真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 月潭『槇尾山平等心王院故弘律始祖明忍和尚行業曲記』

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

慶長壬寅歳徒居於梅尾蘭若與雲尊二公結伴於春日住吉二神前祈好相依大乘三聚通受法自誓受戒時師年二十七甲辰春於南京安養龍德戒藏諸院與雲公輪講行事鈔肇自佛涅槃前四日至臘月二十日講已徹矣其餘律典及後二戒學靡不硏覈精微焉時三大部世未曾刊行唯有宋刻古本秘在名藍師往借出手自謄寫以僃儉閲云梅尾之右有山號槇尾峰巒環峙泉石淸幽尤爲絶勝曩弘法大師之上足智泉法師權輿之地也當建治年間泉之自性上人重𦥷其廢後復燬于燹而金碧之區鞠爲椔翳之墟過其間者莫不衋然棲心焉海僧正感師弘律之志乃就其故址葺茅爲廬延師棲焉施者漸集爲建佛殿僧寮淨厨等宇蔚爲精藍結界立法一式舊制四方學律之侶慕風騈臻僧正復慮衆多糧乏乃割捨東照神君所賜腴田若干畝永充香積之資僧正亦謝寺事入衆進具時南京有高珍者粹篇聚之學師招之遞相講演誘訓來蒙人皆謂嘉禎之風再振斯時矣丙午歳師年三十一精神方壯愈勵扶宗之志自思曰吾已遂通受自誓之願而未果別受相承之望是爲缺典仄聞大唐三韓佛法現住名師碩匠代不乏人吁古人求法航海梯山不憚艱辛吾何人斯敢不躡武繼芳乎於是登高雄於大師像前𢚈修百座護摩法又躳詣伊勢八旛春日三神祠告入唐求法之願祈其冥護既而囑雲尊二公令攝衆軌範孤錫翩然直赴海西

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2.書き下し文

慶長壬寅の歳、居を梅尾1蘭若2に徒す。雲尊二公と伴を結んで、春日住吉二神3の前に好相4を祈り、大乘三聚5通受6の法に依て自誓受戒7す。

時に師の年二十七甲辰の春、南京の安養・龍德・戒藏の諸院に於て雲公と與に行事鈔8を輪講す。佛涅槃の前四日9より肇めて臘月二十日に至て講已に徹す。其の餘の律典、及び後二の戒學10、精微を硏覈せずと云ふこと靡し。

時に三大部11世に未だ曾て刊行せず12。唯だ宋刻の古本有て名藍に秘在す。師、往いて借出して手自から謄寫して、以て儉閲に僃ふと云ふ。

梅尾の右に山有て槇尾13と號す。峰巒環峙、泉石淸幽、尤も絶勝たり。曩て弘法大師の上足智泉法師14權輿の地なり。建治年間に當て泉の自性上人15、重て其の廢を𦥷す。後に復た燹而16に燬れて金碧の區17鞠めて椔翳の墟となる。其間に過る者、衋然として心を棲ましめざると云ふこと莫し。海僧正、師の弘律の志を感じて、乃ち其の故址に就て茅を葺て廬となし、師を延て焉に棲ましむ。施者、漸集して爲に佛殿・僧寮・淨厨18等の宇を建て蔚として精藍19と爲る。結界立法、一へに舊制に式る。四方學律の侶、風を慕て騈ひ臻る。

僧正、復た衆多くして糧乏からんことを慮て、乃ち東照神君20賜ふ所の腴田若干畝を割捨して、永く香積の資に充つ。僧正、亦た寺事を謝して入衆進具す21

時に南京に高珍22と云ふ者有て篇聚の學23に粹なり。師、之を招て遞に相ひ講演して來蒙を誘訓す。人皆謂ふ、嘉禎の風、再び斯時に振ふと。

丙午の歳、師年三十一、精神方さに壯んにして愈よ扶宗の志を勵ます。自ら思て曰く、吾已に通受自誓の願を遂ぐと雖も未だ別受24相承の望を果たさず。是を缺典となす。仄かに聞く、大唐・三韓、佛法現住して名師碩匠代よ、人に乏しからず。吁、古人、法を求めて海を航り山に梯して艱辛を憚らず。吾れ何人ぞや。斯に敢て武を躡み芳を繼がざらんやと。是に於て高雄に登り、大師の像前に於て𢚈く百座の護摩法を修し、又た躳から伊勢・八旛・春日の三神祠25に詣して入唐求法の願を告て、其の冥護を祈る。既にして雲・尊の二公に囑して衆の軌範を攝せしめ、孤錫翩然として直に海西に赴く。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3.現代語訳

