真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 戒山『青龍山野中寺慈忍猛律師伝』

解題 ・ 凡例 | 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

明年春至槇阜。師欲結界巖松。已有年矣。以有緣礙不能如願。因又集衆告以其事。時衆中猶有沮之者。師卽還巖松。顧謂徒曰。我初興茲寺。未始爲已。片瓦一木。悉屬之四方僧者。欲他時結界弘通正法也。而今不能遂所志。我奚爲而復居之哉。遂率諸徒。徑届野中。出山之時。白衣弟子塡門遮道。眷眷不能捨。以至于殞涕者有之。師慰喩曰。汝等竭誠歸三寶。則如常逢我。無有異也。遂行。時野中艸堂數椽僅蔽風雨。而朝粥午齋或不能繼。師安然處之。若享萬鐘之祿者。殺衣黜食爲修建之計。未幾瑠璃光殿及棲僧之舎成。師常以毘尼演導。而傾嚮者日多。有踰巖松時。十三年秋八月十有二日。受請結界洛西太秦桂宮院。十五日行四分衆法布薩。四來隨喜者。歡聲載道。至無所容。師爲授三歸依戒。蓋明忍律師之後久。結界秉法不行者。故四方見聞咸生希有之心。既而還野中。行道之假爲衆講訓。未嘗倦也。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2.書き下し文

明年春、槇阜に至る。師、巖松を結界1せんと欲して、已に年有り。緣礙有るを以て、願ひの如くすること能はず。因て又、衆を集めて告るに其の事を以てす。時に衆中、猶ほ之に沮する者有り2。師、卽ち巖松に還て、顧して徒に謂て曰く、我、初め茲の寺を興して、未だ始めより已の爲とせず。片瓦一木、悉く之れ四方僧3に屬すものなり。他時の結界、正法を弘通せんと欲するものなり。而るに今、志す所遂げること能はず。我奚ぞ爲にして復た之に居するや。遂に諸徒を率ひて、徑を野中に届けんとす。

出山の時、白衣の弟子、門を塡ぎ道を遮す。眷眷として捨すること能はず、以て殞涕の者之れ有るに至る。師、慰喩して曰く、汝等、誠を竭して三寶に歸すれば、則ち常に我に逢ふが如くして、異り有ること無しと。遂に行く。

時に野中の艸堂、數椽僅にして風雨を蔽ふ。而も朝粥・午齋、或は繼ぐこと能はず。師、安然として之に處すこと、萬鐘の祿を享ける者の若し。衣を殺ぎ食を黜けて修建の計と爲す。未だ幾ならずして瑠璃光殿及び棲僧の舎成る。師、常に毘尼を以て演導して、傾嚮の者日に多く、巖松の時を踰て有り。

十三年秋八月十有二日、請を受けて洛西太秦桂宮院4を結界す。

十五日、四分衆法布薩5を行ず。四來の隨喜者、歡聲道に載せ、容れる所無きに至る。師、爲に三歸依戒を授く。蓋し明忍律師6の後、結界秉法行ぜざること久し7。故に四方の見聞は咸、希有の心を生ず。既にして野中に還る。

行道の假、衆の爲に講訓すること、未だ嘗て倦まず。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3.現代語訳

明年〈1670〉春、槇尾山に出向いた。師は巌松院を結界することを望んでから、すでに幾年月を経ていた。しかし、障礙となる事情があったことから、その願いを叶えられずにいたのである。そこでまた、(槇尾山の)衆僧を集めて、その希望を告げたのである。しかしその時、衆僧の中には、なおそれを阻もうとする者があった。そこで師は巖松院に帰り、ある思いを以て衆徒に言われた。「私はこの寺を復興したその最初から、何一つ己の利益の為としたことはない。(この寺にある)瓦一枚、板一枚といえどもすべて四方僧伽に属するものである。将来、ここを結界して僧坊とすることも、正法を弘通しようと思ってのことである。しかるに今、その志を遂げることは出来なくなった。私はどうしてその志の為にこれ以上この寺に居続ける必要などあろうか」と。ついに師は諸弟子を率いて、野中寺に移ることとなった。

寺を出る時、白衣〈在家〉の弟子達は門を塞ぎ、道を遮った。そして、ひたすら師等を押し留めてきたため、これを捨て置くわけにもいかず、悲しみのあまり慟哭する者すら出てきた。師はそんな彼らを「あなた達が、誠を尽くして三宝に帰依したならば、それが則ち常に私と逢っているようなものであって、何も変わりはしないのです」と慰められ、ついに出発したのである。

