真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 月潭『槇尾山平等心王院故弘律始祖明忍和尚行業曲記』

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

律師法諱明忍初名以白俊正其字也產于平安城中原氏世爲宦族師乃權大外記康綱九葉之孫也父諱康雄仕爲少内記母某氏有淑德師生而穎異處羣童中屹然如稺松超乎蒹葭不與之齊甫七齡父喜其聰慧命從高雄山晉海僧正俾習讀内外典伊吾上口不煩師授十一歳父喚囘家春三月擇吉初冠任少内記家兄某才藝劣于師故讓爲世適師諳韻書善楷字以故每値禁筵聯句會必命師執筆揮灑敏捷四座驚嘆故有神童之譽十六歳擢補少外記右少史兩職畱心于纘承家學宦暇則補書舊記積成數十巻聲名藉藉起縉紳間一日喟然嘆曰此身不實猶如芭蕉穹官峻爵亦奚足羨乎縦令才如卜商亦不過爲地下修文郎不若學浮屠法永期出離焉自是㴱厭世相齷齪時時登躡高雄問法於海公公乃密門巨擘德行高峻公憫其有志于空門敎誨㒺倦至

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2.書き下し文

律師法諱1は明忍、初の名は以白。俊正は其2なり。平安城の中原氏3に產す。世宦族たり。師は乃ち權大外記4康綱5が九葉の孫なり。父の諱は康雄、仕へて少内記6となる。母は某氏、淑德有り。師生れて穎異、羣童の中に處して屹然たること、稺松の蒹葭に超へて之と齊からざるが如し。

七齡に甫んで父其の聰慧なることを喜んで、命じて高雄山の晉海僧正7に從って内外の典を習讀せ俾む。伊吾8口に上て師授を煩はさず。

十一歳、父喚で家に囘らしむ。春三月、吉を擇んで初冠9して少内記に任せらる。家兄某、才藝師に劣れり。故に讓って世適となす。

師、韻書10を諳じ楷字を善くす。以故に禁筵聯句會11に値ふ每とには必ず師に命じて執筆たらしむ。揮灑敏捷にして四座驚嘆す。故に神童の譽れ有り。

十六歳、擢でて少外記右少史の兩職に補せらる。心を纘承の家學に畱めて宦の暇ある寸には、則ち舊記を補書して積で數十巻と成る。聲名藉藉として縉紳の間に起る。

一日、喟然として嘆じて曰く、此身不實なること猶し芭蕉の如し12穹官13峻爵14も亦、奚ぞ羨むに足んや。縦令才、卜商15が如なるも亦地下16修文郎17となるに過ぎず。若かず、浮屠18の法を學んで永く出離を期せんにはと。是れより㴱く世相の齷齪を厭で時時に高雄に登躡して法を海公に問ふ。公は乃び密門の巨擘、德行高峻なり。公、其の空門19に志有ることを憫んで、敎誨して倦むこと㒺し。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3.現代語訳

律師の法諱は明忍、初めの名は以白である。俊正はその字である。平安城〈京都〉の中原氏の出身で、代々官人の家柄であった。師は権大外記康綱の九葉の子孫にあたる。父の諱は康雄、(宮廷に)仕へて少内記であった。母の出自は不明であるが、淑徳ある人であった。師は生まれながら穎異[えいい]〈人に抜きん出て優れていること〉であり、他の童子の中にあって屹然〈ひときわ高く抜きん出ていること〉としたその様は、あたかも松の若木が葭の生い茂った中に一本すっくと立ち生えているかのようであった。

七歳となり、父はその聰明であることを喜んで、(師に)命じて高雄山の晋海僧正の元で内外典を習学させた。(書を素読させれば)伊吾〈声に出して言うこと〉(自ずから)口に上り、晋海師の教授を煩わせることがなかった。

十一歳の時、父からの言いつけで家に帰った。春三月、吉日を択んで初冠〈元服〉し、少内記に任せられた。家には兄某があったがその才芸は師に劣るものであった。故に(兄ではなく師に家督を)譲って後継ぎとしたのである。

師は韻書〈虎関師錬『聚分韻略』〉を諳んじ、楷書に長じていた。そんなことから禁筵〈宮中〉で開かれる聯句会の毎には、必ず師は命ぜられて(詠われた句の)執筆をしたが、(師の)揮灑[きさい]〈思うままに書を書くこと〉はまこと敏捷であり、四座〈参加者一同〉は驚嘆したものである。故に「神童」と持て囃された。

十六歳、抜擢されて少外記・右少史の両職に補任された。(師は常々)その心を(中原家)継承の家学に留め、官職の暇に旧記を補書して、ついに数十巻に及んだ。その名声は口々に噂されて縉紳[しんしん]〈貴人。高官〉の間に起こった。

ある日、喟然〈ため息をついて嘆くこと〉として、
「この身が不確かなことはあたかも芭蕉のようなものである。穹官[くかん]〈高い官位〉峻爵〈高い爵位〉もまた、どうして羨むようなものであろうか。たといその才智が卜商[ぼくしょう]〈子夏。文学に最も長じていたという孔子の弟子〉のようであったとしても、所詮は地下の修文郎となるに過ぎない。結局、浮屠[ふと]〈仏陀〉の法を学び、永く出離〈解脱。生死輪廻から脱すること〉を求めることには及ばないものである。」
と嘆いた。

その時から深く世相に齷齪[あくせく]することを厭いて、事あるごとに高雄山に登って仏法を晋海公に問うようになった。晋海公は密教の巨擘[きょはく]〈巨頭〉であって、その德行高峻な人である。晋海公は、師に空門〈仏門〉への志があることを憫んで、教誨して飽くことがなかった。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