慶長壬寅の歳〈慶長七年(1602)〉、居処を梅尾の蘭若[らんにゃ]〈閑静な地。阿蘭若の略〉に移した。慧雲・友尊の二公と伴に結んで、春日・住吉の二神前にて好相を祈り、大乗三聚浄戒を通受の法によって自誓受戒した。

時に師の年二十七、甲辰〈慶長九年(1604)〉の春、南京の安養・龍徳・戒蔵の諸院において、慧雲公と『四分律刪繁補闕行事鈔』〈以下『行事鈔』〉を輪講した。仏涅槃の前四日より始めて臘月二十日に至ってその講了した。その他の律典および後二の戒学についても、精微を研覈〈研究〉しないということは無かった。当時、(律宗における最も重要な典籍である、南山大師道宣による『行事鈔』・『四分律戒本疏』・『四分律羯磨疏』の)三大部は(日本において)いまだかつて刊行されたことが無かった。ただ宋代の支那で出版されていた古本があって名藍〈有名寺院〉が秘蔵していたのみであった。そこで師は往ってこれを借り出し、手ずから謄写して(後に出版するべく)検閲に備えたということである。

梅尾の右には山があって槇尾という。峰巒環峙 泉石清幽として、もっとも絶勝〈地勢が非常に優れていること〉である。かつて弘法大師の上足智泉法師が権輿〈発端。開基〉した地である。建治年間〈1275-1278〉に泉州の自性上人〈我宝自性〉が改めて廢れていた地を復興した。その後、再び兵火によって消失し、かつての金碧の区〈絢爛な姿〉は成れ果てて椔翳〈枯死した草木〉の墟となった。ここを通り掛かる者で、(その荒れ果てた様を)悲しみ嘆いて心を棲ましめざると云ふこと莫し。

晋海僧正は、師の弘律の志に感動してその故址に茅葺きの庵を建て、師を招いてそこに住まわせた。施者、漸く集って(師らの)為に仏殿・僧寮・浄厨などの堂宇を建て、ついに盛んとなって精舎伽藍となる。(これを律院僧坊とするに際しての)結界の法は、偏に旧制〈本来の方法。律蔵に基づいた法〉に則るものであった。全国の律を学ばんとする者らは、その風儀を慕って参集した。僧正はそこで、衆僧が多くなり食糧が乏くなることを慮り、東照神君〈徳川家康〉が賜われた腴田〈肥沃な田地〉若干畝を(槇尾山に)割譲し、永く香積の資にあてたのである。そして、僧正もまた(神護寺の)寺務を謝絶し入衆進具〈具足戒を受けて比丘となること〉したのであった。

時に南京(西大寺)には高珍という者があって篇聚〈五篇七聚の略〉の律学に精通していた。師は彼を(槇尾山に)招き、相互に講演して(新たに槇尾山に律を学んで受けようと)来たった新学の徒らを訓誘した。人々は口々に、
「(興正菩薩叡尊らが律を復興した)嘉禎年間の風が、再びこの時代に吹いた!」
と噂したものである。

丙午の歳〈慶長十一年(1606)〉、師の年三十一、精神まさに壮健であっていよいよ扶宗〈律宗復興〉の志を励ましていた。そこで自ら考えて、
「私は既に通受自誓受の願いを遂げ(比丘となり)はしたけれども、いまだ(本来の受具足戒の法である)別受を相承する望みを果たしてはいない。これは実に缺典〈欠点〉である。仄聞するに、大唐〈支那〉・三韓〈朝鮮〉では仏法は未だ現在も伝わり行われており、名師・碩匠も代々あって(仏法を真に教授する)人が乏しいことなどないという。ああ、古人は法を求めて海を渡り、山々に登って艱難辛苦するを憚りなどしなかった。私など(命を惜しむほどの)何者でもありはしない。そうであれば、(渡唐した古人に倣って)敢えてその跡を踏み、その行業を継ごうではないか」
と言ったのであった。そこで高雄山に登り、弘法大師の像前において恭しく百座の護摩法を修し、また自ら(高雄山に勧請され鎮守としてある)伊勢・八幡・春日の三神祠に詣でて入唐求法の願いを告げ、その冥護を祈った。そうして慧雲・友尊の二公に後を託して槇尾山衆徒の軌範師とし、孤錫翩然として直に海西に赴いたのである。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

