真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 空海 『承和遺誡』(1)

2ページ中1を表示
解題 ・凡例 |  1 |  2 |  原文 | 訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

『遺戒』

語諸金剛弟子等。夫剃頭染衣之類我大師薄伽梵子也。呼儈伽。

儈伽梵名。翻云一味和合。等意上下無諍論長幼次第。如乳水之無別護持佛法。如鴻鴈之有序利益群生。

若能護己卽名是佛弟子。若違斯義卽名魔黨。佛弟子卽是我弟子也。我弟子卽是佛弟子也。魔黨卽非吾弟子。吾弟子則非魔弟子。非吾及佛弟子。所謂旃陀羅惡人。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2.訓読文

『遺誡』

諸[もろもろ]の金剛弟子*1 等に語[つ]ぐ。それ頭を剃り衣を染めるの類は、我が大師薄伽梵[ばがぼん]*2 の子なり。僧伽[そうぎゃ]*3 と呼ぶ。

僧伽といっぱ梵名*4 なり。翻じて一味和合と云ふ。意を等しくして上下諍論なく、長幼次第あり。乳水の別無きが如くして、仏法を護持し、鴻雁[こうがん]の序をあるが如くして、群生[ぐんじょう]を利益[りやく]す。

もし能く己れを護るを、即ち是を仏弟子と名く。もしこの義に違うをば、魔党と名く。仏弟子は即ち是れ我が弟子なり。我が弟子は即ち是れ仏弟子なり。魔党は即ち吾が弟子に非ず。吾が弟子は則ち魔の弟子に非ず。我れ及び仏の弟子に非ざるは、いわゆる旃陀羅悪人[せんだらあくにん]*5 なり。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3.現代語訳

『遺誡』

もろもろの(出家の)密教修行者などに告ぐ。そもそも頭髪を剃り、袈裟を着ける者達は、我が偉大なる師たる仏陀の子である。(このような者達の集いを)サンガと言う。

サンガとはサンスクリットである。(漢語に)翻訳すると「一味和合」という。(サンガとは、)心を一つにして(出自の違いなどによる身分の)上下の争論などなく、(出家して具足戒を受けてからの年数における)年長と年少との順序があり、(混ぜられた)牛乳と水とが分離しないように、仏陀の教えをよく伝えて実践し、鴻[おおとり]や雁[がん]の群れが整然としているようにして、生きとし生けるものの助けとなるものだ。

もし、よく(戒律をまもり)自己を制御して悪をなさないよう努めたならば、すなわちこれを仏弟子と名づける。もし特にこの定義に反していれば、(ことさらに戒律を守らず自己を制御しない者を、)「魔党」と名づける。仏弟子とはとりもなおさず私(空海)の弟子である。私の弟子はすなわち仏弟子である。魔党など私の弟子ではない。私の弟子は魔の弟子などではない。私および仏陀の弟子でない(にもかかわらず空海の弟子・仏弟子を語る)者は、「旃陀羅悪人[せんだらあくにん]」(行いの卑しい、救いがたい悪人)である。

現代語訳:沙門 覺應

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

4.語注

  • 金剛弟子[こんごうでし]…密教修行者。ここでは特に出家修行者を言っているであろう。→本文に戻る
  • 薄伽梵[ばがぼん]…サンスクリットBhagavat[バガヴァト]の音写語。世尊[せそん]と漢訳される。仏陀を指す言葉。続いてサンガの説明を行っていることから、これは釈尊を言っているであろう。特にこれを大日如来を指している、などと解釈する必要はまったくない。→本文に戻る
  • 僧伽[そうぎゃ]…サンスクリットsaṃgha[サンガ]あるいはパーリ語saṇgha[サンガ]の音写語。原意は「集まり」であるが、仏教では特に「(四人以上で成立・構成される)出家修行者集団」つまり僧団を意味する。この構成員つまり比丘もしくは比丘尼になるためには、具足戒と一般に言われる律を受け、遵守しなければならない。これに例外は無い。
    ここで空海も説明しているように、 サンガにおいては、その人の出家以前の貴賤など身分は一切適用されない。ただ具足戒を受けてからの年数によってのみ、その人の席次が決定される。また、サンガで無暗に論争する事などは許されない。もし容易に収拾出来ない論争が起こった場合、律の規定に従って合議制で処理される。サンガにその運営を一手にする長、絶対的権力を持つリーダーなどは存在しない。すべては仏説仏制として伝えられている律の規定によってのみ運営される。
    と、いっても、これはインドでの話であって日本での事情は少々異なる。日本で初めて仏教が伝わり、行われ出したのは一般に西暦523年とされるが、それは戒律の伝統抜きのことであった。しばらくは、形ばかりの僧侶だけが増産され、彼等によって殺人や脱税など、様々な「事件」が起こった。僧侶のあるべきようを知る者がほとんどなかったのである。国家はこれに危機を感じ、戒律の伝来を要請することになる。
    正しく戒律の伝統が伝わったのは、西暦753年。鑑真大和尚の渡来によってであった。これに併行して、国家はこれ以上非法の僧侶が現れ、増える事を警戒。律令制によって僧団を統制するべく、「僧綱[そうごう]」という、仏教の管理機構を造っていた。具体的には「僧尼令」などによって、国家がサンガを管理したのである。僧侶になるにも、受戒をするのにも、国の許可が必要であった。もっとも、サンガの運営や僧侶の行動規定は、やはり律蔵『四分律』を基本としていた。そして、厳密に直接国家が管理していたというのではなく、「僧綱」という僧侶による管理機構に、その管理を任せていた。→本文に戻る
  • 梵名[ぼんみょう]…サンスクリットでの呼称、の意。サンスクリットとは、「正しく造られた(言葉)」の意。インド古来の聖なる言語とされ、北インド・支那・チベットなどでは、釈尊が使用していた言語であると伝承されてきた。→本文に戻る
  • 旃陀羅悪人[せんだらあくにん]…旃陀羅は、サンスクリットcaṇdāla[チャンダーラ]の音写語。インドの四姓制度(カースト制)で、生まれながらに最低級の賤民と位置づけられた人々を指す。屠殺業や狩猟など、インド社会において賤しいとされる職業に従事していたという。インドから遠く離れた日本であっても、仏典に多く記載があるから、実情はいかなるものか無論知らなくとも、文字上の知識として当時の僧侶等もこれを知っていたであろう。
    さて、ここで空海は、その様な「生まれながらの賤民」などと言った意味では用いていないであろう。つづけて悪人の語を付し、「(なすべきことをなさず、してはならぬことをなす)行いの賤しい、救いがたい悪人」というほどの意味で使っていると思われる。なんとなれば、まず日本にカースト制などというものは無いからである。平安期当時、卑賤とされる人々は確かに居たであろう。が、生まれながらで決して逃れられない卑賤階級などといったものが制度化し、決定的となったのは江戸期以降である。
    しばしば、空海が「旃陀羅悪人」という言葉をその著で使用している点を、「空海はけしからん差別主義者であった」などと、人権という現代的概念でもって断じ、非難する左巻きの輩があるが、まったく的はずれである。→本文に戻る

語注:沙門 覺應

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2ページ中1を表示
解題 ・凡例 |  1 |  2 |  原文 | 訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。