真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 月潭『槇尾山平等心王院故弘律始祖明忍和尚行業曲記』

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

師生于天正四年丙子寂于慶長十五年庚戌六月七日報齡三十有五僧臘一十有五嗚呼此邦自興正忍性二大士之後律燈熄燄幾乎餘三百載惟師崛起澆末跂大志發大願紐既絶之玄綱樹已倒之法幟自非大心薩埵乘願轂而來則疇克爾耶惜乎赤縣之遊未果精泰之歸何遄倘使其齊興正之壽則法化丕行於閻浮而度人之壽可以溢于石室木方榮而風折之悲夫雖然師之遺芳餘烈凛然不墜自鶴林之夕迨今垂八十禩其間俊彥之士相繼出其門者指殆不遑屈其最者則玉圓谿公長圓祐公空爾戒公本乘空公良存圓公空印盛公全理燈公恕閒覺公閒㝛空公慈雲城公眞識圓公幻爾塔公智鏡海公眞空阿公了運生公尊光如公光影通公賴圓雄公存正然公行空然公本寂徴公等亾慮若干人各皆通練三學信崇四衆師之後裔可謂盛矣宐哉諸方禪林敎庠凡尊奉毘尼者咸指槇阜爲律虎之林與夫紵麻靈芝易地則同歟𡮢製自誓受戒血脈圖興正下系讚辭曰幷呑三聚長養戒身耀法利生千古未聞此數句可謂能罄興祖平生之梗槩也師於講律之暇喜閲往生要集可知其居恆繫念於淨域奚啻梵行之芬芳也哉昔大智照師有謂生弘律範𣦸歸安養前賢後賢其揆一也

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2.書き下し文

師は天正四年丙子に生れて慶長十五年庚戌六月七日に寂す。報齡三十有五、僧臘1一十有五。

嗚呼、此邦、興正・忍性2の二大士の後より律燈燄を熄めて幾乎ど三百載に餘る。惟だ師、澆末に崛起して大志を跂て大願を發して、既に絶たるの玄綱を紐び已に倒るの法幟を樹つ。大心薩埵3願轂4に乘じて來るに非ずんば、則ち疇が克く爾らんや。

惜かな、赤縣5の遊び未だ果せざるに精泰の歸、何ぞ遄かなる。倘し其をして興正の壽に齊らしめば、則ち法化丕ひに閻浮6に行はれて度人の壽、以て石室に溢るべし。木方に榮んとして、風之を折る。

悲かな、然りと雖ども師の遺芳餘烈、凛然として墜ちず。鶴林7の夕より今に迨んで八十禩に垂んとす。其間、俊彥8の士相ひ繼で其門より出る者の指、殆ど屈するに遑あらず。其の最なる者は則ち玉圓谿公・長圓祐公・空爾戒公・本乘空公・良存圓公・空印盛公・全理燈公・恕閒覺公・閒㝛空公・慈雲城公・眞識圓公・幻爾塔公・智鏡海公・眞空阿公・了運生公・尊光如公・光影通公・賴圓雄公・存正然公・行空然公・本寂徴公等、亾慮若干人。各の皆、三學を通練して四衆9に信崇せらる師の後裔なり。謂つべし、盛んなりと。

宐なる哉、諸方の禪林10敎庠11、凡そ毘尼12を尊奉する者、咸とく槇阜を指して律虎の林と爲す。夫の紵麻13靈芝14と地を易へば則ち同からん。𡮢て自誓受戒血脈の圖15を製す。興正の下、讚辭を系ねて曰く、三聚を幷呑して、戒身を長養す。法を耀し生を利して、千古未だ聞ずと。此の數句、謂つべし、能く興祖16平生の梗槩を罄すと。

師、講律の暇に於て喜で往生要集17を閲す。其の居恆、念を淨域18に繫ることを知ぬべし。奚ぞ啻だ梵行19芬芳20なるのみならんや。昔し大智照師21謂ること有り、生ては律範を弘め、𣦸せば安養に歸んと。前賢後賢、其の揆一なり。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3.現代語訳

師は天正四年丙子〈1576〉に生まれ、慶長十五年庚戌〈1610〉六月七日に寂した。報齢三十五、僧臈十五であった。

嗚呼、この国においては興正菩薩叡尊・大悲菩薩忍性の二大士の後より律燈はその焰を消してほとんど三百年余りとなった。ただ師のみ、この澆末〈末世〉に崛起〈起き立つこと〉して大志を立てて大願を発し、既に絶えていた玄綱〈幽玄なる法義〉を紐び、已に倒れた法幟を樹てたのである。それは大心薩埵の願轂〈誓願という車〉に乗じて来たもので無いとしたならば、(その真相を)一体誰がよく知ることが出来るであろうか。

惜しいことである、赤縣の遊び未だ果せざるに精泰の歸、どうして速やかであったろうか。もし師が興正菩薩の寿命〈叡尊は九十歳まで生きた〉と同様であったならば、その法化は大いに閻浮提〈世界〉は行われ、(師によって)度人の壽、以て石室に溢るべし。木がまさに盛んであったのを、風がこれを折ったのである。