4.語注

  • 梅尾[とがのお]…京都嵐山の北西にある寺院。梅尾山高山寺。鎌倉期の昔、明恵上人によって開かれた。明忍律師の当時、梅尾山高山寺は高雄山神護寺の管理化にあった。→本文に戻る
  • 蘭若[らんにゃ]…阿蘭若の略。阿蘭若はサンスクリットaraṇyaの音写。人気の無い、閑静でひっそりとした場所のこと。仏典において、比丘が住まうのに適した場所とは、町や集落からほど遠からず、しかし閑静な人気のない場所とされるが、そのような場所を阿蘭若という。転じて精舎の謂ともなった。→本文に戻る
  • 春日住吉二神…俊正明忍らは、鎌倉期の昔、明恵上人によって勧請されていた春日社ならびに住吉社の前において自誓受戒した。まずなぜ高山寺であったかというと、上述したように当時高山寺は高雄山神護寺の末であり、すなわち晋海僧正がこれを掌握していた。そしてなぜ、その梅尾山の春日社の前で自誓受戒したかと言うに、明恵上人の昔、春日神がしばしば明恵上人の夢にあらわれるなど奇瑞があったことに因んだのであろう。俊正「明忍」との法諱は、最初以白であったのを改めたものであるが、それは俊正の明恵への敬慕があったに違いない。実際、晋海僧正の元にあった俊正は、高山寺に伝えられた明恵の直筆の書などを自由に閲覧できる立場にあり、実際その中の書を俊正が手ずから書写したものが西明寺に今も保存されている。
     なお、日本の律家では、日本で戒律が廃れた際にはその伝統(戒脈)を春日明神が一時預かり、引き継いで伝えるという伝承があるが、あるいはそのような伝承事態が明忍律師らの事績に基づいたものであったように私は思う。→本文に戻る
  • 好相[こうそう]…夢や白昼夢、あるいは現実に現れる、何か好ましい兆し。持戒して修禅や礼拝を日々に繰り返す中に見るべきものとされる。
     なぜここで律師らが「好相を祈る」、すなわちその好相を得るために修行したのかといえば、『梵網経』に戒を犯した物や戒を失った者、あるいは戒を得ていない者は、必ず戒を実際に得る前に「好相を得なければならない」と規定されているためであり、実際に興正菩薩叡尊や大悲菩薩覚盛らは各々自誓受戒する前に、礼拝・修禅を幾数日も繰り返し修め、好相を得ていたことに依る。
     なお、律に限って言えば、それを正統な手段で受けることが可能な状態であれば「好相を得る」必要など全くなく、そもそも好相などという語自体、一切言及されない。好相とはあくまで大乗にて言われる、しかも極めて限定された中で説かれるものであることに注意。→本文に戻る
  • 三聚[さんじゅ]…三聚浄戒の略。六波羅蜜のうち戒波羅蜜の具体。
     『華厳経』や『菩薩善戒経』などにて説かれ、『瑜伽師地論』(および『菩薩地持経』)や『摂大乗論』など主として唯識系の論書においてその具体的内容が詳説された、摂律儀戒・摂善法戒・饒益有情戒の三種をその内容とするもの。声聞乗における戒律と菩薩乗におけるそれとを、大乗の立場から包摂して説いたものであり、大乗教徒が必ず受持すべきものとされる。→本文に戻る
  • 通受[つうじゅ]…三聚浄戒を受けることによって、大乗僧として菩薩戒も律も総じて(通じて)受けてしまおうという、鎌倉初期の覚盛によって発案され実行された受戒法。律蔵および印度以来の菩薩戒の授受に関する規定に従ったならば絶対にあり得ない、むしろ否定され続けてきた受戒法。
     そもそも通受とは、元来は「僧俗が通じて(共通して)受けるもの」という意味であったが、日本の鎌倉期以来「三聚浄戒を通じて(まとめて)受ける」という意味に変じて用いられるようになったという。よってここでいう通受とは、比丘となるための具足戒(律)を三聚のうち摂律儀戒に配し菩薩戒を後二の戒に当てて、まとめて受けることの意。
