真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 月潭『槇尾山平等心王院故弘律始祖明忍和尚行業曲記』

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

年二十一決意出家投海公薙染稟受瑜伽法行晨修夜勤不敢少懈至㤀寢食海公指而語人曰此子吾家之精進幢也師復嘆曰佛設三學戒爲基本基本不立定慧何依思行利濟必固本根所恨此邦律幢久仆無人扶起吾儕忝厠緇倫豈忍坐視乎於是憤然奮志辭海公赴南京探古聖遺蹤繹先賢勝軌于時有僧寥海字慧雲者本係法華宗之徒自幼脫白智解嶄然尤精止觀人咸稱觀行卽慧雲雲常視今世贋浮屠假佛法而饕貴富者不願與此輩頡頏遯跡於丹波山中採蕨充饑編蒲爲業淸淨自活積有年矣一日偶訪古蹟飛錫於和陽邂逅師于三輪山下一傾葢際恍若夙契及譚素志鍼芥相投遂偕入西大寺稟受尸羅寺及興正大士之舊道場也大士戢化之後星霜寖久僧風衰落然尚有一二耆德能說止持作犯師與雲公側聆席下而平生疑滯雪融冰解矣寺有僧全空字友尊者亦嗜律學感二師道諠之篤其締莫逆之交每會講筵必品坐評商而不覺夕陽之在樹矣

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2.書き下し文

年二十一に至て意を決して出家。海公に投じて薙染1して瑜伽の法行2を稟受す。晨修夜勤して敢て少しも懈らず。寢食を㤀るるに至る。海公指して人に語て曰く、此子は吾が家の精進幢なりと。

師、復嘆じて曰く、佛三學3を設けて戒を基本と爲す。基本立せずんば定慧何にか依ん。利濟を行はんと思はば、必ず本根を固くすべし。恨らくは此邦、律幢久しく仆れて人の扶起する無し。吾儕、忝くも緇倫に厠はる。豈に坐視するに忍んや。是に於て憤然として志を奮ひ、海公を辭して南京に赴き、古聖の遺蹤を探て先賢の勝軌を繹ねる。

時に僧寥海4、字は慧雲と云ふ者有り。本と法華宗の徒に係る。幼より脫白、智解嶄然として尤も止觀5も精し。人咸な觀行卽の慧雲と稱す。雲常に今世の贋浮屠6の、佛法を假て貴富を饕る者を視て、此輩と頡頏することを願はず。跡を丹波の山中に遯れて、蕨を採て饑に充て、蒲を編んで業となす。淸淨自活7して積で年有り。一日、偶ま古蹟を訪て錫を和陽に飛して、師に三輪山8の下に邂逅す。一つに葢を傾るの際9、恍として夙契の若し。素志を譚するに及んで、鍼芥相投10ず。

遂に偕て西大寺11に入り、尸羅12を稟受す。寺は及び興正大士13の舊道場なり。大士戢化の後、星霜寖久ふして僧風衰落す14。然れども尚ほ一二の耆德有て能く止持作犯15を說く。師、雲公と聆を席下に側て平生の疑滯、雪融冰解す。

寺に僧全空16、字は友尊と云ふ者有て、亦た律學を嗜む。二師の道諠の篤きを感じて、其に莫逆の交り17を締ぶ。講筵に會する每に必ず品坐評商18して夕陽の樹に在るを覺へず。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3.現代語訳

年二十一に至って意を決して出家。晋海公の門下に投じて薙染[ちせん]〈剃髪染衣〉。瑜伽法行〈真言密教の四度加行〉を受け、朝に夕に勤め修してけっして怠ること無く、それは寝食を忘れるほどであった。晋海公は(そんな師を)指して、
「この子こそ我が一門の精進幢〈最も努力する人。その象徴〉である」

と人に語っていた。

師はまた、
「仏陀は(戒・定・慧の)三学を設けられて戒をその基本とせられた。基本が確立されなければ、定と慧とは他の何に依って生じるであろう。利済〈衆生を利益し済うこと〉を行わんと思うならば、必ずその根本を堅固としなければならない。残念なことに、この国における律幢は久しく倒れたままであって誰もこれを扶起〈立て直すこと〉しようとする者の無いことである。吾儕[わなみ]〈私、我々〉は、かたじけなくも緇倫〈僧〉の端くれとなった者である。(戒も律も廃れたままとなっている日本における仏教の現状を)一体どうして坐視して放置できようか」
とも嘆かれていた。そこで憤然として志を奮い立たせ、晋海公の元を辞して南京〈奈良〉に赴き、古聖の遺蹤〈遺跡〉を訪れて先賢の優れた著作を探し求めた。