当時、野中寺の草堂は垂木の数も僅かな、極めて粗末なもので、風雨をようやく防げる程度のものであった。しかも朝粥や午斎など、ともすると用立てることすら出来なかった。しかし師は安然として、そんな貧しさの中で暮らす様は、万鐘の祿を受けている者かのようであった。衣を粗末にして食を節し、寺を整備するための計画を進めていった。そしてそれほど時日を経ぬうちに瑠璃光殿および僧寮が完成した。師が常に毘尼〈律〉を以て衆僧・信徒らを教導しているうちに、賛同者・同調者らが日々次第に多くなり、巌松院に居していた時以上のものとなっていった。

十三年〈1673〉秋八月十有二日、要請を受けて洛西太秦の桂宮院を結界した。

十五日には四分衆法布薩を行う。四方から集まった随喜者は、その評判が弘く伝わっていたため、収容する場所すら無いほど多いものであった。師はそこで、彼らの為に三帰依戒を授けた。思うに、明忍律師の後、結界の秉法〈羯磨〉が行われなくなって久しかった。その故に四方でこれが行われることを見聞きした者等は皆、希有の心を生じたのであろう。師はこれを終えて野中寺に還った。

(師は)行道の暇を見つけては衆僧の為に講義・訓誡し、これを休止されることなどなかった。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

