真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 元政 『槙尾平等心王院興律始祖明忍律師行業記』

訓読文を表示
解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.訓読文

律師諱は明忍、初て以白と名く。字は俊正、族は中原氏、權大外記康綱九世の孫、少内記康雄が次子なり。小の字は久松、俗の諱は賢好。天正四年丙子の歳を以て、洛城に誕る。

七歳に甫んで高雄の僧正晋海に隨て學ぶ。聰悟人に過ぎ絶れたり。十一歳春三月、初て冠して少内記に任す。家兄有りと雖も其の才若かず。故を以て家業を嗣ぐ。

殿上の聯句に毎に執筆を命ぜらる。頗る字を問はず。能く聚分韻咯を諳んず。業林の宿學、皆な嘆服して曰く、謂はざりき、當今此の神童有んとは。官事の暇、勤て家業を脩す。其の舊記を取て闕たるを補ひ、廃たるを繼ぐ。自ら數十巻を錄す。

十六歳にして少外記右少史の兩職に任ず。而て此の遇を受くと雖へども榮とせず。之れ唯だ昔し聞く所の海師の慈訓、心に在て忘るること無し。常に世相を猒て思を雲山に寄す。時ゝ高雄の峰に攀て躊躇して帰ることを忘る。

慶長四年、律師二十四歳、遂に高雄に投じて剃落す。即ち海師を以て阿闍梨と為して、瑜伽の密行を稟く。

明年十一月十五日、十八道を開いて四度加行を修す。律師嘗て律幢の久く傾けることを嘆ず。乃ち南京に往て古聖の遺教を尋ね、專ら抽繹を事とす。

時に沙門慧雲と云ふ人有り。本法花宗の徒なり。妙年にして自ら出家し、道行堅高にして慧解秀徹なり。人或は観行即の慧雲と稱す。常に僧徒の邪命說法を慨して以謂く、持戒に非ば出家に非ず。出家に非んば、豈に能く檀信を受んや。乃ち迹を丹波の山中に晦まして、炭を焼き蒲を編んで自ら活すること年有り。

一日霊蹟を訪って南都に遊ぶ。律師と解后して互に素志を述ぶ。宛か宿契の如し。二人手を摻って涕を流がして感喜す。偕に西大寺に入て同く受戒す。寺に友尊と云ふ人有り。素とより戒律を信ず。是に於て志を齋して共に律藏を探る。西大寺は所謂る興正菩薩弘法の地なり。

一たび廃しての後、久く振はず。軌則有りと雖へども、隨行全く缺けたり。然れども尚を、多聞の老學有て能く持犯開遮を說く。律師之を幸として慧雲友尊と相共に隨て學ぶ。晴に明に遇へるが如し。宿滞氷の如に釋く。

慶長七年、律師二十七歳、梅尾に於て好相を祈り、雲尊二人と共に自誓受戒す。專ら止作隨行を勵す。意ろ嘉禎の蹤を追て再び律幢の倒れたることを興んと欲す。

慶長九年二月十一日、律師慧雲共に行事鈔を講ず。十二年二十日に至りて一遍を竟ふ。其の餘の律部及び後二の戒學、研究せずと云ふこと無し。槇尾の平等心王院は弘法大師の神足智泉の闕く所なり。建治帝の時、泉州槙尾山自證上人、復た其の基ヰを興す。爾の後、又湮没して莾蒼に属すること久し。

晋海僧正、律師の如法奉戒を隨喜して、乃ち重て槙尾を開き、東照神君嘗て賜ふ所の寺田如千を分ち附して、並に律師及び二師を請じて住せしむ。西大寺の沙門高珍、毘尼の學に精なり。律師之を招て大に講律を開く。律師常に謂く、吾れ巳でに通受自誓の願を遂ぐ。未だ別受相承の望みを果さず。是に於て踰海の志を跂つ。

慶長十一年、律師年し方さに三十一。乃ち新學の徒を以て二師に属し、已に槙尾を出づ。六物の外、身に隨ふる具無し。時に沙彌有て曰く、師異域に臨む、何ぞ字書の類を携へざるや。律師咥然として笑ふのみ。

既にして對馬に至る。偶ゝ震旦の佛法、大に衰たることを聞て、未だ纜を觧くに及ばず。此に因て書を雲公に贈て告て曰く、異朝の佛法、欣慕するに足らず。只だ須く一衆和合して夏満の日を以て共に別受を行ずべしと。

律師、馬島に寓すること數年。環堵の室、風日を蔽はず。常に乞食を行じて資用充たず。經論の要文、悉く古紙に書す。書牘と雖へども亦た多くは然かり。嘗て梵網經を闇書す。其の後に記して云く、且つ廃忘に備んが為に、麁紙に艸書す。敢て佛語を軽慢せず。

會ゝ母の書、洛より至る。律師便ち殷勤に捧載して山下の小流に投ず。終に啟き視ず。人、其の意を知ること莫し。初め律師唐に入んと欲る時、同志の者の多し。已に發する日に至て唯だ道依一人のみ。

律師馬島に在て痾を抱くこと日久し。

慶長十五年の夏、病已に革かなり。六月五日、手筆を染て書を高雄の僧正に遣り、其の深恩を謝す。時を歴て苦むこと甚し。即ち短杖を執て席を叩て佛號を唱へ、安養に生ぜんことを願ふ。即時に紫雲靉靆し、寶華亂墜す。律師親ら書して曰く、此の苦みは須臾の事、此の清涼の雲中に彼の聖衆に交らば、幾許くの快楽ぞや。其の詞、倭字を用ゆ。此こに備さにせず。

六月七日帰寂す。其の年三十有五。

葬事已に畢て道依盡く律師所有の軽重物を肩にして来り帰る。一衆痛絶して恃怙を喪するが如し。

僧正、書を得て悲歎に勝へず。自ら和歌を作て追慕す。

律師嘗て自誓血脉の圖を製す。興正の下に讃辭を系けて曰く、三聚を并呑し、戒身を長養す。法を耀かし、生を利す。千古未だ聞かず。

一日省我比丘、律師の行状を懐にし来て、余が筆削を乞ふ。余、浅方を顧みざるには非ず。但だ舊知の故を以て、敢て辭譲せず。状に信せて纂輯す。言、朴質なりと雖へども、庶くは律師の事實を失はざらんことを。

夫れ末法の出家、尚を三衣の名を知らざる者の多し。律師、是の時に當りて狂瀾を既に倒れたるに廻さんと欲す。又雲尊二師を得て遂に其の家を世す。今の律を言ふ者の槙尾を指して中興と為す。

嗚乎、法滅の日に於て再び比丘の儀相を見る者の、豈に律師の績に非ずや。吾れ憾むらくは文獻足らず、律師の聲徳を述ぶるに堪へざることを。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

訓読文を表示
解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。