真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 戒山 『青龍山野中寺慈忍猛律師傳』

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.訓読文

湖東安養寺後学釋慧堅 撰

律師、諱は慧猛、字は慈忍。族姓は秦氏。河の讃良郡秦邑の人にして、秦川勝大臣二十八葉の孫なり。祖の名は武國、武略を以て名を著す。父の名は宗伯。心佛門に歸す。母は濱氏。後に染薙して名を天室と曰ふ。師を娠むに方り卽ち羶葷を惡み、或は之を食すれども則ち吐く。

慶長十八年五月朔日に誕れる。幼より沈毅、端慤として屹然なること成人の如くして、兒戲に事へず。佛菩薩像を見る毎に、則ち合爪して膜拜し、香花を以て之に奉る。

方に六七歳、智常童を越す。

九歳、古詩の中に一道に達せば諸道に契ふの句を見て、心竊かに之を疑ひ、暁夕以て思ふ。一日庭中を經行して、仰ぎ虛空の博大なるを觀て、乃ち人に問て曰く、空は何從り生ずるや。人は何從り來るやと。答ふる者有ること無し。師、私に謂く、此の理は佛法に非ざれば知り難しと。遂に脱白の志有り。

十七歳、懇に出家を求むも、親鍾愛して許さず。

二十二歳、喜び聖德太子、慧慈法師に示さるの語を讀み、又講肆に遊で、普門品・明眼論等を聽く。常に出家の緣の就かざるを慨き、獨り觀音大士像の前に詣て禮拜課經し、至心に禱祈す。

寛永十五年、師二十六歳。親、其の世網の爲に覊げられざることを知り、乃ち出家を許す。師大いに喜び、輒ち眞空阿律師に依て祝髪す。

時に如周專律師、東山雲龍院に開法す。學士、之を仰ぐこと卿雲祥麟の如し。師、之に依て聽稟し、學業日進す。既にして槇阜心王律院に詣て、息慈數に墮す。

十八年春二月、懴悔法を修し、以て好相を求むる。或る夜、聖鐘鳴ること二聲、道場忽ち變じて空と成り、明きこと晝の如し。尋ねるに白煙有て現る。地を去ること一丈許り。煙の中に寶塔現ず。高さ若干、良久しくして滅す。又一夕、空中に鐘聲を聞くこと初めの如し。忽ち小竹數十竿、道場に現ず。其の葉黄金色なり。俄に淸風東より來て、竹葉風に隨て靡く。師則ち身心淸涼にして、凡世の樂、能く比べる所に非ず。自餘の好相、茲に贅せず。

三月七日、通受法に依て自誓受具す。下壇の時に方て大地震動す。一衆、之の爲に駭嘆す、蓋し其れ得戒の相なりと。

時に師、年已に二十九。爾れより一家の諸書を取て、日夜に之を研磨す。暑きこと金を爍し寒きこと膠を折ると雖も、其の恆度を易へず。是に於て持犯精詣す。

尤も弘律利生の意有り。嘗て十願を發す。其の一に曰く。我、未來際を盡すとも菩薩行を修し、一切衆生を度盡せざれば正覺を成ぜずと。其の餘の九願は此に例して知るべし。又誓して曰く、我若し所發の十願に於て退轉を生じ、又所修の萬行、己が福報と爲せば、當に阿鼻獄に入るべしと。

正保二年、十八契印を稟く。次に兩部大法を修す。入觀中に於て屢瑞異を感ず。或は壇外に紅白色花芺蕖二朶を產して、長さ三尺許りなるべし。或は前供養の閼伽水、自ら搖動して器より溢出す。或は月輪、室内に現ず。或は火焔、指端に發す。或は寶蓋、空中に現ず。又、不動護摩法を修して、字輪觀に入る時、忽ち不動明王、身を壇上に現じて、火爐を枕として臥す。又、輪壇有て現ず。壇中に火臺有り。光明煥爛にして、其の壇旋回すること數轉、久しくして後止む。師、感喜して已まず。指の血を爐中に滴して、以て本尊に供す。

又、嘗て火觀に入るに、忽ち其の身を忘れて猛火の中に在るが如し。胸中、洞然として明白、自笑自喜す。乃ち口に應じて偈を説く。至道を多年、外に向て求む。金剛寶刀、焔の中に之を得の句有り。

明年、東陽山嚴松律院に席虛く。槇阜の衆僧、師に之を繼がしむ。師、力めて辭す。衆、强て之を起ち、已むを得ずして應ず。既に入寺して説法度人し、風聲を被る所となる。遐邇翕然して心を歸す。師、所得の檀施を以て佛殿・僧寮・鐘樓・齋堂の屬を建つ。