ところでその同時期、僧で寥海、字は慧雲という者があった。元は法華宗の人である。幼少より脱俗出家しており、その智解は嶄然〈ひときわ抜きん出ていること〉として最も止観に精通していたことから、人々は皆「観行即の慧雲」と称賛していた。慧雲は常に、今世の贋浮屠〈悪僧・似非僧〉で仏法を隠れ蓑にして貴富を貪っている者らを視て、そのような輩と頡頏することを避けていた。(そこで遂には法華宗を脱して)跡を丹波の山中にくらまし、蕨を採っては餓えに充て、蒲を編んで生業として清浄自活して年月を積んでいた。

ある日、たまたま古蹟を訪れようと和陽〈奈良〉を訪れていた際、師と三輪山の下にて邂逅したのであった。すると忽ち蓋を一つに傾けることとなり恍惚として、まるで夙契〈宿契。宿世の因縁〉かのようであった。素志〈日頃からの志〉に話が及ぶとたちまち鍼芥相投〈出会った瞬間に親しく交わるようになること〉したのである。そこで遂に共に西大寺に入り、尸羅〈戒〉を稟受した。西大寺は興正大士〈興正菩薩叡尊〉の旧道場である。大士が遷化された後、星霜〈年月〉やや久しくして僧風衰落していた。しかしながら、なお一、二の耆徳〈宿徳。徳高い老人〉あってよく止持作犯を説いていた。師は慧雲公と聆を席下に側て平生からの数々の疑問は、あたかも雪が融け、氷が砕けるかのように立ち消えた。

ところで寺には僧全空、字は友尊という者があって、また律学を嗜んでいた。二人の師の仏道を求める想いの篤いことに共感し、共に莫逆の交りを締んだのであった。(西大寺における律学の)講筵に参座すた度に必ず品坐評商〈内容を考証し、議論すること〉して夕陽が木々に差し掛かる〈長い時が経つこと〉のもわからぬほどであった。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