悲しいことである、しかしながら師の遺芳餘烈〈遺した美名と業績〉は凛然〈凛々しい様子〉として廃れてはいない。(師の)鶴林〈入滅〉の夕べより今に及ぶに、およそ八十年となろうとしている。この間、俊彦〈優れた男子〉の士が(師の興律の跡を)相い継ぎ、その門から出た者を数えようと指を折るのに暇ないほどである。その中でも優れた者とは則ち、玉圓空谿公・長圓了祐公・空爾友戒公・本乗輪空公・良存堯圓公・空印忍盛公・全理慧燈公・恕閒澄覺公・閒宿了空公・慈雲智城公・眞識空圓公・幻爾智塔公・智鏡慧海公・眞空了阿公・了運不生公・尊光空如公・光影𥧬通公・頼圓尊雄公・存正卓然公・行空宛然公・本寂慧徴公等、すべて若干人。各々皆が三学を通じ練磨して(比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷の)四衆に崇信される師の後裔である。まさに言うべきであろう、(師が興し遺された律門は)盛んであると。

喜ばしいことである、諸方の禅林〈禅寺〉・教庠〈学林〉であれ、およそ毘尼〈vinaya. 律〉を尊奉する者は皆悉く槇尾山を指して「律虎の林」というのである。それは(支那の)紵麻〈道宣の居した終南山〉や霊芝〈元照の居した崇福寺〉と地を変えたとしても、(往時のように戒律を護持し、その威儀整然として厳重であることは)まったく同じ様相であったろう。(師は)かつて『自誓受戒血脈の図』を製作した。興正菩薩の下に讃辞を連ね、
「三聚を并呑して、戒身を長養す。法を耀し生を利して、千古未だ聞かず」
とある。この数句は、言うべきである、よく興祖の平生の梗概〈あらまし〉を盡くしたものであると。

師は律を講じる暇には、喜び『往生要集』を閲していた。そのような居恒〈日常〉から、(師が)念を浄域〈極楽浄土〉に繫けていたことが知られるであろう。どうして(師が)ただ梵行〈持戒持律〉だけの芬芳〈良い香り。ここでは象徴の意〉であったとすることが出来ようか。その昔、大智律師元照が言っていた言葉がある、「この生のあるうちは律を弘め、死したならば安養に行き着こう」と。前代の賢者〈元照〉も後代の賢者〈俊正明忍〉も、その揆を一つにしたのである。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

