真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 月潭『槇尾山平等心王院故弘律始祖明忍和尚行業曲記』

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

← 前の項を見る・最初の項へ戻る →

・ トップページに戻る

1.現代語訳

律師の法諱は明忍、初めの名は以白である。俊正はその字である。平安城〈京都〉の中原氏の出身で、代々官人の家柄であった。師は権大外記康綱の九葉の子孫にあたる。父の諱は康雄、(宮廷に)仕へて少内記であった。母の出自は不明であるが、淑徳ある人であった。師は生まれながら穎異[えいい]〈人に抜きん出て優れていること〉であり、他の童子の中にあって屹然〈ひときわ高く抜きん出ていること〉としたその様は、あたかも松の若木が葭の生い茂った中に一本すっくと立ち生えているかのようであった。

七歳となり、父はその聰明であることを喜んで、(師に)命じて高雄山の晋海僧正の元で内外典を習学させた。(書を素読させれば)伊吾〈声に出して言うこと〉(自ずから)口に上り、晋海師の教授を煩わせることがなかった。

十一歳の時、父からの言いつけで家に帰った。春三月、吉日を択んで初冠〈元服〉し、少内記に任せられた。家には兄某があったがその才芸は師に劣るものであった。故に(兄ではなく師に家督を)譲って後継ぎとしたのである。

師は韻書〈虎関師錬『聚分韻略』〉を諳んじ、楷書に長じていた。そんなことから禁筵〈宮中〉で開かれる聯句会の毎には、必ず師は命ぜられて(詠われた句の)執筆をしたが、(師の)揮灑[きさい]〈思うままに書を書くこと〉はまこと敏捷であり、四座〈参加者一同〉は驚嘆したものである。故に「神童」と持て囃された。

十六歳、抜擢されて少外記・右少史の両職に補任された。(師は常々)その心を(中原家)継承の家学に留め、官職の暇に旧記を補書して、ついに数十巻に及んだ。その名声は口々に噂されて縉紳[しんしん]〈貴人。高官〉の間に起こった。

ある日、喟然〈ため息をついて嘆くこと〉として、
「この身が不確かなことはあたかも芭蕉のようなものである。穹官[くかん]〈高い官位〉峻爵〈高い爵位〉もまた、どうして羨むようなものであろうか。たといその才智が卜商[ぼくしょう]〈子夏。文学に最も長じていたという孔子の弟子〉のようであったとしても、所詮は地下の修文郎となるに過ぎない。結局、浮屠[ふと]〈仏陀〉の法を学び、永く出離〈解脱。生死輪廻から脱すること〉を求めることには及ばないものである。」
と嘆いた。

その時から深く世相に齷齪[あくせく]することを厭いて、事あるごとに高雄山に登って仏法を晋海公に問うようになった。晋海公は密教の巨擘[きょはく]〈巨頭〉であって、その德行高峻な人である。晋海公は、師に空門〈仏門〉への志があることを憫んで、教誨して飽くことがなかった。

年二十一に至って意を決して出家。晋海公の門下に投じて薙染[ちせん]〈剃髪染衣〉。瑜伽法行〈真言密教の四度加行〉を受け、朝に夕に勤め修してけっして怠ること無く、それは寝食を忘れるほどであった。晋海公は(そんな師を)指して、
「この子こそ我が一門の精進幢〈最も努力する人。その象徴〉である」

と人に語っていた。

師はまた、
「仏陀は(戒・定・慧の)三学を設けられて戒をその基本とせられた。基本が確立されなければ、定と慧とは他の何に依って生じるであろう。利済〈衆生を利益し済うこと〉を行わんと思うならば、必ずその根本を堅固としなければならない。残念なことに、この国における律幢は久しく倒れたままであって誰もこれを扶起〈立て直すこと〉しようとする者の無いことである。吾儕[わなみ]〈私、我々〉は、かたじけなくも緇倫〈僧〉の端くれとなった者である。(戒も律も廃れたままとなっている日本における仏教の現状を)一体どうして坐視して放置できようか」
とも嘆かれていた。そこで憤然として志を奮い立たせ、晋海公の元を辞して南京〈奈良〉に赴き、古聖の遺蹤〈遺跡〉を訪れて先賢の優れた著作を探し求めた。

