真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 月潭『槇尾山平等心王院故弘律始祖明忍和尚行業曲記』

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.書き下し文

律師法諱は明忍、初の名は以白。俊正は其字なり。平安城の中原氏に產す。世宦族たり。師は乃ち權大外記康綱が九葉の孫なり。父の諱は康雄、仕へて少内記となる。母は某氏、淑德有り。師生れて穎異、羣童の中に處して屹然たること、稺松の蒹葭に超へて之と齊からざるが如し。

七齡に甫んで父其の聰慧なることを喜んで、命じて高雄山の晉海僧正に從って内外の典を習讀せ俾む。伊吾口に上て師授を煩はさず。

十一歳、父喚で家に囘らしむ。春三月、吉を擇んで初冠して少内記に任せらる。家兄某、才藝師に劣れり。故に讓って世適となす。師、韻書を諳じ楷字を善くす。以故に禁筵聯句會に値ふ每とには必ず師に命じて執筆たらしむ。揮灑敏捷にして四座驚嘆す。故に神童の譽れ有り。

十六歳、擢でて少外記右少史の兩職に補せらる。心を纘承の家學に畱めて宦の暇ある寸には、則ち舊記を補書して積で數十巻と成る。聲名藉藉として縉紳の間に起る。

一日、喟然として嘆じて曰く、此身不實なること猶し芭蕉の如し。穹官峻爵も亦、奚ぞ羨むに足んや。縦令才、卜商が如なるも亦地下の修文郎となるに過ぎず。若かず、浮屠の法を學んで永く出離を期せんにはと。是れより㴱く世相の齷齪を厭で時時に高雄に登躡して法を海公に問ふ。公は乃び密門の巨擘、德行高峻なり。公、其の空門に志有ることを憫んで、敎誨して倦むこと㒺し。

年二十一に至て意を決して出家。海公に投じて薙染して瑜伽の法行を稟受す。晨修夜勤して敢て少しも懈らず。寢食を㤀るるに至る。海公指して人に語て曰く、此子は吾が家の精進幢なりと。

師、復嘆じて曰く、佛三學を設けて戒を基本と爲す。基本立せずんば定慧何にか依ん。利濟を行はんと思はば、必ず本根を固くすべし。恨らくは此邦、律幢久しく仆れて人の扶起する無し。吾儕、忝くも緇倫に厠はる。豈に坐視するに忍んや。是に於て憤然として志を奮ひ、海公を辭して南京に赴き、古聖の遺蹤を探て先賢の勝軌を繹ねる。

時に僧寥海、字は慧雲と云ふ者有り。本と法華宗の徒に係る。幼より脫白、智解嶄然として尤も止觀も精し。人咸な觀行卽の慧雲と稱す。雲常に今世の贋浮屠の、佛法を假て貴富を饕る者を視て、此輩と頡頏することを願はず。跡を丹波の山中に遯れて、蕨を採て饑に充て、蒲を編んで業となす。淸淨自活して積で年有り。一日、偶ま古蹟を訪て錫を和陽に飛して、師に三輪山の下に邂逅す。一たび葢を傾るの際、恍として夙契の若し。素志を譚するに及んで、鍼芥相投ず。

遂に偕て西大寺に入り、尸羅を稟受す。寺は及び興正大士の舊道場なり。大士戢化の後、星霜寖久ふして僧風衰落す。然れども尚ほ一二の耆德有て能く止持作犯を說く。師、雲公と聆を席下に側て平生の疑滯、雪融冰解す。

寺に僧全空、字は友尊と云ふ者有て、亦た律學を嗜む。二師の道諠の篤きを感じて、其に莫逆の交りを締ぶ。講筵に會する每に必ず品坐評商して夕陽の樹に在るを覺へず。

慶長壬寅の歳、居を梅尾の蘭若に徒す。雲尊二公と伴を結んで、春日住吉二神の前に好相を祈り、大乘三聚通受の法に依て自誓受戒す。

時に師の年二十七甲辰の春、南京の安養・龍德・戒藏の諸院に於て雲公と與に行事鈔を輪講す。佛涅槃の前四日より肇めて臘月二十日に至て講已に徹す。其の餘の律典、及び後二の戒學、精微を硏覈せずと云ふこと靡し。