4.語注

  • 僧臘[そうろう]…比丘となってからの年数、比丘としての年齢。法臘とも。比丘としての立場の上下、席次の高低はすべて僧臘によって決定される。
     その数は夏安居を過ごした回数に基づくもので。その年の夏安居以前に比丘となった者は、その安居の三ヶ月間を終えると僧臘一歳となる。しかしながら、夏安居の後に比丘となった者は新年を超えても一歳とはならず、翌年の夏安居を過ごして初めて一歳となる。
     なお、ここで月潭は俊正の僧臘を十五であったとしているが、これは月潭が法臘の意味を正しく理解しておらず、沙弥となってからの年月で言っているのである。月潭はこの『行業曲記』において俊正が沙弥となった年を廿一歳であったとしているが、これもおそらく誤りで実際は廿四歳のことであった。そして、俊正が自誓受によって具足戒を受けたのは慶長七年であり、没したのが慶長十五年六月のことであるから、その法臘は七あるいは八とするのが正しい。「あるいは」となるのは、自誓受戒したのが慶長七年の安居前であったか後であったによるためであるが、その具体的な月日が伝えられていないためである。→本文に戻る
  • 忍性[にんしょう]…興正菩薩叡尊の弟子。母の死をきっかけに出家し官僧となるが、後に叡尊の門下に参じて正しく仏教の出家者となる。特に文殊信仰に篤く、戒律を厳しく守りつつ、文殊菩薩の誓願に基づいて貧者・病者をはじめ社会の最底辺の人々の救済に力を尽くした。叡尊が西大寺を拠点として活動したのに対し、忍性は鎌倉幕府の執権北条氏から帰依を受けて鎌倉を拠点として活動した。同時期の日蓮は特に忍性を目の敵とし、罵詈雑言の限りを盡くし、また法力比べや宗論などを挑まれているが、忍性はまったく相手にしなかった。日蓮の書に忍性を誹謗する文言は多く見られるが、忍性の書には日蓮に言及する文言は、その名についてすら無い。それは忍性の立てた十誓に基づくものであったとされる。結局、日蓮は最終的には忍性の徳と行業とを認めざるを得なくなって認めている。→本文に戻る
  • 大心薩埵[だいしんさった]…一般的な語ではないが、おそらく大菩薩の意であろう。大心は大菩提心の略で、薩埵とはサンスクリットsattvaあるいはパーリ語sattaの音写で、存在する者、命ある者の意。→本文に戻る
  • 願轂[がんこく]…轂は車輪の中央部。ここでは「誓願という乗り物」というほどの意で用いているのであろう。→本文に戻る
  • 赤縣[せきけん]…都。ここでは唐(明)の意。→本文に戻る
  • 閻浮[えんぶ]…閻浮提の略。閻浮提はサンスクリットjambudvīpaの音写で、仏教の世界観で須弥山の南に位置するとされる逆三角形の大陸で、我々が住まう世界とされる。→本文に戻る
  • 鶴林[かくりん]…入滅の間際を表現した語。仏陀が入滅(般涅槃)する際、その東西南北の四方に二本づつ、計八本立っていた沙羅の樹は、時ならずして白い花を一斉に咲かせ、その姿があたかも白鶴の群集が如き様であったということから、仏陀の入滅あるいは高僧の入滅をして鶴林と表する。→本文に戻る
  • 俊彦[しゅんげん]…優れた男子。→本文に戻る
  • 四衆[ししゅ]…仏教徒を出家在家の男女をまとめて言う語。四とは比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷で、それぞれ正式な男女の出家者と男女の在家信者を意味する語。より詳しくは七衆という。詳しくは別項“仏教徒とは何か ―七衆”を参照のこと。→本文に戻る
  • 禪林[ぜんりん]…禅寺、修禅の道場。
     月潭がこの『行業曲記』を著した江戸前期の当時、すでに俊正律師らの興律の影響は律宗だけではなく真言宗・天台宗・禅宗・浄土宗・法華宗にも及んでおり、特に臨済系のそれへの影響は甚だ大なるものであった。もっとも、律師らが当初目指した通仏教的戒律復興、いわば仏教そのものの復興を志したのとは異なり、それぞれが「吾が仏尊し」精神を山盛りもっての「まずは我が宗派ありき」を前提とした戒律復興の動きをした。結局そのような動きによって、そもそも戒律復興の本質など見失われていき、ただ「律院」だの「僧坊」だのと名乗るだけであり、また教学的に律が云々とするだけで実質まるで元の木阿弥であるのがほとんどとなっていった。→本文に戻る
  • 敎庠[きょうしょう]…学び舎。仏教を学ぶ場所。いわゆる学林のこと。→本文に戻る
  • 毘尼[びに]…サンスクリットあるいぱパーリ語vinayaの音写。その意は調伏であり、すなわち律のこと。毘奈耶とも音写されている。→本文に戻る
  • 紵麻[ちょま]…支那の終南山。唐代初頭の南山大師道宣の住した終南山を紵麻蘭若といった。→本文に戻る
  • 靈芝[れいし]…支那の霊芝崇福寺。南宋の大智律師元照が長く住した。ここではそれぞれ南山律宗の支那の本拠とされた地の往時における姿が、まさに日本の槇尾山において再現されていたと称賛する意図でこのように表しているのである。→本文に戻る
  • 自誓血脉[じせいけちみゃく]の図…慶長十五年1610一月廿六日に描かれたという自誓受戒の血脈図(系図)。『明忍律師之行状記』に載るもので、釈迦牟尼から弥勒、そして叡尊に至るまでの極めて簡略な系図。南山律宗(道宣・元照)の系統と法相宗(玄奘・慈恩)の系統、そして弥勒から直接叡尊に至るという三系統が合されたものとして描かれている。→本文に戻る
  • 興祖[こうそ]…ここに言う興祖とは、興正菩薩叡尊のこととも俊正明忍のこととも捉え得る曖昧なものである。私には叡尊のことであろうと解する。→本文に戻る
  • 往生要集[おうじょうようしゅう]…平安中期、天台宗の恵心僧都源信によって著された極楽往生の肝心についての書。日本だけではなく、支那においても浄土教が持て囃される契機となった。→本文に戻る
  • 淨域[じょういき]…極楽浄土。→本文に戻る
  • 梵行[ぼんぎょう]…清らかな行い。本来的には一切の性的行為を制する事であるというが、ここではより広範に持戒清浄であること。→本文に戻る
  • 芬芳[ふんぽう]…芳しい香り。→本文に戻る
  • 大智律師[だいちりっし]…宋代、衰退していた南山律宗を復興しようと勤めた湛然元照の称。鎌倉期に渡宋した俊芿によりその著作の多くが日本にもたらされ、以来律宗において珍重された。特に道宣『行事鈔』を注釈した『行事鈔資持記』および『仏制比丘六物図』は重要で、律宗のみならず禅宗でも参照された。
     元照は支那天台宗の学僧でもあったが、『資持記』を主として律について理解する者らは資持家などと言われた。彼は戒律復興を志しつつ、晩年は浄土教にも傾倒。その影響が日本の律家にも及び、彼を手本に浄土教も并せて行う人々が多く現れるが、俊正律師もまたそのうちの一人であった。→本文に戻る

現代語訳 脚注:非人沙門覺應
horakuji@gmail.com

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。