ところでその同時期、僧で寥海、字は慧雲という者があった。元は法華宗の人である。幼少より脱俗出家しており、その智解は嶄然〈ひときわ抜きん出ていること〉として最も止観に精通していたことから、人々は皆「観行即の慧雲」と称賛していた。慧雲は常に、今世の贋浮屠〈悪僧・似非僧〉で仏法を隠れ蓑にして貴富を貪っている者らを視て、そのような輩と頡頏することを避けていた。(そこで遂には法華宗を脱して)跡を丹波の山中にくらまし、蕨を採っては餓えに充て、蒲を編んで生業として清浄自活して年月を積んでいた。

ある日、たまたま古蹟を訪れようと和陽〈奈良〉を訪れていた際、師と三輪山の下にて邂逅したのであった。すると忽ち蓋を一つに傾けることとなり恍惚として、まるで夙契〈宿契。宿世の因縁〉かのようであった。素志〈日頃からの志〉に話が及ぶとたちまち鍼芥相投〈出会った瞬間に親しく交わるようになること〉したのである。そこで遂に共に西大寺に入り、尸羅〈戒〉を稟受した。西大寺は興正大士〈興正菩薩叡尊〉の旧道場である。大士が遷化された後、星霜〈年月〉やや久しくして僧風衰落していた。しかしながら、なお一、二の耆徳〈宿徳。徳高い老人〉あってよく止持作犯を説いていた。師は慧雲公と聆を席下に側て平生からの数々の疑問は、あたかも雪が融け、氷が砕けるかのように立ち消えた。

ところで寺には僧全空、字は友尊という者があって、また律学を嗜んでいた。二人の師の仏道を求める想いの篤いことに共感し、共に莫逆の交りを締んだのであった。(西大寺における律学の)講筵に参座すた度に必ず品坐評商〈内容を考証し、議論すること〉して夕陽が木々に差し掛かる〈長い時が経つこと〉のもわからぬほどであった。

慶長壬寅の歳〈慶長七年. 1602〉、居処を梅尾の蘭若[らんにゃ]〈閑静な地。阿蘭若の略〉に移した。慧雲・友尊の二公と伴に結んで、春日・住吉の二神前にて好相を祈り、大乗三聚浄戒を通受の法によって自誓受戒した。

時に師の年二十七、甲辰〈慶長九年. 1604〉の春、南京の安養・龍徳・戒蔵の諸院において、慧雲公と『四分律刪繁補闕行事鈔』〈以下『行事鈔』〉を輪講した。仏涅槃の前四日より始めて臘月二十日に至ってその講了した。その他の律典および後二の戒学についても、精微を研覈〈研究〉しないということは無かった。当時、(律宗における最も重要な典籍である、南山大師道宣による『行事鈔』・『四分律戒本疏』・『四分律羯磨疏』の)三大部は(日本において)いまだかつて刊行されたことが無かった。ただ宋代の支那で出版されていた古本があって名藍〈有名寺院〉が秘蔵していたのみであった。そこで師は往ってこれを借り出し、手ずから謄写して(後に出版するべく)検閲に備えたということである。

梅尾の右には山があって槇尾という。峰巒環峙 泉石清幽として、もっとも絶勝〈地勢が非常に優れていること〉である。かつて弘法大師の上足智泉法師が権輿〈発端。開基〉した地である。建治年間〈1275-1278〉に泉州の自性上人〈我宝自性〉が改めて廢れていた地を復興した。その後、再び兵火によって消失し、かつての金碧の区〈絢爛な姿〉は成れ果てて椔翳〈枯死した草木〉の墟となった。ここを通り掛かる者で、(その荒れ果てた様を)悲しみ嘆いて心を棲ましめざると云ふこと莫し。

