真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 空海 『弘仁遺誡』(訓読文)

3ページ中訓読文を表示
解題 ・凡例 |  1 |  2 |  3 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.訓読文

『遺戒』

真言家末葉[まつよう]の弟子等、宿業の故に、甚だもって愚迷なり。須く文に就いて用意すべし。仍ってこの文をもって、常に座右に置いて心驚の縁となせ。

諸の弟子等に語[つ]ぐ。凡そ出家修道は、もと仏果を期[ご]す。更に輪王梵釈の家を要めず。豈況んや、人間少少の果報をや。発心して遠渉せんには、足にあらざれば能はず。仏道に趣向せんには、戒にあらざれば寧[いずく]んぞ至らんや。必ず須く顕密の二戒堅固に受持して、清浄[しょうじょう]にして犯[ぼん]なかるべし。

いはゆる顕戒とは、三帰・八戒・五戒及び声聞・菩薩等の戒なり。四衆に各[おのおの]本戒あり。密戒とはいはゆる三摩耶戒[さんまやかい]なり。または仏戒と名づけ、または発菩提心戒と名づけ、または無為戒と名づくる等なり。

かくの如くの諸戒は十善を本となす。いはゆる十善とは、身三語四意三なり。末を摂して本に帰すれば、一心を本となす。一心の性は、仏と異なることなし。我心と衆生心と仏心との三、差別[しゃべつ]なし。この心に住すれば、すなはちこれ仏道を修す。この宝乗に乗ずれば、直ちに道場に至る。

もし上上智観なれば即身成仏の径路なり。上智観はすなはち三大に果を証す。中智観は縁覚乗、下智観は声聞乗[しょうもんじょう]なり。

かくの如くの諸戒、具足せざれば慧眼闇冥なり。この意を知って眼命を護るが如くすべし。寧ろ身命[しんみょう]を棄[す]つるとも、この戒、犯ずることなかれ。もし故に犯ずる者は、仏弟子にあらず、金剛子にあらず、蓮華子にあらず、菩薩子にあらず、我もまた彼が師にあらず、かの泥団折木に何ぞ異ならん。

師資の道は父子[ふし]よりも相親し。父子は骨肉相親しといへども、ただこれ一生の愛にして生死の縛なり。師資の愛は法の義をもって相親しみ、世間出世間に苦を抜き楽を与ふ。何ぞよく比況せん。所以[ゆえ]に慇懃[いんぎん]に提撕[ていぜい]して、これを迷衢[めいく]に示す。

もし我が誠に随はば、すなはちこれ三世の仏戒に随順するなり。これすなわち仏説なり。これ我が言にあらず。もろもろの近円[ごんねん]・求寂[ぐじゃく]・近事[ごんじ]・童子等、これ等の戒を奉行して、精しく本尊の三摩地[さんまぢ]を修し、速やかに三妄執を超えて、疾[と]く三菩提を証し、二利を円満し、四恩を抜済すべし。いはゆる冒地薩埵[ぼうぢさった]、豈異人ならんや。

我が教誡に違ふは、すなはち諸仏の教に違ふなり。これを一闡提[いっせんだい]と名づく。長く苦海に沈みて、何れの時にか脱るることを得ん。我もまた永く共に住して語[い]はず。

往き去れ、住することなかれ。往き去れ、住することなかれ。

弘仁四年仲夏月晦日

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3ページ中訓読文を表示
解題 ・凡例 |  1 |  2 |  3 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。