時に三大部、世に未だ曾て刊行せず。唯だ宋刻の古本有て名藍に秘在す。師、往いて借出して手自から謄寫して、以て儉閲に僃ふと云ふ。

梅尾の右に山有て槇尾と號す。峰巒環峙、泉石淸幽、尤も絶勝たり。曩て弘法大師の上足智泉法師權輿の地なり。建治年間に當て泉の自性上人、重て其の廢を𦥷す。後に復た燹而に燬れて金碧の區鞠めて椔翳の墟となる。其間に過る者、衋然として心を棲ましめざると云ふこと莫し。海僧正、師の弘律の志を感じて、乃ち其の故址に就て茅を葺て廬となし、師を延て焉に棲ましむ。施者、漸集して爲に佛殿・僧寮・淨厨等の宇を建て蔚として精藍と爲る。結界立法、一へに舊制に式る。四方學律の侶、風を慕て騈ひ臻る。

僧正、復た衆多くして糧乏からんことを慮て、乃ち東照神君賜ふ所の腴田若干畝を割捨して、永く香積の資に充つ。僧正、亦た寺事を謝して入衆進具す。

時に南京に高珍と云ふ者有て篇聚の學に粹なり。師、之を招て遞に相ひ講演して來蒙を誘訓す。人皆謂ふ、嘉禎の風、再び斯時に振ふと。

丙午の歳、師年三十一、精神方さに壯んにして愈よ扶宗の志を勵ます。自ら思て曰く、吾已に通受自誓の願を遂ぐと雖も未だ別受相承の望を果たさず。是を缺典となす。仄かに聞く、大唐・三韓、佛法現住して名師碩匠代よ、人に乏しからず。吁、古人、法を求めて海を航り山に梯して艱辛を憚らず。吾れ何人ぞや。斯に敢て武を躡み芳を繼がざらんやと。是に於て高雄に登り、大師の像前に於て𢚈く百座の護摩法を修し、又た躳から伊勢・八旛・春日の三神祠に詣して入唐求法の願を告て、其の冥護を祈る。既にして雲・尊の二公に囑して衆の軌範を攝せしめ、孤錫翩然として直に海西に赴く。

道行旅㝛と雖も、而も三衣一盋暫くも身を離れず。息慈道依、複を挾んで之に從ふ。初め平戸津に抵り、次に對馬州に到る。奈せん國禁森嚴にして渡唐を許さず。然ども師の心息まずして彼の中に畱寓す。遂に宇を豐滿岳の茅壇の上に結んで、翛然として焉に居す。

日常、緣に隨て㪅に佗の營み無し。饑る寸は則ち盂を擎て食を■ひ、寒き寸は則ち破れたるを補て形を蔽ふ。淸苦自ら守て惟だ道、是れ務む。里俗、風を欽んで以て眞の苾蒭僧と爲す。

一日、書を雲公に寄て曰く、余、此地に來てより幸に恙無きを獲たり。但だ異域の佛法、未だ親く探ること能はず。故に畱滯して以て時緣を待つ。倘し商舶の駕すべき有ば、縱ひ震旦は往くべからずとも、三韓に到ることを得るも亦た大幸ならん。故山の衆務、全く公の維持を賴む。只だ能く衆を勵まして道を修め、法を久住せしめば、則ち余遐陬に在ても亦た何の慮る所か有んや。且く此間、經典の借るべき無し。後便に煩しく爲に事鈔幷に記等の數部を寄せ來れ。是れ㴱く望む所なりと。