晋海僧正は、師の弘律の志に感動してその故址に茅葺きの庵を建て、師を招いてそこに住まわせた。施者、漸く集って(師らの)為に仏殿・僧寮・浄厨などの堂宇を建て、ついに盛んとなって精舎伽藍となる。(これを律院僧坊とするに際しての)結界の法は、偏に旧制〈本来の方法。律蔵に基づいた法〉に則るものであった。全国の律を学ばんとする者らは、その風儀を慕って参集した。僧正はそこで、衆僧が多くなり食糧が乏くなることを慮り、東照神君〈徳川家康〉が賜われた腴田〈肥沃な田地〉若干畝を(槇尾山に)割譲し、永く香積の資にあてたのである。そして、僧正もまた(神護寺の)寺務を謝絶し入衆進具〈具足戒を受けて比丘となること〉したのであった。

時に南京(西大寺)には高珍という者があって篇聚〈五篇七聚の略〉の律学に精通していた。師は彼を(槇尾山に)招き、相互に講演して(新たに槇尾山に律を学んで受けようと)来たった新学の徒らを訓誘した。人々は口々に、
「(興正菩薩叡尊らが律を復興した)嘉禎年間の風が、再びこの時代に吹いた!」
と噂したものである。

丙午の歳〈慶長十一年. 1606〉、師の年三十一、精神まさに壮健であっていよいよ扶宗〈律宗復興〉の志を励ましていた。そこで自ら考えて、
「私は既に通受自誓受の願いを遂げ(比丘となり)はしたけれども、いまだ(本来の受具足戒の法である)別受を相承する望みを果たしてはいない。これは実に缺典〈欠点〉である。仄聞するに、大唐〈支那〉・三韓〈朝鮮〉では仏法は未だ現在も伝わり行われており、名師・碩匠も代々あって(仏法を真に教授する)人が乏しいことなどないという。ああ、古人は法を求めて海を渡り、山々に登って艱難辛苦するを憚りなどしなかった。私など(命を惜しむほどの)何者でもありはしない。そうであれば、(渡唐した古人に倣って)敢えてその跡を踏み、その行業を継ごうではないか」
と言ったのであった。そこで高雄山に登り、弘法大師の像前において恭しく百座の護摩法を修し、また自ら(高雄山に勧請され鎮守としてある)伊勢・八幡・春日の三神祠に詣でて入唐求法の願いを告げ、その冥護を祈った。そうして慧雲・友尊の二公に後を託して槇尾山衆徒の軌範師とし、孤錫翩然として直に海西に赴いたのである。

その道程は旅宿ではあったが、しかし三衣一鉢を片時も身から離すことはなかった。息慈〈沙弥〉道依〈道依明全。この時、道依は浄人として随行したのであって沙弥では無かったであろう〉は、複を挾んで師に随行した。まず初めに平戸津に至り、そして次に対馬州に到った。(対馬から唐に渡ろうとしたけれども)いかんせん国禁森厳であって渡唐は許されなかった。しかしながら、師はその志を捨てること無く、対馬に滞留し続けた。そして庵を豊満岳の茅壇の上に結び、翛然としてここに居した。その日常は、ただ縁に従うのみで更に他の営みなど無かった。餓えた時は鉢をもって食を乞い、寒い時は破れた布を補って体を覆うのみである。清苦〈清貧〉たることを自ら守り、ただ仏道にのみ努め励んだ。土地の人々は、(師の)風儀を喜んで「真の苾蒭僧〈比丘僧〉である」と言った。