     三聚浄戒のそれぞれに律や菩薩戒などが割り当てられるが、経論や論師により諸説あってその内容は必ずしも一定しない。本来的には『瑜伽師事論』の所説に従うべきものであり、実際印度にて直接その教えを受けた玄奘三蔵らの存在があって、支那ではその説に従う者が実際にあった。しかしながら、支那撰述の偽経の疑い濃厚である『菩薩瓔珞本業経』は、三聚浄戒(三受門)の摂律儀戒の内容として十重禁戒(十波羅夷)を挙げているため、これに影響を受けた支那の律宗の人に、『梵網経』の十重四十八軽戒と『瓔珞本業経』の諸説を合して理解する者が現れ、そのような解釈が日本にも伝えられた。それを伝えた人、それが鑑真大和上である。
     この三聚浄戒の内容についての問題は後代、しばしば問題にされた。例えば凝念大徳などはその著『律宗綱要』において、三聚浄戒の内容について諸経論によって説が不同であることについて詳細に論じている。近世の明忍以降、律学がある程度諸宗にても行われるようになると、この点について様々な主張がなされ、論争が展開した。
     平安末期から鎌倉最初期、律の伝統が途絶えてしまって正規の受戒が作され得ないことが理解され、それを前提とした上で、しかし戒律復興を望んだの解脱上人の門に集った人の中に、後に叡尊らとともに戒律復興を果たして唐招提寺を中興した覚盛があった。覚盛は、その根拠を大乗の諸典籍に求め探し、ついにこれを律の伝統が絶えたなかでのいわば緊急避難的受戒法として、通受自誓受なる法を「創出」した。そもそも通受によって比丘となりえるとする主張とその方法は、そのような緊急批判的ものであったけれども、中世に刷新された律宗が一定の立場・組織を形成すると、むしろ通受こそが正統な受戒法であるとの主張がなされるようになっていく。そして一般に、西大寺を中心として展開した叡尊以降の律宗では、通受を主とする見解をその特徴として自ら挙げるようになっていった。。→本文に戻る
  • 自誓受戒[じせいじゅかい]…現前の師を立てず、誰にも依らずして、「自ら戒を受けることを誓う」ことによる受戒法。一般にこれが可能なのは五戒に限られる。が、大乗経において、といってもそれはただ『占察善悪業報経(占察経)』に限られるのであるけれども、以下のように自誓受によって「正しく受戒」出来ることが述べられている。「復次未來之世。若在家若出家諸衆生等。欲求受清淨妙戒。而先已作増上重罪不得受者。亦當如上修懺悔法。令其至心得身口意善相已。即應可受。若彼衆生欲習摩訶衍道。求受菩薩根本重戒。及願總受在家出家一切禁戒。所謂攝律儀戒。攝善法戒。攝化衆生戒。而不能得善好戒師廣解菩薩法藏先修行者。應當至心於道場内恭敬供養。仰告十方諸佛菩薩請爲師證。一心立願稱辯戒相。 先説十根本重戒。次當總擧三種戒聚自誓而受。此亦得戒。復次未來世諸衆生等。欲求出家及已出家。若不能得善好戒師及清淨僧衆。其心疑惑不得如法受於禁戒者。但能學發無上道心。亦令身口意得清淨已。其未出家者。應當剃髮被服法衣如上立願。自誓而受菩薩律儀三種戒聚。則名具獲波羅提木叉。出家之戒名爲比丘比丘尼。即應推求聲聞律藏。及菩薩所習摩徳勒伽藏。受持讀誦觀察修行」(T17. P904c)。
     また『占察経』は、鎌倉期よりずっと以前の天平の昔にて、日本仏教界に大問題を生じさせていたものでもあった。その問題とは、鑑真大和上によって正規の具足戒がもたらされた際、従来の僧正など官位についていた僧らが、大和上による伝戒とその受戒をいわば拒否したことである。鑑真大和上のもとで具足戒を授戒することについて、彼らはすでに正統な仏教僧であっていまさら具足戒など受ける必要はない、と難色を示したのであった。その根拠としたのが前掲の『占察経』であった。彼らが反抗したのには政治的・経済的理由もあったであろう。なんとなれば、彼ら自身の「(占察経による)受戒」を否定してしまうことは則ち、彼らの既存の立場・既得権の消失を意味するのであるから。