雲・尊の二公、師の馬島に僑寓して數禩を緜歴するを念ひ、請して山に囘しめんと擬して、書を馳せて訂すに三年の約を以てす。師の答書に曰く、前に云ふ三年の約は乃ち是れ一期の施設なり。余が素願を識んと要せば則ち三の字の下に十を加へて方に始て可ならんと。竟に旋らせず。

後に復た寄せて云く、邇ころ聞く、異域の律法、大に衰へて欽慕するに足らずと。然ども余が歸期、未だ定らず。只だ宜く一衆和合して夏滿の日を以て法に依て別受を行ふべしと云云。每便寄る所の手札多く和字を用ゆ。辭意諄諄として新學を誡勖す。未だ始より一語も佗事に及ばず。

馬島は西北渤溟の中に在て寒冱苦甚、因て疾を感ず。久ふして瘳へず。庚戌の夏に至て病已に革かなり。

杪夏五日、遽かに觚翰を索めて海僧正に遺る書を作て曰く、經中に所謂一日一夜出家受戒の功德は無量なりと。況や某、悠悠たる塵海を出得して釋門に投入すること已に十餘年をや。皆是れ尊師、訓導教化の力なり。洪恩に報んと欲して常に自ら黽勉して寤寐にも未だ敢て廢㤀せず。奈何せん、愚願未だ遂げざるに報命遽かに盡く。設使此の生は虛しく過すとも、生生の大願曷ぞ竆已有らんやと云云。

初七日の昧爽、歿期稍瀕きことを知て、手に小磬槌を執り坐席を敲て驟ば佛號を唱へ、安養に生ぜんことを願ふ。忽ち異香の室に滿て馚馥人に襲くこと有り。復た紫雲の𥁋に似る者の所居の屋上に覆ふこと有り。人皆見て其の往生の明驗を識る。

師、復た筆を呼んで書して曰く、我が此の病苦は須臾の事なり。彼の淸凉の雲中に諸の聖衆と相交らば、則ち豈に大なる快樂にあらずや。八功德水・七寚蓮池、是れ我が歸る所なりと。既に書し訖て加趺冥目して泊然として長逝す。

溽暑に當ると雖も容色變ぜず。道依、治命に遵て荼毘の法を用て從事す。靈骨を收め道具を擔て棲棲として京に旋る。槇阜の一衆、訃を聞て哀慟して所親を𠷔するが如し。僧正も亦た書に接して泫然として涙下す。和歌を綴て之を悼む。

道依、衆と同じく某月日を擇で本山に就て塔を建つ。

師は天正四年丙子に生れて慶長十五年庚戌六月七日に寂す。報齡三十有五、僧臘一十有五。

嗚呼、此邦、興正・忍性の二大士の後より律燈燄を熄めて幾乎ど三百載に餘る。惟だ師、澆末に崛起して大志を跂て大願を發して、既に絶たるの玄綱を紐び已に倒るの法幟を樹つ。大心薩埵の願轂に乘じて來るに非ずんば、則ち疇が克く爾らんや。

惜かな、赤縣の遊び未だ果せざるに精泰の歸、何ぞ遄かなる。倘し其をして興正の壽に齊らしめば、則ち法化丕ひに閻浮に行はれて度人の壽、以て石室に溢るべし。木方に榮んとして、風之を折る。

悲かな、然りと雖ども師の遺芳餘烈、凛然として墜ちず。鶴林の夕より今に迨んで八十禩に垂んとす。其間、俊彥の士相ひ繼で其門より出る者の指、殆ど屈するに遑あらず。其の最なる者は則ち玉圓谿公・長圓祐公・空爾戒公・本乘空公・良存圓公・空印盛公・全理燈公・恕閒覺公・閒㝛空公・慈雲城公・眞識圓公・幻爾塔公・智鏡海公・眞空阿公・了運生公・尊光如公・光影通公・賴圓雄公・存正然公・行空然公・本寂徴公等、亾慮若干人。各の皆、三學を通練して四衆に信崇せらる師の後裔なり。謂つべし、盛んなりと。

