真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 戒山『青龍山野中寺慈忍猛律師伝』

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

明年東陽山嚴松律院虛席。槇阜衆僧令師繼之。師力辭。衆强起之。不得已應。既入寺説法度人。風聲所被。遐邇翕然歸心。師以所得檀施建佛殿僧寮鐘樓齋堂之屬。山有巖高數丈。其體色殊異。一夕師夢。不動明王告之曰。山上巨巖乃我身也。覺後異之。乃巖上建寶篋印塔。以表之。名曰感應巖。爲文以記。會天下旱。民方以爲憂。師憫之。限一七日期修請雨法。至第三日向井林居士入山。見淸水自巖間涌出。其勢甚急。怪以白師。師曰。我爲民請雨。豈其徴歟。俄而黑雲四興。膏雨大澍。遠近充洽。群民喜悦。居士比歸。而河水大漲不能渉。因信宿而後返。承應二年修虛空藏求聞持法。一夕見瑞光現室内。虛空藏菩薩顯身于光中。喜躍無量。凡修此法。前後九度。師之道力所至。神異種種不一而足。而畢生絶不語人。手自筆記沈諸秘篋。及入寂後始得之。凡一巻。今姑取其一二書之。餘不盡載。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2.書き下し文

明年、東陽山嚴松律院1に席虛く。槇阜の衆僧、師に之を繼がしむ。師、力めて辭す。衆、强て之を起ち、已むを得ずして應ず。既に入寺して説法度人し、風聲を被る所となる。遐邇翕然して心を歸す。師、所得の檀施を以て佛殿・僧寮・鐘樓・齋堂の屬を建つ。

山に巖有て高さ數丈、其の體色、殊に異し。一夕、師の夢に、不動明王之に告げて曰く、山上の巨巖乃ち我が身なりと。覺て後、之を異しむ。乃ち巖上に寶篋印塔2を建て、以て之を表す。名けて感應巖と曰ひ、文を爲して以て記す。

曾て天下旱ひて、民方に以て憂と爲す。師、之を憫み、一七日を期と限て請雨法を修す。第三日に至て向井林居士、山に入るに、淸水巖間より涌出して、其の勢ひ甚だ急なるを見る。怪しみ以て師に白す。師曰く、我、民の爲に雨を請ふ。豈に其の徴ならんや。俄にして黑雲四つ興り、膏雨大澍して遠近充洽し、群民喜悦す。居士歸る比、河水大いに漲て渉ること能わず。因て信宿3して後に返る。

承應二年、虛空藏求聞持法4を修す。一夕、瑞光室内に現じて、虛空藏菩薩の身を光中に顯すを見る。喜躍すること無量なり。凡そ此の法を修すること前後九度。

師の道力の至る所、神異種種なること一にして足らず。而して畢生、絶て人に語らず5。手ずから筆記して諸の秘篋に沈む。入寂の後に及んで始めて之を得。凡そ一巻なり。今、姑其の一二を取て之を書す。餘は盡して載せず。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3.現代語訳

明年〈1646〉、東陽山巖松律院が空席となった。そこで槇尾の衆僧は、師にこれを継がせようとした。師はこれを強く辞退した。けれども衆僧は、これを強いたため、やむ得ず応じることとなった。(巌松院に)入寺して以降は、法を説いて人々を教導する中、次第に人々の評判となっていった。(寺の)近くにある者も遠くにある者も一丸となって帰依するようになったのである。師は、得た所の檀施を用いて仏殿・僧寮・鐘樓・齋堂などを建立していった。

ところで、(寺の後ろの)山には岩があって、その高さは数丈にも及び、その姿と色とは殊に異趣あるものであった。ある日の夜、師の夢に不動明王が現れた。そして「山上の巨岩は我が身である」と告げられたのである。師は目覚めて後、これを奇怪なることと思い、そこで岩の上に宝篋印塔を建てることによって、その夢告の異を表した。これを名づけて「感応巌」とし、文を書いて記し残した。