     けれども結局、これには聖武天皇の強い意向があり、また彼らの立場が安堵されたこともあって、反抗の構えを見せていたそれ以前のいわば相似僧らは鑑真大和上に対して弟子の礼をとって授戒を受けたのであった。要するに、『占察経』による自誓受戒(による比丘としての受戒の正統性)は、いわば天平の昔に否定されていたのである。ところが、鎌倉期のどうやっても正統な方法で受具することが叶わなくなっていた当時、戒律復興をなんとか果たそうとした覚盛によって、過去に否定されていたはずの『占察経』、および法相宗の諸典籍を根拠に自誓受具の正当性が主張され、ついに実行された。その自誓受によって戒律復興を果たした四人のうちの一人が叡尊律師であった。後に覚盛は唐招提寺に、叡尊は西大寺に入り、それぞれ拠点にして新たな律宗の展開をみせる。が、実は叡尊と覚盛の戒律について見解・見どころはかなり異なっており、それが現代に至るまでの律宗における唐招提寺・東大寺戒壇院・泉涌寺と西大寺の間の軋轢の元の一つとなった。→本文に戻る
  • 行事鈔[ぎょうじしょう]…支那の南山大師道宣によって著された『四分律』の注釈書『四分律刪繁補闕行事鈔』の略称。およそ日本において律を学ぶ者は必ず学び、常に参照していた書。
     明忍律師と慧雲律師とが『行事鈔』を講じられた場所は、『律苑僧宝伝』巻十五「慧雲海律師伝」では、南都の安養寺・龍徳院・戒蔵院など諸寺院においてのことであったと伝えられる。なお、律宗では『行事鈔』の他に『四分律羯磨疏』と『四分律戒本疏』とを律三大部といい、南山律宗における必学の書。→本文に戻る
  • 佛涅槃の前四日…支那・日本における伝承で仏陀が涅槃したと言われる日は旧暦二月十五日である。その四日前であるから二月十一日。→本文に戻る
  • 後二の戒學…三聚浄戒、すなわち摂律儀戒・摂善法戒・饒益有情戒の後二について。叡尊(西大寺系)における、いわゆる法相戒観にもとづく理解では、摂律儀戒に律蔵所説の具足戒(二百五十戒)が当てられ、その律蔵は特に『四分律』に依るもので、その実際にあたっては南山大師道宣の解釈が専ら用いられた。そして摂善法戒と饒益有情戒には、『瑜伽師地論』(『菩薩持地経』)所説の瑜伽戒、および『梵網経』(ならびに『瓔珞本業経』)所説のいわゆる梵網戒が当てられた。律儀を『行事鈔』にもとづいて理解・実行するだけでなく、後二の瑜伽戒と梵網戒についての研究とその実行にも余念が無かった、との意であろう。
     なお、この三聚浄戒のそれぞれに何を配当するかの理解は、すでに鎌倉期以来の西大寺系と唐招提寺系とで異なっており、各々がその独自性を過度に主張しだすや、愚かな宗派主義、縄張り根性を発揮して、律とはそもそも何かの本義を忘れ、律の実行すらも廃れていく一大要因となった。近世における戒律復興運動においても同様の事態が発生し、詮無い宗派主義と宗論の基となっていく。
     もっとも、俊正明忍律師らにはそのような宗派主義的意識は皆目なく、ただ律の実践に依って仏教自体を復興しようとの気概があった。→本文に戻る
  • 湮没[いんもつ]…跡形もなくなること。→本文に戻る
  • 莾蒼[もうそう]…鬱蒼と草木が茂った様。またその場所。山林。→本文に戻る
  • 東照神君[とうしょうしんくん]…徳川家康公。→本文に戻る
  • 智泉法師[ちせんほうし]…弘法大師空海の甥で弟子であった僧789-825。空海に十年先んじて逝去しており、その死をひどく悼む空海の達嚫文が伝わっている。→本文に戻る
