真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 空海 『承和遺誡』(訓読文)

2ページ中訓読文を表示
解題 ・凡例 |  1 |  2 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.訓読文

『遺戒』

諸[もろもろ]の金剛弟子等に語[つ]ぐ。それ頭を剃り衣を染めるの類は、我が大師薄伽梵[ばがぼん]の子なり。僧伽[そうぎゃ]と呼ぶ。

僧伽といっぱ梵名[ぼんみょう]なり。翻じて一味和合と云ふ。意[こころ]を等しくして上下諍論なく、長幼次第あり。乳水の別無きが如くして、仏法を護持し、鴻雁[こうがん]の序をあるが如くして、群生[ぐんじょう]を利益[りやく]す。

もしこの義に違うをば魔党と名づく。仏弟子は即ち是れ我が弟子なり。我が弟子は即ち是れ仏弟子なり。魔党は即ち吾が弟子に非ず。吾が弟子は則ち魔の弟子に非ず。我れ及び仏の弟子に非ざるは、いわゆる旃陀羅悪人[せんだらあくにん]なり。

旃陀羅悪人は則ち仏法国家の大賊なり。大賊は則ち現世には自他の利無く、後生には即ち無間[むけん]の獄に入らん。無間重罪の人は、諸仏の大慈も覆蔭すること能はあざる所。菩薩の大悲も救護すること能わざる所なり。何に況[いはん]や諸天善神誰人か存念せん。宜しく汝等二三子、熟[つらつら]出家の本意を顧み、ただ入道の源由を尋ぬべし。

長兄は寛仁[かんじん]を以て衆を調へ、幼弟は恭順を以て道を問へ。賤貴を謂うことを得ず。一鉢単衣[いっぱつたんね]にして煩擾[ぼんじょう]を除き、三時に上堂して本尊の三昧を観じ、五相入観して無上悉地を証すべし。五濁[ごじょく]の澆風[ぎょうふう]を変じて、三学の雅訓を勤め、四恩の広徳を酬[むく]ひて、三宝の妙道を興せ。

此れ吾が願なり。自外の訓誡は一[もっぱ]ら顕密二教の如し。違越[いおつ]すること莫[なか]れ。もし故[ことさ]らに違越せば五大忿怒十六金剛、法に依って検殛[けんごく]せん。善心の長者等、内外[ないげ]の法律に依って治擯[ぢひん]せよ。一を以て十を知れ、煩[わずらわし]く多言せず。

承和元年五月二十八日

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2ページ中訓読文を表示
解題 ・凡例 |  1 |  2 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。