくれるのだ。その願いも自然に叶い、望みも容易に遂げることができるだろう。見苦しく、恨みがましく祈るより、なにもしないでただ(自らを)正してあるべきである。
 心根はモノを見聞きするにつけ欲に惑わされるほど欲深で、身の振る舞いが常に粗暴で節度なく勝手気ままであっては、悟りにいたって阿羅漢となった聖僧に頼みこみ、百万もの経典を読誦させたり、一千億体の仏像を造立したりしたとしても、普段口汚い者が経典を読めばむしろ罰があたるようなものである。
 心が穢れていながら祈る者は、ますます悪い状況になっていくことはあっても、願いが叶うことなどまったくありえない。にもかかわらず愚かな者は、自分の心を正しもせず、己の自分勝手な欲望に踊らされて「祈りはきっと通じるだろう」などと矢鱈に願を掛け、愚かで道理のわからぬ強欲な僧侶に(読経・祈祷などを)請いて、心を悩まし苦心惨憺して、祈りを叶えようとする。が、それはむしろ地獄へ堕ちる業となるに過ぎず、(私にはそのような者らの「祈り」が)真に哀れに思えてならない。

  • 陀羅尼[だらに]…サンスクリットdhāraṇīの音写語、総持・能持とも漢訳される不思議な力をもつものと信じられる比較的長文のサンスクリット文。唱える場合はサンスクリットから別の語に翻訳してはならず、正確な発音で唱えなければならないものとされる。
     一般的に比較的短いものを真言、長いものを陀羅尼と言うとされるが、短い陀羅尼も存在するため適切ではない。また、先に「翻訳せずに」としたが、支那ではサンスクリットを表記することは出来ない場合があったため、漢訳経典では発音を漢字にあてて表記したものが多い。また発音について、三蔵法師らによって翻訳された当時はある程度正確に発音出来たかもしれぬが、時代の変化によって漢字の読み方が相当に変化したため、現在は原語の発音が正確に伝えられていない。→本文に戻る
  • 諸天善神[しょてんぜんじん]…諸天とはインドの神々、善神とは支那あるいは日本の神々。いずれも仏教の守護者と位置づけられる。
     ただし、神といってもそれは輪廻する存在であり、人より格段に勝れた力を持ち、長大な寿命を持つも死すべき者である。その死に際しては地獄の苦しみも比でないほどの苦を味わうとされる。これを天人の五衰という。よって、仏教で言う神とは、いまだ迷い苦しみの内にある者で、万能の存在などではない。仏教においては、神も「生きとし生けるもの」の一種でしかない。→本文に戻る
  • 六借く…【岩波】「うるさく。底本「惜」を訂す。」。→本文に戻る
  • こせめがん…【岩波】「うらむ、またはせめたてる。「こ」は接頭辞で、その状態動作をにくむ意。→本文に戻る
  • 誑惑[おうわく]…人をだまし惑わすこと。→本文に戻る
  • 証果[しょうか]…仏教を修行し、その結果として得られた何らかの境地。小乗・大乗それぞれが、広くは賢者と聖者、狭くは四向四果、十地などのさまざまな段階を説いている。仏教の修行者の階梯については、別項“仏教の瞑想”の“五停心観”を参照のこと。。→本文に戻る
  • 羅漢僧[らかんそう]…阿羅漢位の僧。阿羅漢とは、サンスクリットarhatあるいはarahantの音写語で、応供と漢訳される。仏陀の異称の一つでもある。声聞乗(小乗)においては、最上の悟りの境地を得た僧侶を意味する。→本文に戻る
  • 祈らば何にか叶はざらん…祈りを貴いものと考え、祈りによれば何事かが変わる、などという思考。古今東西を通じて一般的な宗教的信条。
     現在も世間では一般的に「祈りは尊い人間の精神活動」と見られることが多いようである。もっとも、仏教においては、このような意味での祈りは行われない。なぜならば、祈りを叶えてくれるとする「絶対的存在者としての神」の存在を否定するためである。また、自らの願望を叶えたい、という心情も否定的に見るからである。
     この世はほとんど不如意であり、制御が可能なのは自らの心だけであって、それは自身の不断の努力、感情を制御したいわば非人情の智慧によってのみ達成されるのであるから、祈る意義も必要もないためである。また、祈りという行為自体、尊いものなどでは決してない。人はその歴史の中で、祈りながら、「清い」信仰によりながら、崇高と言われる行いをする一方で、筆舌に尽くしがたい非道を行ってもいるのである。元来、仏教は基本的に「祈らない宗教」である。これは、ローマンカトリックの神父なども認知しているところであるが、案外日本の仏教者は「祈りは尊い。祈りによってこそ。信心と祈りがもっとも大切」などと平気で説法しているから面白いモノである。
     一般の人もまた、愚かしいことであるが「念ずれば花開く」などという言葉を人口に膾炙している。念じなくても開く花は開くのである。花が開くのに必要なのは祈りでない。→本文に戻る

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

8.人常に云く

人常に云く、物をよく知れば、驕慢1起ると云事心得ず。物を能く知れば、驕慢こそ起らね、驕慢の起んは能知らぬにこそと云々。

世間の人々がよく口にする、「モノをよく知るようになると、おごり高ぶって人を見下すようになる」と言うことは誤りである。モノをよく知れば、おごり高ぶる心こそ起きる余地が無くなるのだ。おごり高ぶりの心が起こるのは、(モノを知ったつもりになっただけで、その実)よく知らないからこそである。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

9.東寺の塔を

東寺の塔1を、一条口にて見たる程に、仏性2を見たらん者は、終に九条へ至らんが如し。此事極て、有がたしと云々。

(京都は九条にある)東寺の五重塔を、一条口から見るように、(仏陀の教えを修行し)完全な悟りへの糸口を見いだした者は、やがては九条(たる悟り)へ至るようなものである。(仏の教えを実践すれば、かならずその結果としての悟りに至るのである。仏の教えはおとぎ話ではなく、必ず実を結ぶ道である。)このことは大変に、この世に希有なものである。

  • 東寺の塔…東寺(教王護国寺)の五重塔。その昔は京都における象徴的建造物で、京都のいずこからもその姿が見えたのであろう。→本文に戻る
  • 仏性[ぶっしょう]…生きとし生けるもの皆が生まれながらにもっている、いつか仏陀となりえる可能性。悟りの可能性。もっとも、悟りを得ることが出来るのは、人間として生を受けた場合に限られるとされる。大乗の学派には、これを実体的存在として肯定的に把握しているものがあるが、あくまで一部にすぎない。大乗とは「仏」という概念の異なる小乗諸派もこれを認めていない。→本文に戻る

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

10.仏法者と云は

仏法者と云は、先づ心が無染無著1にして、其の上に、物知りたるは学生2、験あれば験者3真言師4とも云也。能もなく、験もなきは、無為の僧なるべし。若し纔かに有所得5ならば、更に仏法者と云ふに足らずと云々。

僧侶というのは、まず第一に心が(さまざまな欲心・五感の対象に)染まらず著せずあって、その上で、知識が豊富な者は学僧、不思議な効験をあらわす者は験者、真言師とも言いえるのである。知識もなく、験力もないのは、取るに足らない(ただ出家しただけ、という程度の)僧である。(そのような能のない僧が)もしわずかでも財産・名誉など世間に対する執着があるのであれば、もはや僧侶と呼ぶにも足りはしないのだ。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・  目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

関連コンテンツ
明恵上人とは |  明恵上人の言葉 |  明恵上人の手紙

本文10ページ中2ページ目を表示
凡例目次 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。