  • 泉の自性上人[じしょうしょうにん]…泉州槇尾山の我宝自性。城州槇尾山平等心王院を中興したと言うがその出自・伝記など未詳。→本文に戻る
  • 椔翳[しあい]…枯死した草木。本文に戻る
  • 金碧[こんぺき]の區…絢爛な姿。→本文に戻る
  • 淨厨[じょうちゅう]…原則として托鉢に依ってこそ生活すべき比丘らが生活する僧院・僧坊には、律の規定上、厨房など食糧を貯蔵する場所を置くことが出来ない。しかしながら現実として、全ての僧院でその規定を遵守することは難しい。そこで、律の規定を遵守するには、厨房や食料庫の建つ区域は僧院の結界(境界)の中にあってそこのみ結界から除外することが行われ、これを除地という。
     そのような、律の規定を遵守するために行う、いわば迂回法を浄法という。なお、ここでいう浄とは「綺麗・汚い」であるとか「浄・不浄」という意味ではなく、律の規定に準じていることを示す語である。ここで浄厨とあるのは、律の規定に従っている厨房、すなわち律院僧坊内の除地にある厨房のこと。僧院には、比丘らが持戒持律をするため、それを助けるための基本的にそこに常在する在家信者の存在が不可欠であるが、そのような在家信者のことを浄人という。
     一般の感覚からすると迂遠に思われるようなそれら事態は、律の規定がすべて同時に定められたのではなく、随犯随制といって、何らか問題が生じる毎に定められたことによるもので、それ自体が律蔵に規定されたものである。→本文に戻る
  • 精藍[しょうらん]…精舎伽藍の略。僧院・寺院のこと。→本文に戻る
  • 東照神君[とうしょうしんくん]…徳川家康公。死後、日光東照宮に祀られ神格化されての呼称。→本文に戻る
  • 僧正、亦た寺事を謝して入衆進具す…ここで自誓受戒をしたのは俊正・慧雲・友尊の三人であったとしているが、実はこれに晋海僧正そして玉圓空溪も加わっており、総勢五人で同時に自誓受戒している(『自誓受具同戒録』西明寺文書)。そもそも三人で自誓受戒というのは道理に合わない。僧伽が成立するには最低四人の比丘がその成員として必要であるから、それは必ず四人以上でなされるべきものである。事実、叡尊律師らの自誓受戒もはじめ四人によってなされたのである。この四人というのは偶然の数字ではなく、そうでなければならないという背景があった。→本文に戻る
  • 高珍[こうちん]…西大寺の歴代長老の中に高珍の名は見えない。しかし、鎌倉末期に西大寺長老を勤めた明印高湛以来、「高」の文字を頂く者はほとんど寺内の一、二臘など高位の者に限られたようで、その名からすると寺内でも上位の学僧であったのであろう。なお、慶長七年の当時、西大寺長老であった者は四十五代高秀栄春であり、これを継いで第四十六代となったのが高久奎玉であった。→本文に戻る
  • 篇聚[ひんじゅ]の學…篇聚とは律蔵に説かれる律をその罪の軽重や種類によって分類する五篇七聚の略。要するに律学のこと。→本文に戻る
  • 別受[べつじゅ]…通受に対し、三聚浄戒のうち特に摂律儀戒(すなわち具足戒・律)をのみ、三師七証によって受ける受戒法。「別受」などと聞くと、むしろこちらが「特別な受戒法」であると想像する者があるかもしれないが、別受こそが具足戒の受戒法としては本来の律蔵に規定された正統な方法。→本文に戻る
  • 伊勢・八旛・春日の三神祠…高雄山神護寺の鎮守社。実際に俊正がそれらの本社に参詣したということではない。→本文に戻る

現代語訳 脚注:非人沙門覺應
horakuji@gmail.com

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。