真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 戒山『青龍山野中寺慈忍猛律師伝』

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

湖東安養寺後学釋慧堅 撰

律師諱慧猛。字慈忍。族姓秦氏。河之讃良郡秦邑人。秦川勝大臣二十八葉孫也。祖名武國。以武略著名。父名宗伯。歸心佛門。母濱氏。後染薙名曰天室。方娠師卽惡羶葷。或食之則吐。誕于慶長十八年五月朔日。自幼沈毅。端慤屹然如成人。不事兒戲。毎見佛菩薩像。則合爪膜拜。以香花奉之。方六七歳。智越常童。九歳見古詩中達一道契諸道之句。心竊疑之。暁夕以思。一日經行庭中。仰觀虛空博大。乃問于人曰。空從何而生。人從何而來。無有答者。師私謂。此理非佛法難知。遂有脱白之志。十七歳懇求出家。親鍾愛不許。二十二歳喜讀聖德太子示慧慈法師語。又遊講肆。聽普門品。明眼論等。常慨出家緣弗就。獨詣觀音大士像前。禮拜課經。至心禱祈。寛永十五年。師二十六歳。親知其不爲世網所覊。乃許出家。師大喜。輒依眞空阿律師祝髪。時如周專律師。開法于東山雲龍院。學士仰之如卿雲祥麟。師依之聽稟。學業日進。既而詣槇阜心王律院。墮息慈數。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2.書き下し文

湖東安養寺後学釋慧堅1

律師、2は慧猛、3は慈忍。族姓は秦氏。河の讃良郡秦邑4の人にして、秦川勝大臣5二十八葉の孫なり。祖の名は武國、武略を以て名を著す。父の名は宗伯。心佛門に歸す。母は濱氏。後に染薙6して名を天室と曰ふ。師を娠むに方り卽ち羶葷7を惡み、或は之を食すれども則ち吐く。

慶長十八年五月朔日に誕れる。幼より沈毅、端慤として屹然なること成人の如くして、兒戲に事へず。佛菩薩像を見る毎に、則ち合爪して膜拜8し、香花を以て之に奉る。

方に六七歳、智常童を越す。

九歳、古詩の中に一道に達せば諸道に契ふの句を見て、心竊かに之を疑ひ、暁夕以て思ふ。一日庭中を經行して、仰ぎ虛空の博大なるを觀て、乃ち人に問て曰く、空は何從り生ずるや。人は何從り來るやと。答ふる者有ること無し。師、私に謂く、此の理は佛法に非ざれば知り難しと。遂に脱白9の志有り。

十七歳、懇に出家を求むも、親鍾愛して許さず。

二十二歳、喜び聖德太子、慧慈法師に示さるの語10を讀み、又講肆に遊で、普門品・明眼論11等を聽く。常に出家の緣の就かざるを慨き、獨り觀音大士像の前に詣て禮拜課經し、至心に禱祈す。

寛永十五年、師二十六歳。親、其の世網の爲に覊げられざることを知り、乃ち出家を許す。師大いに喜び、輒ち眞空阿律師12に依て祝髪す。

時に如周專律師13東山雲龍院14に開法す。學士、之を仰ぐこと卿雲祥麟15の如し。師、之に依て聽稟し、學業日進す。既にして槇阜心王律院16に詣て、息慈17數に墮す。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3.現代語訳

湖東安養寺後学釋慧堅 撰

律師の諱は慧猛、字は慈忍、族姓は秦氏である。河内の讃良郡秦村の人で、秦川勝大臣二十八葉の子孫である。祖の名は武國、武略によって名を残した人である。父の名は宗伯、仏門に深く帰依していた。母は濱氏の出であり、後に染薙して天室と名乗った。律師を妊娠すると羶葷を嫌うようになり、あるいはそれらを食したならばたちまち吐き出した。

慶長十八年〈1613〉五月朔日に誕生した。幼い頃から落ち着いて物怖じせず、正直で孤高に振る舞う様は成人のようであって、幼稚な遊びをすることがなかった。仏菩薩像を見る毎に、合掌して跪いて礼拝し、香花を捧げた。