山に巖有て高さ數丈、其の體色、殊に異し。一夕、師の夢に、不動明王之に告げて曰く、山上の巨巖乃ち我が身なりと。覺て後、之を異しむ。乃ち巖上に寶篋印塔を建て、以て之を表す。名けて感應巖と曰ひ、文を爲して以て記す。

曾て天下旱ひて、民方に以て憂と爲す。師、之を憫み、一七日を期と限て請雨法を修す。第三日に至て向井林居士、山に入るに、淸水巖間より涌出して、其の勢ひ甚だ急なるを見る。怪しみ以て師に白す。師曰く、我、民の爲に雨を請ふ。豈に其の徴ならんや。俄にして黑雲四つ興り、膏雨大澍して遠近充洽し、群民喜悦す。居士歸る比、河水大いに漲て渉ること能わず。因て信宿して後に返る。

承應二年、虛空藏求聞持法を修す。一夕、瑞光室内に現じて、虛空藏菩薩の身を光中に顯すを見る。喜躍すること無量なり。凡そ此の法を修すること前後九度。

師の道力の至る所、神異種種なること一にして足らず。而して畢生、絶て人に語らず。手ずから筆記して諸の秘篋に沈む。入寂の後に及んで始めて之を得。凡そ一巻なり。今、姑其の一二を取て之を書す。餘は盡して載せず。

明暦三年、南都西大律寺に至て、大長老高喜觀公に從て傳法灌頂を受く。公、師の道風を欽て、之に侍るを尤も善しとす。相遇する毎に玄談すること日に度る。乃ち師に付するに興正所傳の秘璽、及び松橋流の密旨を以てし、且つ弘法大師畫する所の不動明王像を授與して、傳法の信と爲す。

師、已に密學を善くし、兼ねて指を諸宗に染む。然して律を則ち尤も意を究むる所となす。篇疑聚惑、之を問ふに則ち冰泮雪消して、隠伏する所無し。故に一時、律虎多く巻を執て請益す。

師以て謂く、女人上は佛化を損じ、下は俗謠に墜つ。故に其の入寺を聽さずと。

一日、早課畢天尚ほ未だ暁ならざるに、師、繩牀に安坐する時、忽ち異女有て現前す。身長八尺許りなり。師、是れ魔女かと疑ひ、之に謂て曰く、汝何者か邪なるや。宜しく時速かに去るべし。我が心、地の如くして、轉ずべからずなりと。異女、俛して言はず。良久しくして乃ち曰く、我は是れ此の山の主神なり。和尚、此の寺を興立して、大いに律法を行ず。我、喜躍に勝へず。故に來て謝すのみと。言ひ訖て卽ち隠る。

師、又夢に一老翁有て至り、地藏像を持して以て送る。是の如くは三夜にして、甚だ之を訝しむ。因て諸徒に囑して曰く、今日、老翁有て至る。汝等預め待てと。午時、果して老翁至り、像を以て師に獻ず。宛も夢に見るが如し。一衆、驚嘆する間に、俄に翁所在を失ふと云ふ。

巖松に距つこと一拘盧舎、古寺有て禪定と曰ふ。乃ち平崇上人創建の所なり。邨民、師の德化を尊び、獻じて以て駐錫の所と爲す。師、乃ち蕪を芟り薉を剔て、一廬を締構す。一日、寺の西若干歩を指して曰く、此の地、想ふに是れ開山靈骨を藏するの所なり。鑿すること三尺餘、一つの壺を得て啓ひて之を視るに、果して遺骨有り。衆咸以て異しと爲す。師因んで白塔を其の所に建つ。

寛文二年秋九月、巖松に於て灌頂を行ず。

九年春二月、政賢英公、特に來て師に謁し、稽首して謂て曰く。河の野中寺は、乃ち上宮帝子手創の四十六伽藍の一なり。然るに屢廢の餘に當り、鞠して荆棘の場と爲る。願くは師、梵刹を修建して、以て大法を弘めんことを。師曰く、吾れ雅に太子の遺蹟を慕ふ。何の爲にか志に從はざらんや。遂に錫を降て至り、故址に就て梵宇一區を建つ。

是の歳六月、靈芝四十餘莖の庭際に産する有り。師見て大いに喜び、以て向後の律法隆盛の兆と爲すなり。

明年春、槇阜に至る。師、巖松を結界せんと欲して、已に年有り。緣礙有るを以て、願ひの如くすること能はず。因て又、衆を集めて告るに其の事を以てす。時に衆中、猶ほ之に沮する者有り。師、卽ち巖松に還て、顧して徒に謂て曰く、我、初め茲の寺を興して、未だ始めより已の爲とせず。片瓦一木、悉く之れ四方僧に屬すものなり。他時の結界、正法を弘通せんと欲するものなり。而るに今、志す所遂げること能はず。我奚ぞ爲にして復た之に居するや。遂に諸徒を率ひて、徑を野中に届けんとす。