4.語注

  • 結界[けっかい]…比丘が律の規定に従って生活するには、諸々の界すなわち一定の範囲を設定しなければならないが、その範囲を決定することを結界という。その決定は、必ず四人以上の比丘で、その所の比丘全ての者が集まっていることを確認したうえで、その提議をした上で議決をしなければならない。その提議を白[びゃく]といい、それについて反対意見のないことの確認(議決)を羯磨[こんま]という。もし、この白に対して異議ある者が一人でもあった場合、その白は否決される。僧伽の運営は「原則として」多数決ではなく、全会一致でなされるのである。
     界には自然界と作法界に大別され、それぞれ様々に細別されるけれども、ここにいう結界とは特に摂僧界・摂衣界・摂食界の作法界全てを結界することであろう。慈忍律師は巌松院をそのように結界して僧坊とすることを望んでいたのであろう。そのように結界を全うすることは、いわば一定の自治権を得ることを意味する。様々な律に規定される諸行事を、その人数や年数など諸条件さえ揃ってさえいれば全て自前で行うことが出来るようになるのである。→本文に戻る
  • 衆中、猶ほ之に沮する者有り…沮すとは、はばむ・さまたげるの意。槇尾山の衆僧の中に、それが具体的に誰か、何人によるものであるか不明であるが、慈忍律師が巌松院を結界することに頑なに反対する者があったことが知られる。何故か。本文に伝えられる忍律師の言から察するに、その者は忍律師が巌松院を結界して僧坊とするのは、これを私物化して槇尾山の支配から脱せんとしているのであろうと危惧したようである。
     そもそも結界とは、元来そのような本末関係を決定するものではない。しかし、当時、律院・律僧であろうとも中世以来の寺院の在り方、本末関係をそのまま引きずっていたことから、そのような発想が生まれたのであったのかもしれない。無論、忍律師からすれば、そのような発想は邪推に過ぎないものであったろう。本文に伝えられるその言葉には律師の大なる悔しさがあらわれている。
     これは単なる一私見であるけれども、明忍律師など最初に戒律復興を成し遂げられた四人は同時期に、矢継ぎ早に亡くなっており、そこに残された門弟らには以降の指針・体制についてなど充分な教育がなされていなかったのかもしれない。よって、その最初期の成員とは異なり、いたずらに保守的・閉鎖的となってしまっていた可能性がある。
     これは別問題であろうけれども、その一応の根拠として、対馬で偶然邂逅した明忍律師の勧めによって槇尾山に赴き、慧雲律師のもとで沙弥戒を受け、慶長十六年〈1611〉三月に自誓受具した堅俊良永律師のことがある。俊律師は、定めであった五夏を満たすこと無く、高野山に身を移している。その時、すでに晋海・慧雲・友尊らは皆没して無かった。槇尾山の衆徒らは、むしろこの堅俊の退衆をきっかけに閉鎖的となってその門人に対する縛りを強めていったのであろう。
     また、これは資料がまったく無い以上すべて推測に過ぎないが、槇尾山は後に江戸の三僧坊の一つに挙げられる中で、その最初を築いた最も重要なところであるのに違いはないだろうが、慈忍律師以降は特に振るわず、他の野中寺や神鳳寺に比すれば大した者が排出されることがなかったのは、槇尾山が賢俊の退衆をきっかけに過度に保守的・閉鎖的となったことが原因であったかも知れない。→本文に戻る
  • 四方僧[しほうそう]…四方僧伽。僧伽全体、すなわち世界中の仏教僧全体を指す語。仏教僧とは比丘のことであって、その人がどの宗派に属していようとも比丘であれば四方僧伽の一員であり、四方僧坊では受け入れられることが本義であり、理想とされた。なお、唐招提寺の招提とは四方僧伽を意味する胡語の音写であるといわれる。
     四方僧伽に対し、一地方など特定の界内に限定された四人以上の比丘の集いを現前僧伽という。詳しくは別項“現前僧伽と四方僧伽”を参照のこと。→本文に戻る
  • 洛西太秦桂宮院…洛中太秦寺境内にある、聖徳太子創建と伝説される小院。現在、国宝指定されている。→本文に戻る
  • 四分衆法布薩[しぶんしゅほうふさつ]…『四分律』に基づいた布薩。布薩とは、毎月新月および満月の二回必ず行じなければならない、僧伽においても最も重要な行事。ここで十五日とあるが、それは満月の日であったことを意味する。
     一般に、布薩とは「僧侶が懺悔・反省する儀式」などと説明されることがある。しかし、これは全くの誤りである。なんとなれば、布薩に参加する者の条件として、なんらか懺悔すべき罪があることを自身に認められる者は事前に懺悔して出罪しておかなければならず、もし懺悔不可能あるいは出罪に時間を要する者であれば、布薩に参加することが出来ないためである。正しく布薩とは、現前僧伽の成員全てが参加し、戒本を一人の上座比丘が読誦するのを参加者が静聴することに拠って、その僧伽が清浄であることを「確認するための行事」。そのようなことから布薩をまた説戒ともいう。すなわち、比丘らが律に基づいて清浄であることを保ち、僧伽の自浄作用を担う重要な儀式である。繰り返すけれども、布薩は「懺悔反省の儀式」ではない。なお、ここでいう清浄とは「律の規定について違反の無いこと」を意味する。また、これはあくまで僧伽の儀式であるから、僧伽の成員となっていない沙弥・式叉摩那・沙弥尼は布薩に参加することは一切出来ない。ただし、梵網布薩はこの限りではない。
     ところで、万一布薩で戒本を静聴している最中、比丘が自身に該当する罪のあることを気づいたならば、布薩が終了してからその罪に応じた懺悔を行って出罪する。布薩が進行しているならば、それを妨害してはならないのである。
     ちなみに、律における罪であるとか違反であるとかを宗教的に理解しようとするのは大なる誤解となることに注意。律はあくまで僧伽における法律である。
     現在、日本の僧職者の中には、布薩の真似事を行おうとして、比丘でもなく沙弥でもないような者らが、完全に儀礼化された所作をわけも分からずただ行い、参加者全員で『梵網経』心地戒品を斉唱しているようなのがある。その内容も意味も全く理解せず、しかも甚だ誤って行われるそれは、失笑するにも値しない空虚で無意味な儀礼に他ならない。→本文に戻る
  • 明忍律師[みょうにんりっし]…江戸期の直前、慶長年間に戒律復興を果たした四人の中の中心人物。詳しくは別項“元政 『槙尾平等心王院興律始祖明忍律師行業記』”を参照のこと。→本文に戻る
  • 結界秉法行ぜざること久し…秉法[ひょうほう/へいほう]とは、律に則って羯磨を行じること。ここでは結界するための羯磨を行うこと(結界については上述の通り)。
     この記述に拠って、明忍律師らが槇尾山平等心王院を結界して以降、その門流の誰一人によって何処にも結界がされていなかったことが知られる。明忍律師らが(宗派意識など持ち出さずして)律法の興隆を志して実際に果たされ、その門に入る者が次々現れて、忍律師のように他寺に派遣される者があった状況を思えば、これは甚だ奇妙なことである。なんとなれば、ある一定以上の規模を持つ寺院であれば、これを結界して正しく僧坊とすることで、そこの律僧らはより律に厳密に従って生活することが可能となるためである。
     ここで注目したいのは、この時、桂宮院でどの種の結界がなされたかである。そして、それが誰の要請によってなされたかである。現在残っている桂宮院の形態、そしてここで布薩が行われたとする記述からすると、おそらくはこれを戒壇として結界したのであろう。しかし、この後に桂宮院がどのように運営されたかの文書を見たことがないため、詳しくは不明である。→本文に戻る

現代語訳 脚注:非人沙門覺應
horakuji@gmail.com

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

解題 ・ 凡例 | 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。