六、七歳の頃、その智慧は並の子供に抜きん出でいた。

九歳の時、古詩の中に「一道に達したならば、(それによって得た知見は)諸道にも通じる」という一句があるのを見て、心ひそかにその真偽を疑い、朝に晩に考えていた。ある日、庭をゆっくりと歩きながら上を仰ぎ、空の広大なることを見て、人に「空は何から生じたのですか?人は何処から来るのでしょう?」と問いかけた。けれども答えられる者など無かった。師は、心中に「この理は仏法でなければ知ることは出来ない」と考え、ついに脱白〈脱俗〉の志を持つようになった。

十七歳の時、懇ろに出家の許しを請うたけれども、親は(師を)寵愛して許さなかった。

二十二歳の時、喜んで聖徳太子が慧慈法師に示された言葉を読み、また講座に出かけて『法華経』普門品や『説法明眼論』等を聴いた。常に出家の縁が備わらないことを嘆き、独り観音菩薩像の前に詣でて礼拝・誦経し、至心に祈誓した。

寛永十五年〈1638〉、師が二十六歳の時、親は(師の出家の志堅くして)世網によって繋ぎ止めることが出来ないことを悟り、ついに出家を許した。師は大いに喜んで、すぐ眞空阿律師に従って剃髪した。

当時、正専如周律師が東山雲龍院において法筵を開いており、学士らがその学徳を仰ぐこと卿雲祥麟のようであった。そこで師もまたこれに参じて聴講・稟承し、学業に日々精進した。それを終えた後、槇尾山平等心王律院に詣って、その沙弥の一員として交衆した。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