出山の時、白衣の弟子、門を塡ぎ道を遮す。眷眷として捨すること能はず、以て殞涕の者之れ有るに至る。師、慰喩して曰く、汝等、誠を竭して三寶に歸すれば、則ち常に我に逢ふが如くして、異り有ること無しと。遂に行く。

時に野中の艸堂、數椽僅にして風雨を蔽ふ。而も朝粥・午齋、或は繼ぐこと能はず。師、安然として之に處すこと、萬鐘の祿を享ける者の若し。衣を殺ぎ食を黜けて修建の計と爲す。未だ幾ならずして瑠璃光殿及び棲僧の舎成る。師、常に毘尼を以て演導して、傾嚮の者日に多く、巖松の時を踰て有り。

十三年秋八月十有二日、請を受けて洛西太秦桂宮院を結界す。

十五日、四分衆法布薩を行ず。四來の隨喜者、歡聲道に載せ、容れる所無きに至る。師、爲に三歸依戒を授く。蓋し明忍律師の後、結界秉法行ぜざること久し。故に四方の見聞は咸、希有の心を生ず。既にして野中に還る。行道の假、衆の爲に講訓すること、未だ嘗て倦まず。

延寶三年正月、微かに疾を示す。

三月初に至て緇白の問候の者相ひ繼ぐ。師、病革まると雖も、應へて接すること常の如し。諸子、晝夜に陪侍す。師、命じて彌陀像を設けて、入觀念佛すること輟まず。病の間、則ち諄諄と門人に囑するも、皆宗門の事にして、未だ始めて其の私に及ばず。

十五日、布薩を作すに、予に命じて代りに戒本を誦さしめ、且つ曰く、今生の布薩、只だ今日にして已む。翼日、諸門人を召し謂て曰く、吾が沒後、汝等當に恪んで吾が平日の所訓を守り、律法永く振るわしむべしと。乃ち手ずから遺誡數則を書く。又、上座慈門光公に命じて席を繼がしめ、幷して密璽を以て之に付す。

十九日、書を爲して檀越に遺り、囑して外護せしむ。時至て佛像に向ひ、頭北面西して怡然として化す。

實延寶乙卯三月二十一日戌時なり。報齡享くこと六十有二。法臘三十。又、三黑白の衆、皆哀慟して勝へること能わず。

二十三日、諸徒、全身を奉て寺の西北の隅に葬る。塔は常寂と曰ふ。分物法を行ずるに及び、衆の皆、漣然泣下して、仰視するに忍びず。

七七日の内、廣く佛事を作して、以て慈蔭に報ふ。

師、戒範堅潔にして、行門高邁。生平、宗敎を以て己が任と爲す。凡そ涖止する所、大小の部文を講演し以て其の徒を繩す。絲緜絹帛靴履裘毳等、物を害するは皆、慈しみ傷むを以て、身を終して受用せず。又、門人を誡めて堅く之を禁約す。

嗣法の門人、慈門光等一十餘人。鬀度の弟子、及び三歸五八戒を受る者は以て數計すべからず。著述に三聚戒釋要・六物圖略釋・教誡律儀鈔等、若干巻有り。

師示滅の後、篤信の士、其の遺德を欽んで、野中に就て鐘樓・經藏及び門廡等を造し、鬱して一方精藍と爲す。

一衆、師の在りし日、將に結界せんとするも未だ就かざるを以て、乃ち相與に勉めて先志を卒ふ。是に於て門風、益ヽ振るひ、而して子孫、亦繁興す。

贊に曰く、師の氣、正にして和。色、莊にして恕なり。護鵝の行を守り、結艸の心を持す。生平、斯の道を毘贊すること、一息も敢へて忘ること無し。老六旬を垂ると雖も、律藏諸文、未だ嘗て手ずから釋せず、其の機に應じて説法するなり。權實に融通して一隅に滯らず、衆を牧すること幾三十年。道、古人に愧じずに足る。嗚呼、師の德の大なること、豈に區區なる小子の褒贊せる所ならんや。予、左右に侍ること最も久し。其の訓誨の恩、何ぞ天蓋地擎に異ならんや。昔人に言ふ有り、前輩の言行、傳記に見へざれば、後世の學者、矜式する所無し。蓋し當に時の門人弟子の罪なるべし。既に是の編有るも、又遺すに忍ばず。之を言ふに潸然とす。

( 『律苑僧宝伝』巻十五)

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

訓読文を表示
解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。