ある日、書を慧雲公に寄せて云うに、
「私はこの地に来てから幸いにも恙無く過ごすことが出来ています。ただ異域の仏法について、いまだ親しく探ることが出来ていません。そこでここに滞留して時縁を待っています。もし商舶に乗船できるようなことがあれば、たとい震旦〈支那〉には(直接)行くことが出来なくとも、三韓に到ることが出来るならばまた大いなる幸いでありましょう。槇尾山の衆務は全く公の維持に頼ります。ただよく衆徒を励まして道を修め、仏法を久住させたならば、私が遐陬[かすう]〈僻地〉にあったとしても何も心配することはありません。(ところで)いまのところこの地には、経典を借り得るところがありません。後便にて、手を煩わせますが、私のために『行事鈔』ならびに『行事鈔資持記』〈大智律師元照による『行事鈔』の注釈書〉等の数部を送ってくれるないでしょうか。これは私が深く望んでいることです。」
とのことである。慧雲・友尊の二公は、師が対馬島に僑寓〈仮住まい〉して数年にわたるであろうことを慮り、請うて槇尾山に帰らせようと思案して書を馳せ、定めて三年の期限とすることを取り決めた。すると師の答書には、
「前の便りで言われた『三年の期限』とは一期の施設〈仮に云うこと。概念〉でありましょう。私の素願を知ろうと要せば則ち三の字の下に十を加えて初めて可でありましょう」
とあって、遂に帰らせることが出来なかった。すると後にまた書を寄せ、そこには
「近頃聞くに『異域の律法、大いに衰えて欽慕するに足るものではない』とのことでした。しかしながら、私がそちらに帰る時期はいまだ定まりません。ただ(槇尾山の衆徒は)よろしく一衆和合し、夏満の日〈自恣。安居を終える最後の日。ただし、ここでの意は別受の執行が可能となる「具足戒を受けて後、十夏の自恣を迎えた時」の意〉に法に従って別受を行えばよいでしょう云云」
とあった。毎便、(師が)寄せてくる手紙の多くは和字〈かな〉が用いられていた。その内容は諄諄として新学〈新たに律を受け学ぶ者〉を教誡するものであった。(対馬に渡ってから)その始めより一語として他事に及ぶものは無かった。

対馬島は西北の渤溟〈大海〉の中に位置して非常に寒く、その苦しみは甚だしいものであったが、それに因って病の兆候があり、しばらくしても一向に治らなかった。庚戌〈慶長十五年(1610)〉の夏となって、その病は頓に悪化した。

杪夏〈晩夏。六月〉五日、にわかに紙筆を手繰り寄せて晋海僧正に遺す書を作って、
「経典の中に『一日一夜であろうとも出家受戒の功徳は無量である』といわれます。ましてや私の如き、悠悠たる塵海〈無限なる苦海。俗世界〉を脱して釈門〈仏門〉に入って既に十余年の者ならばなおさらであります。それも全て尊師〈晋海僧正〉による訓導教化の賜物です。その洪恩〈鴻恩〉に報いようと願って常に自ら黽勉[びんべん]〈努め励むこと〉し、寤寐[ごび]〈寝ても覚めても〉にも決して忘れたことがありません。(しかしながら)どうしようもないことに、その愚願をいまだ遂げることが出来ぬままに、私の寿命はにわかに盡きることとなりました。たといこの生は虚しく過ぎたとしても、生生世世の大願がどうして盡きることがありましょうか云云」
と記したのである。

初七日〈六月七日〉、死期がもはや差し迫っていることを知って、手に小磬槌を執り坐席を叩きながら、しばしば(「南無阿弥陀仏」と)仏号を唱え、安養〈極楽浄土〉に生まれ変わることを願った。すると忽ち異香が部屋にたちこめ、その芳しい香りが人にまで染み付いた。また紫雲が傘のようになったのが(師の)庵の屋根の上を覆ったのである。人は皆それを見て、師が(極楽浄土に)往生する明らかな兆候であることを知った。

師は再び筆をたぐり寄せ、
「我がこの病苦など須臾〈一瞬〉の事に過ぎない。あの清涼なる雲の中にて諸の聖衆と相い交ったならば、それはどれほど大いなる快楽であろうか。八功徳水・七宝蓮池、それこそ我が行き着く所である」
と書き終わると結跏趺坐して冥目し、泊然〈恬淡たる様子〉として長逝〈逝去〉した。非常に蒸し暑い時期であったけれども、(その遺骸の)容色は腐敗変色しなかった。道依は遺言に従い、荼毘の法をもって葬送した。そしてその霊骨を収めて(師の遺された)道具を背負い、すぐさま京に帰った。槇尾山の一衆は、その訃報を聞いて哀慟すること、あたかも親を亡くしたかのようであった。僧正もまた(師の僧正に宛てた)書に接して泫然〈さめざめと泣くこと〉として涙をこぼした。そこで和歌を綴ってその死を悼んだのである。