4.語注

  • 釋慧堅[しゃくえけん]…戒山慧堅。恵堅とも。慈忍律師には十人あまりの弟子があったとされるが、その高弟三人のうちの一人。戒山慧堅は初め黄檗宗 鉄眼道光の元で出家した臨済宗黄檗派の禅僧であったが、巌松院にあった慈忍律師の元に参じて長らく仕えた。戒山が受具したのは、野中寺に移住した寛文十年1671の冬十二月廿八日。なお、鉄眼は寛文九年1669、ようやく粗末な小堂が建てられたに過ぎない野中寺を訪れ、慈忍律師の元で菩薩戒を受けている。
     忍律師亡き後、戒山は慈門信光に次いで野中寺を継いで第三世となる。その後、廃れていた湖東安養寺に入ってこれを中興し、その第一世となった。安養寺に入って後には、律法の興隆を期して支那および日本の律僧三百六十餘人の伝記集成である『律苑僧宝伝』を著す。この著はいわば律宗および律学を広めるための大きな力、いわば啓蒙書として重要なものとなった。
     戒山の優れた弟子に湛堂慧淑律師があり、彼もまた師の慧堅に倣って諸々の律僧の略伝の集成『律門西生録』を著した。その特筆すべき行業は、それまでのように律宗・真言宗・禅宗だけではなく、天台宗・浄土宗などさらに多くの宗派の僧らに戒律復興を波及させる一大立役者となったことにある。→本文に戻る
  • 諱[いみな]…実名。その昔の支那において、人の死後にその実名を口にすることを憚った習慣があったが、それが生前にも適用されるようになった。普段は実名(諱)は隠して用いず、仮の名いわば通名・あだ名を用いた。その習慣が日本にも伝わり、平安中後期頃から僧侶においても一般化した。奈良期、平安初期の僧侶にはこの習慣はない。→本文に戻る
  • 字[あざな]…諱以外に普段用いた名前。あだ名、通名。僧侶においてはこれを仮名[けみょう]ともいう。たとえば明恵上人高辯や慈雲尊者飲光についていえば明恵や慈雲が字であり、高辯や飲光が諱である。一般に、普段生活する上では字を用いるけれども、その著書や印信などには実名すなわち諱を記した。→本文に戻る
  • 河の讃良郡秦邑…河内国讃良郡秦村。現在の大阪府寝屋川市豊野村。→本文に戻る
  • 秦川勝大臣[はたのかわかつ おおおみ]…飛鳥時代の人。欽明天皇および聖徳太子に側仕えた。→本文に戻る
  • 染薙[ぜんじ]…剃髪して壊色の衣すなわち袈裟を着ること。出家すること。薙染。→本文に戻る
  • 羶葷[せんくん]…大蒜や韮および肉など生臭いもの。→本文に戻る
  • 膜拜[もはい]…ひざまずいて礼拝すること。→本文に戻る
  • 脱白[だつびゃく]…脱俗。出家。→本文に戻る
  • 聖德太子、慧慈法師に示さるの語…聖徳太子が著したとされる『三経義疏』。慧慈は飛鳥時代に高句麗から渡来した僧で、聖徳太子の師となった人。『三経義疏』を携えて高句麗に帰ったとされる。→本文に戻る
  • 明眼論[みょうげんろん]…聖徳太子が著したとされる小著、『説法明眼論』。→本文に戻る
  • 眞空阿律師[しんくうありっし]…真空了阿。薩摩出身。槇尾山平等心王院の衆徒で、明忍律師・晋海僧正・慧雲律師・友尊律師によって復興された律の法脈のその初期に連なる人。伝承では浪華川口の港にて対馬に渡らんとする明忍律師に出会い、そこで十善戒を授けられた人であるという。寛永三年1626四月十日、槇尾山にて自誓受。共に受戒したのは槇尾山十世となる了運不生律師。
     その後の寛永十五年1638、野中寺を中興することとなる慈忍慧猛の師となり、また雲龍院の正專如周が改めて自誓受戒するに際しての証明師となるなど重要な役割を果たしている。正保四年1647四月廿六日示寂。世寿五十四歳。→本文に戻る
  • 如周專律師[にょしゅうせんりっし]…如周正專。山城国八幡の人。泉涌寺で出家し、玉英照珍律師の元にて受具。律学をよくし、并せて天台・法相・因明にも通じ、東福寺の善慧忠禅師より臨在禅の印可を得、醍醐寺無量寿院の堯圓から無量寿院流(松橋流)を受けて密教もよくした。盛んに講演を開き、上は天皇・法皇をはじめ畿内外の貴賤から信仰を集めた江戸初期における諸宗兼学(律・戒・天台・法相・禅・密教)の大学僧。その死の直前、勅命によって泉涌寺主に補されている。詳しくは別項“戒山『雲龍院正専周律師伝』”を参照のこと。
     如周は慈忍律師がその法筵に参加した後の寛永二十年1643、真空阿律師を証明師として通受自誓受戒している。如周律師はそもそも唐招提寺にて(泉涌寺から居を移した)玉英のもとで受具しているが、これは唐招提寺などで行われていた「軌則受戒」と揶揄される、すなわち持戒を全く前提とせず、三師七証など本来の厳密な受戒の条件も満たさない、ただ因習的で中身の全く伴わぬ通過儀礼的受戒に基づくものであった。
     この如周律師において、唐招提寺流の「軌則受戒」系と(西大寺流の律宗の系譜となる)槇尾山西明寺に発する「自誓受戒」系とがこの人の元に合せられているのは注目すべき点である。もっとも、合せられている、というのは語弊のある言い方であろうか。如周が真空阿公の元で明忍律師由来の戒脈を自誓受によって重受しているのは、見方を変えれば当時の唐招提寺における受戒の正当性の否定であろうから。→本文に戻る
  • 東山雲龍院[ひがしやまうんりゅういん]…泉涌寺の子院の一つ。後光厳天皇の発願によって応安五年1372に建立された寺院であったというが応仁の乱で全焼。これを時の帝に上奏してその資を下賜され復興したのが如周律師であり、ここを律学の道場とした。→本文に戻る
  • 卿雲祥麟[きょううんしょうりん]…卿雲は吉祥なる前兆とされる雲、祥麟は聖人が世に現われる時に出現するとされる麒麟のこと。いずれにせよ、世に稀で尊いものの形容。→本文に戻る
  • 槇阜心王律院…槇尾山平等心王院(西明寺)。明忍律師・晋海僧正・慧雲律師・友尊律師ら四人によって果たされた戒律復興の本拠。→本文に戻る
  • 息慈[そくじ]…沙弥。十戒を受け出家したものの、未だ具足戒を受けて比丘となっていない者。僧伽の一員としては数えられない者。
     道宣『四分律行事鈔』巻下「沙彌別行篇第二十八 此翻爲息慈謂息世染之情以慈濟群生也又云初入佛法多存俗情故須息惡行慈也」(T40. P148b→本文に戻る

現代語訳 脚注:非人沙門覺應
horakuji@gmail.com

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。