宐なる哉、諸方の禪林敎庠、凡そ毘尼を尊奉する者、咸とく槇阜を指して律虎の林と爲す。夫の紵麻靈芝と地を易へば則ち同からん。𡮢て自誓受戒血脈の圖を製す。興正の下、讚辭を系ねて曰く、三聚を幷呑して、戒身を長養す。法を耀し生を利して、千古未だ聞ずと。此の數句、謂つべし、能く興祖平生の梗槩を罄すと。

師、講律の暇に於て喜で往生要集を閲す。其の居恆、念を淨域に繫ることを知ぬべし。奚ぞ啻だ梵行の芬芳なるのみならんや。昔し大智照師謂ること有り、生ては律範を弘め、𣦸せば安養に歸んと。前賢後賢、其の揆一なり。

蒙、曾て槇山の經藏に鎭ずる所の師の手書の聖典幷に講律日記等を隨喜するに、多くは是れ麤楮を用ひ、或は舊牘を取て背を翻にして焉を寫す。馬島に在し時、闇寫する所の梵網經の跋尾に云く、廢㤀に僃るが爲に粗紙に艸書す。敢て佛語を輕慢するには非ずと。昔日、淸貧介約、文房四寚と雖も亦た用に乏しきに似たり。而るに書寫懈らず。豈に精誠の致す所に非ずや。

親愛を捨て道業を純らにするに至ては、曾て鄕母の書を獲て未だ𡮢て啟き讀まず、纔かに頂戴訖て諸を屋外の谿流に投ず。吾が門の昺鐵面の故事と併せ按ずべし。

又、僧念正と云ふ者、𡮢て野山の賢俊大德の語るを聞くに曰く、師の在りし日、僧有て曼殊洛叉の法を修す。一夕、假寐の間夢むらく、大士告げて曰く、伱我が生身を見んと願はば、卽ち高雄法身院俊正是れなりと。

師の梵德精嚴悲願宏㴱、異馥を易簀の際に散し、祥光を屬纊の時に煥かすを觀るに、則ち之を五臺の應化と謂んも亦た何の疑しきをか之れ有んや。

頃歳、建仁長老松堂植公、釣命を承けて職に對府の以酊菴に赴く。公、暇日に於て躳ら師の舊蹟を探る。且つ人をして之を物色せしむ。然ども歳月稍久ふして、人の能く識りたる無し。適ま一華菴の老僧以僊と云ふ者、年九十餘、尚ほ善く往事を記す。公、渠に就て之を詢て曰く、某童たりし時、曾て忍師を見る。始め洛從り至て府内の宮谷に托居す。後に人緣稍譁きことを厭て、又た茅壇に移る。每に府治の西南夷崎の山水奇絶なるを愛して、其間に經行す。鄕人、其の名を知らず。但だ京都の道者と喚ぶのみ。海岸精舍の主僧智順、師の戒行を欽んで往來密爾なり。圓寂の後に及で爲に牌位を立つ。今に至て尚ほ存す。闍維の所、𡨧堵を豎てず。只だ松樹一株を栽るのみ。茅壇の四山、採伐殆ど盡く。獨り其の一株、合抱偃蹇として翠色鬱然たり。斧斤も敢て侵すこと莫しと云ふ。

奥に現光の雲松大德有り。師の嘉言懿行、前哲の記する所を攟拾して遺すこと有るを以て、衷に歉無きこと能はず、蒙に徴めて修補せしむ。始め菲才を以て辭す。然ども再請して輟に弗す。其の祖を念ひ德を尚んで暫くも相㤀れざることを嘉して、因て故の堯遠筌公の錄する所の事實と松公の傅へ聞く所とを按じて、重ねて爲に編次す。命て行業曲記と曰ふ。𥁋し曲細にして其事を記すればなり。庶くは來裔をして歆艷する所有て自ら厲まさ俾んと爾云ふ。


貞享丁戼歳嘉平月中浣日峩山沙門道徴月潭和南謹撰

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。