4.語注

  • 薙染[ちせん]…出家。髪を剃り、壊色に染められた衣(袈裟)を着ること。→本文に戻る
  • 瑜伽[ゆが]の法行…瑜伽はサンスクリットあるいぱパーリ語yogaの音写。いわゆる瞑想、修禅・修習の意。ここでは密教における初門の修行で、一般に四度加行といわれる四段階の密教の修習法を指す。ここで俊正律師が受けた四度加行について、『明忍律師之行状記』では「」→本文に戻る
  • 三學[さんがく]…仏教における修道法の三段階の枠組み。戒学(持戒)・定学(修禅)・慧学(智慧)。およそ仏教の修行とは、この三学の枠組みから出るものではなく、もしこの三学を外れたものであれば、それは仏教の修道とは言えないものとなる。→本文に戻る
  • 寥海[りょうかい]…慧雲寥海。明忍律師と共に第二期戒律復興を果たした僧。諱が慧雲、字は蓼海[りょうかい]。和泉国出身。もと日蓮宗徒。ここに「観行即の慧雲」と称されたとあるが、『律苑僧宝伝』巻十五「慧雲海律師伝」では、観行とは止観のことであって、衆中において止観に最も詳しかったということからかく称されたという。
     慶長十五年1610明忍律師が対馬において客死した後、平等心王院の第二世住持となる。しかし、慧雲もまたその翌十六年、高雄山神護寺にて示寂。行年は明らかでない。慧雲律師の生涯については別項“戒山『慧雲海律師伝』”にて詳説している。参照のこと→本文に戻る
  • 止觀[しかん]…仏教の修禅がいかなるものかを一語にて表した語。すなわち止と観との二つの術。
     もっとも、ここで慧雲律師が詳しかったというのは、特に天台大師智顗による『摩訶止観』あるいはその弟子灌頂や湛然の諸著作、すなわち支那の天台教学についてであった。慧雲律師は近世の日蓮宗徒らしからず、修禅(止観)に対するその素養があってその学匠ともされ、実際に修めていたことが知られる。むしろそれが為に持戒持律が悉地には必須であるとする、仏教の正統な理解と志向を持つに至ったのかもしれない。なんとなれば、持戒は三学の初めであり、持戒持律なき修禅に証果などあり得ないとするのが、仏教における通念であり、また事実であるためである。これは(日本のそれではない)「支那の」天台教学でも等しく認知されていたことであった。→本文に戻る
  • 贋浮屠[にせふと]…浮屠とはBuddhaの音写で仏陀に同じ。転じて僧侶や仏塔を指す語ともなった。ここでは後者の意味で用いられており、贋浮屠とは「贋の僧侶」「似非坊主」の意。。→本文に戻る
  • 淸浄自活[しょうじょうじかつ]…普通、僧侶について清浄自活といえば、「戒律に反すること無く、信者からの布施のみに依って生活すること」を意味する(『仏遺教経』)。蕨を取り、蒲を編んで売る生活は、僧侶としてはまったく清浄自活ではない。慧雲がそのような行動に出ざるを得なかったわけについて、『明忍律師行業記』の元本となった『明忍律師之行状記』には、その経緯についてかなり詳しく「門侶活命ヲ競テ邪法弘說セルヲウラミテ上人號ヲトルヘカラスハ我 カ會下ニ來テ學スヘシトテ門弟ニ一紙ノ起請ヲカヽセテ講談セルトナン猶虛名無實ノ受施鐵湯ヲ飲ノ因ナルコトヲナケイテ持戒ニアラサレハ出家ニアラス出家ニアラアラスンハ壇施ヲ受ンヤトテ丹波國ニ身ヲカクシスミヲヤキワラタツヲ作テ生命ヲクリシ」と伝えている。ここには、非法に僧侶らに交わって染まるのではなく、むしろそこから脱していわば在俗の遁世者として生きることを選んだ慧雲のやむにやまれぬ状況が伝えられている。実際、そのようなあり方は慧雲にとってやはり不本意であったようで、その心境についてまた続けて「凡心境ニ隨フノナケキ又アリシ」と、『明忍律師之行状記』は伝えている。→本文に戻る
  • 三輪山[みわさん]…大和国(現:奈良県桜井市)にある小高い山。大和国の一宮、大神神社の神体とされる。記紀の昔から神奈備と見なされてきた霊地。慧雲師がこの地を訪れた動機は、『明忍律師之行状記』が伝えるところに拠れば、「スミヲヤキワラタツヲ作テ生命ヲクリシカ凡心境ニ隨フノナケキ又アリシカハ是ヨリ南都ニ行、霊跡ナツカシク滅法ノナケキ我ノミニ覺テコヽカシコサマヨエルトナン」とあって、特に三輪山でなければならないとしてのことでなかったという。
     しかし、するとなぜその時、明忍律師もまた三輪山を訪れたのかその理由を知りたいとは思うが、それについて伝承は何も語らない。あるいは「三輪山の麓」とは、三輪別所といわれた平等寺のことであったかもしれない。
     なお、江戸中期になると、明忍律師と慧雲律師とが出会ったのは三輪山ではなく、春日大社であったということに伝承が変化している。これは春日神が戒律不在の時代に戒体を預かって、来たるべき持戒持律の僧の出現を俟つものである、との伝承にことよせたものであろう。この背景には、近世の律宗における、いや、鎌倉期の叡尊からすでにあった明恵上人への信仰と伝承があるに違いない。いずれにしても、この二人の邂逅は、まさに宿縁あってこその劇的なものであった。→本文に戻る