ある日、天下は旱魃に見舞われ、民は大いに憂いた。師はこれを憐れみ、一七日を一期として請雨法を修した。その三日目、向井林居士が山に入っているとき、清水が巌の間から溢れ出し、その勢いたるや非常な様を見た。彼はこれを怪しんで、師に報告した。すると師は、「私は、人々の為に雨請いを行じているが、その徴兆であろうか」と言われた。すると突如として四つの黑雲が湧き起こって、恵みの雨が大いに降って遠きも近きも潤い満たし、人々は心から喜んだ。居士が帰ろうとする頃、河の水が大いに満ちて渡ることが出来なくなっていた。そこで(居士は)信宿〈二晩泊まること〉して後に帰っていった。

承応二年〈1653〉、虚空蔵求聞持法を修す。ある夜、瑞光が室内に現れ、虚空蔵菩薩の身がその光の中に顕れたのを見る。その喜びは言い尽くせぬほどのものであった。およそ虚空蔵菩薩法を修すること前後九度にわたる。

師の道力が現じ、神異なる様々な事象があったのは一度や二度ではなかった。しかし、師は終生、決してそれを人に語らなかった。ただ手ずからその出来事を筆記し、いくつかの函の奥底に仕舞い込まれていた。師が入寂された後ではじめてその存在が知られたのである。その分量はおよそ一巻であった。今、姑〈慧堅〉がその中の一、二を取って記したのみである。他の全ては書き記さなかった。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

4.語注

  • 東陽山嚴松律院[とうようざんごんしょうりついん]…山城国宇治田原(現:京都府綴喜郡宇治田原町)の大峰山系山腹にある寺院。聖徳太子創建との寺伝があるが、太子創建とされる四十六伽藍の伝説にもその名は無い。近世は槇尾山平等心王院の配下にあった。→本文に戻る
  • 寶篋印塔[ほうきょういんとう]…特徴的な形状をもつ宝筐院陀羅尼を納めるための仏塔。→本文に戻る
  • 信宿[しんしゅく]…同じ所で二晩泊まること。→本文に戻る
  • 虛空藏求聞持法[こくうぞうぐもんじほう]…善無畏三蔵訳の『虚空藏菩薩能滿諸願最勝心陀羅尼求聞持法』の所説に基づき、一定の次第に従って虚空蔵菩薩の真言を百万遍念誦する、密教の修法。
     空海が奈良の大学を中退して後、唐に渡る直前に出家する以前、山林修行者としてある若かりし頃に修していたことがよく知られている。栄西もその若き頃に修していたとの記録もあるように、過去には多くの密教僧らがごく当たり前に修めていた修法であった。→本文に戻る
  • 畢生、絶て人に語らず…仏教僧は、修禅中などで経験した何事か奇瑞や尋常ならざる現象を、決して俗人に語ってはならない。あるいは、自身がたとい禅定など深い三昧を得たり、あるいは何事か悉地を得たとしても、それを俗人に対して絶対に語ってはならない。もしそれが虚偽であった場合、波羅夷罪となって即刻、僧伽から永久追放され二度と僧となることはできない。
     人によっては、たといそれが出家の弟子であっても、秘して語らないこともある。それが不可思議なものであればあるほど誤解を生じやすいことであり、行中に経験した内容はほとんどの場合、他に語る必要など無いことであるためである。それは自身が自身の行において完結する、それぞれの身をもって経験すべき事柄でもある。慈忍律師はまさにそうした人であったのであろう。
     特に受戒のために何事か懴悔法を行い、好相を得たとしても、その内容は誰であれ他者に秘して決して語ってはならないものとされる。その内容はしかし、語りはしないけれども紙に書き留めて畳み、紙縒で封印して生涯持つべきものとされる。
     過去の多くの大徳らに数々の奇瑞があったことを伝える書など伝承されている。が、そのほとんどは本人が最初から周囲に吹聴して伝えられたものではなく、弟子らがその没後に記し伝えたものである。
     現代においても修禅を行う者の中には、その修禅中において経験した不思議な出来事を周りに得々として吹聴する軽薄な者が多くある。しかし、そのように自ら吹聴して回る輩には決して近づかず、その言をまともに捉えぬのが良いであろう。→本文に戻る

現代語訳 脚注:非人沙門覺應
horakuji@gmail.com

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。