道依は(出家して)槇尾山の衆徒と同じくし、某月に日を択んで本山に墓塔を建てた。

師は天正四年丙子〈1576〉に生まれ、慶長十五年庚戌〈1610〉六月七日に寂した。報齢三十五、僧臈十五であった。

嗚呼、この国においては興正菩薩叡尊・大悲菩薩忍性の二大士の後より律燈はその焰を消してほとんど三百年余りとなった。ただ師のみ、この澆末〈末世〉に崛起〈起き立つこと〉して大志を立てて大願を発し、既に絶えていた玄綱〈幽玄なる法義〉を紐び、已に倒れた法幟を樹てたのである。それは大心薩埵の願轂〈誓願という車〉に乗じて来たもので無いとしたならば、(その真相を)一体誰がよく知ることが出来るであろうか。

惜しいことである、赤縣の遊び未だ果せざるに精泰の歸、どうして速やかであったろうか。もし師が興正菩薩の寿命〈叡尊は九十歳まで生きた〉と同様であったならば、その法化は大いに閻浮提〈世界〉は行われ、(師によって)度人の壽、以て石室に溢るべし。木がまさに盛んであったのを、風がこれを折ったのである。

悲しいことである、しかしながら師の遺芳餘烈〈遺した美名と業績〉は凛然〈凛々しい様子〉として廃れてはいない。(師の)鶴林〈入滅〉の夕べより今に及ぶに、およそ八十年となろうとしている。この間、俊彦〈優れた男子〉の士が(師の興律の跡を)相い継ぎ、その門から出た者を数えようと指を折るのに暇ないほどである。その中でも優れた者とは則ち、玉圓空谿公・長圓了祐公・空爾友戒公・本乗輪空公・良存堯圓公・空印忍盛公・全理慧燈公・恕閒澄覺公・閒宿了空公・慈雲智城公・眞識空圓公・幻爾智塔公・智鏡慧海公・眞空了阿公・了運不生公・尊光空如公・光影𥧬通公・頼圓尊雄公・存正卓然公・行空宛然公・本寂慧徴公等、すべて若干人。各々皆が三学を通じ練磨して(比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷の)四衆に崇信される師の後裔である。まさに言うべきであろう、(師が興し遺された律門は)盛んであると。

喜ばしいことである、諸方の禅林〈禅寺〉・教庠〈学林〉であれ、およそ毘尼〈vinaya. 律〉を尊奉する者は皆悉く槇尾山を指して「律虎の林」というのである。それは(支那の)紵麻〈道宣の居した終南山〉や霊芝〈元照の居した崇福寺〉と地を変えたとしても、(往時のように戒律を護持し、その威儀整然として厳重であることは)まったく同じ様相であったろう。(師は)かつて『自誓受戒血脈の図』を製作した。興正菩薩の下に讃辞を連ね、
「三聚を并呑して、戒身を長養す。法を耀し生を利して、千古未だ聞かず」
とある。この数句は、言うべきである、よく興祖の平生の梗概〈あらまし〉を盡くしたものであると。

師は律を講じる暇には、喜び『往生要集』を閲していた。そのような居恒〈日常〉から、(師が)念を浄域〈極楽浄土〉に繫けていたことが知られるであろう。どうして(師が)ただ梵行〈持戒持律〉だけの芬芳〈良い香り。ここでは象徴の意〉であったとすることが出来ようか。その昔、大智律師元照が言っていた言葉がある、「この生のあるうちは律を弘め、死したならば安養に行き着こう」と。前代の賢者〈元照〉も後代の賢者〈俊正明忍〉も、その揆を一つにしたのである。