  • 一つに蓋を傾る際…たまたま初めて出会って言葉を交わしたとき、の意。これに続けて「恍として夙契の如し」とあるが、忽ち意気投合したのはあたかも宿世の縁によるものであった、とする意。いわゆる傾蓋知己に同じ。
     ここに言う蓋[かさ]とは馬車あるいは牛車の上に指した日除けの傘あるいは覆いのことであり、蓋を傾けるとは立ち止まって会話することを意味する。『孔子家語』致思篇に基づく語。→本文に戻る
  • 鍼芥相投[しんかいそうとう]…磁石が鉄鍼を、琥珀が芥子を引き寄せるように、出会った瞬間に親しく交わるようになること。『三国志』呉志にある虞翻伝に基づく表現で、そこにある逸話を裏返して言った語。→本文に戻る
  • 西大寺[さいだいじ]…称徳天皇が護国・国家鎮護のために創建した、かつて南都七大寺の一つであった寺院。平安中頃に衰退し、興福寺が所管する一寺院となる。そこへ鎌倉前期に自誓受具という手段によって戒律復興を果たした興正菩薩叡尊が入寺し、その活動の拠点とした。
     もっとも、叡尊が入寺したといっても最初の十余年は旧住の僧らも依然としてあって様々な軋轢があり、しばしば彼らは叡尊に対して嫌がらせを執拗に行っていたという。その後、ようやく叡尊はその全権を得て、叡尊を中心とする新しき律宗が全国的に支持されていく。実は叡尊による律宗こそ、鎌倉期において日本で最も指示され、信仰されていた教団であったという。が、叡尊滅してしばらくの後、室町期に入ると全国的な戦乱が生じて乱世となったことなどもあり、叡尊や忍性など初期の律僧らが目指した姿は漸く頽廃。近世には唐招提寺や戒壇院のそれと同じく、律宗など名ばかりのものとなっていた。ただし、律宗の名を冠している建前上、その教義・教学や形式上の律学は縷縷として伝えられており、実際に行いはしないまでも、律についての知識や典籍は保存されていた。むしろそれによって明忍および慧雲は近世における戒律復興を果たし得ることとなる。
     明忍・慧雲の二師が西大寺に律学を志して入った際、西大寺僧であった友尊もまた二師と志を同じくして合流。共に実際に戒律復興するために律学を深めている。。→本文に戻る
  • 尸羅[しら]…戒。その原語であるサンスクリットsīlaの音写。→本文に戻る
  • 興正大士[こうしょうだいし]…大士とは菩薩の別称。興正菩薩とは、鎌倉初期において戒律復興を果たした叡尊律師1201-1290の、正安二年1300に伏見上皇より送られた諡号。
     叡尊律師は始め醍醐寺にて出家し真言密教を修めたが、密教(もとより仏教)をいくら修めても何の意味も功徳・証果も無いことを思い悩み、ついには弘法大師空海の『遺誡(弘仁遺誡)』における「凡出家修道本期佛果。不更要輪王梵釈家。豈況人間少少果報乎。發心遠渉非足不能。趣向佛道非戒寧到。必須顯密二戒堅固受持清浄莫犯(凡そ出家修道は、もと仏果を期す。更に輪王梵釈の家を要めず。豈況んや、人間少少の果報をや。発心して遠渉せんには、足にあらざれば能はず。仏道に趣向せんには、戒にあらざれば寧んぞ至らんや。必ず須く顕密の二戒堅固に受持して、清浄にして犯なかるべし)」などの一節を読み、その原因は持戒せねば仏道はなんら意味をなさない、その証果も決して無いことを確信。戒律復興のために運動し始めることとなった。ついには法相宗の解脱上人貞慶などの後援により律学を深め、覚盛律師など同志四人で戒律復興が果たされる。→本文に戻る
  • 星霜寖久ふして僧風衰落す…興正菩薩叡尊没後、どれほどの時を経て西大寺系の律宗が頽廃し、せっかく復興された持戒持律の僧風が衰えたかの正確な年数は判じ難い。しかしながら、おおよそ室町期前後にその伝統は実質的に潰えたとみて良いであろう。これについて月潭も同意見であったようで、この書の著された貞享四年〈1687〉より三百年足らず前にはその伝統が終わったとしている。→本文に戻る
  • 止持作犯[しじさぼん]…律の規定を分類法の一つで、止持戒(してはならない行為)と作持戒(しなければならない行為)について、合法と非法となるかの区別。ここでは単に律学の意としてよいであろう。→本文に戻る
  • 全空[ぜんくう]…友尊全空。もと日蓮宗僧であったというが、その頽廃を嫌って脱宗し、西大寺僧となっていたといわれる人。その出自など詳しい伝記は無い。→本文に戻る
  • 莫逆の交わり…非常に親しく交際すること。→本文に戻る
  • 品坐評商[ひんざひょうしょう]…内容を評価し、議論すること。→本文に戻る

現代語訳 脚注:非人沙門覺應
horakuji@gmail.com

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。