4.語注

  • 法諱[ほうい]…法名、僧名。諱とは実名のこと。その昔の支那において、人の死後にその実名を口にすることを憚った習慣があったが、それが生前にも適用されるようになった。普段は実名[じつみょう](諱)は隠して用いず、仮の名いわば通名・あだ名を用いた。その習慣が日本にも伝わり、平安中後期頃から僧侶においても一般化した。奈良期、平安初期の僧侶にはこの習慣はない。
     なお、俊正明忍律師の伝記はなぜか字ではなく、諱をもって題とすることが通例となっているが、一般的には字をもって「俊正律師伝」などと題するものである。→本文に戻る
  • [あざな]…諱以外に普段用いた名前。あだ名、通名。僧侶においてはこれを仮名[けみょう]ともいう。たとえば明恵上人高辯や慈雲尊者飲光についていえば明恵や慈雲が字であり、高辯や飲光が諱である。→本文に戻る
  • 中原氏[なかはらし]…平安中期に始まる古い家系で明経道または明法道を家学とし、大外記あるいは少外記を世襲した地下の公家。→本文に戻る
  • 權大外記[ごんだいげき]…外記とは朝廷の太政官に属した官職。四等官のうち少納言配下の主典[さかん]の一。天皇への奏文の作成など事務や、朝廷の儀式の奉行を行い、その先例や故実などの調査に当たった。権とは副あるいは仮の意で、ここでは副官あるいは員数外の官人の意。権大外記の官位は正七位上相当。→本文に戻る
  • 康綱[やすつな]…明忍律師の祖家としてここに挙げられる中原康綱は、吉田兼好の『徒然草』にも登場する人物。兼行は、その第百一段に、「ある人、任大臣の節會の内辨を勤められけるに、内記のもちたる宣命を取らずして、堂上せられにけり。きはまりなき失禮なれども、立ち帰り取るべきにもあらず、思ひ煩はれけるに、六位の外記康綱、衣被の女房をかたらひて、かの宣命をもたせて、忍びやかに奉らせけり。いみじかりけり。」と、康綱を非常に気の利いた人物であるとして称賛している。→本文に戻る
  • 少内記[しょうないき]…内記は中務省に属した品官(四等官の体系に属さない官職の総称)。詔勅や位記の起草などの公文書作成、および天皇の行動記録を行った。主に文筆に秀でた者が任命された。少内記の官位は正八位上相当。→本文に戻る
  • 晉海僧正[しんかいそうじょう]…晋海守理。京都の清原氏(広澄流)出身。高尾山法身院にて出家。後に仁和寺第二十世、厳島御室任助親王から灌頂を受け、これをまた南御室覚深親王に伝えた。南北朝時代の天文年間1532-1555に兵火で甚だ荒廃していた高雄山神護寺の復興に尽力するに際しては、徳川家康の帰依を受けて寺領千五百町歩(三百戸)を下賜され、また寺の三里四方の山林を伽藍復興の為にと与えられて復興の財とした。
     明忍律師の幼少期から学問の師であった。律師の和上となって以降はむしろ律師から戒律復興への熱情に影響を受け、その良き理解者で後援者となり、平等心王院の復興に全面的に経済的支援をしている。そして実際に戒律復興に際してはその一員とすらなっている。律師が逝去した翌年の慶長十六年三月二日に遷化。
     慈雲尊者の『律法中興縁由記』には「僧正因に云く、予いま大樹君の歸敬ありて世栄分に過ぎ」あるいは「世人上下みな吾僧正の高徳を仰がざるなし」とあり、徳川家康や公家との交流があり、その帰依と後援を受けていた高名な僧であったという。→本文に戻る
  • 伊吾[いご]…声に出して言うこと。→本文に戻る
  • 初冠[ういこうぶり]…元服。→本文に戻る
  • 韻書[いんしょ]…ここでは特に鎌倉期の臨済僧、虎関師錬[こかんしれん]により作詩のために著されたいわば漢字辞典『聚分韻略』のこと。漢字が韻と意味によって分類されている。→本文に戻る
  • 聯句會[れんくえ]…公家や禅家などの余興で、何か一つの題について複数人で句を連ね、一つの詩として楽しむ会。余興と言っても様々な作法があり、当時の上流階級や有閑富裕層の社交の場であった。→本文に戻る
  • 芭蕉の如し…芭蕉は成長すると葉鞘が発達して太く、あたかも茎や樹のように見え、その太さから丈夫なもののように見えるが、実際はただ葉が重なりあっているだけのもので脆く、芯などはない草に分類される植物である。そのような、いくら向いても芯が無い、見かけだけの虚ろなものであるということから、空の譬えとされる。山頭火などと同種の言葉。→本文に戻る
  • 穹官[くかん]…高い官位。→本文に戻る
  • 峻爵[しゅんしゃく]…高い爵位。→本文に戻る
  • 卜商[ぼくしょう]…孔子の高弟の一人、子夏。文学に最も長じていたという。→本文に戻る
  • 地下[じげ]…地下人。朝廷に仕える廷臣のうち、昇殿を許されない官人。殿上人に対する語。→本文に戻る
  • 修文郎[しゅもんろう]…朝廷の公文書を作成・編集する役人。→本文に戻る
  • 浮屠[ふと]…サンスクリットあるいはパーリ語Buddhaの音写。仏陀。→本文に戻る
  • 空門[くうもん]…仏門。→本文に戻る

現代語訳 脚注:非人沙門覺應
horakuji@gmail.com

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。