〈愚か者。月潭道徴が自らを謙遜して言う〉は、かつて槇尾山の経蔵に収蔵している師の手書きの聖典ならびに講律日記等を隨喜(して閲覧)したところ、その多くは麤楮〈粗い和紙〉が用いられ、あるいは旧牘〈古紙。反故〉を用いて、それを裏返しにして書写されたものであった。対馬島に在りし時、諳んじて書き写した『梵網経』の跋文には、
「(万一)廃忘した際に備えて粗紙に草書したのである。故意に仏陀の言葉を軽慢してのことではない」
と書かれていた。当時、(師が)清貧節約であったその様は、たとえ(硯・墨・紙・筆の)文房四宝であっても満足に用いることが出来なかったのであろう。にも関わらず書写を怠ることは無かったのである。誠に(師の仏道に対する)精誠の致すところであったろう。

親への愛を捨て、ひたすら道業を専らとする態度に至っては、かつて郷里の母から書を得ても、それを決して開き読むことはせず、わずかに頂戴してからこれを屋外の渓流に投げ捨てるほどであった。我が門〈禅宗〉の昺鐵面〈鉄面昺禅師〉の故事〈『禅関策進』に出〉と併せて考えるべきことである。

また、僧で念正と言う者が、かつて高野山の賢俊〈賢俊良永。槇尾山にて受具後まもなく退衆し、高野山円通律寺を創建。また法隆寺北室院を律院として中興した〉大徳が語るのを聞いたところに依ると、
「師の在りし日、ある僧が曼殊洛叉の法〈文殊菩薩の五字真言を十万遍唱える修習法〉を修した。ある夜、仮寝の間に夢を見たところ、大士〈菩薩〉が現れて告げるに、 『汝、我が生身を見ようと願うならば、すなわち高雄山法身院の俊正である』 とのことであった」
という。師の梵徳精厳にして悲願広深なることは、異馥〈異香〉を易簀〈死〉の際に散じ、祥光〈めでたい光〉を屬纊〈臨終〉の時に輝かしたことを見たならば、師は五台〈文殊菩薩〉の応化であったと言っても、また何の疑いもありはしないであろう。

最近、建仁寺の長老松堂宗植公〈建仁寺三百十一代長老〉が朝命を承けて朝鮮修文職に任じられ、対馬府内の以酊菴〈支那・朝鮮との外交拠点とした禅寺〉に赴いた。公は、余暇の日に自ら師の旧蹟を探ったのであった。また同時に人にもこれを探させた。しかしながら、(師が没してから)歳月もやや久しく、人でこれをよく知っている者が無かった。たまたま一華菴の老僧以僊という者が、その年九十余であったけれども、なお善くかつての事柄を伝えていた。そこで公は彼に就いて師のことを尋ねると、
「私がまだ童であったかつて、明忍師を見たことがある。始めは京都より来て府内の宮谷に居されていた。しかし後に(宮谷は対馬の市街であって)人縁がやや煩いことを厭い、茅壇に移られた。ことに府治の西南にある夷崎の山水が奇絶であることを愛され、そこを経行されていた。郷人らはその名を知らず、ただ『京都の道者』と呼ぶのみであった。海岸精舎の主僧智順は、師の戒行に随喜して往来密爾であった。円寂〈逝去〉された後、師の為に位牌を立てた。これは今に至ってもなお存している。闍維〈荼毘〉に付した地に卒塔婆は建てなかった。ただ松の樹一株を植えたのみである。茅壇の四山は伐採されてほとんど禿山となったが、独りその一株のみは合抱偃蹇〈一抱えとなるほどの大木で、のびのびと広がっていること〉として翠色鬱然〈青々として鬱蒼と茂っていること〉である。斧斤〈木樵〉らもそれを敢えて伐ることなど無かった」
とのことであった。

ここに現光寺の雲松實道大徳〈槇尾山衆僧の一人。現光寺中興・巖松院三世〉がある。師の嘉言懿行〈善言と立派な行い〉で、前哲が伝え記したものを蒐集して遺されたものがあるけれども、しかし本心から満足のいくものではなかった。そこで蒙に依頼してこられ、それを補完しようとされたのである。

最初は菲才〈才能が乏しいこと〉であることから辞退した。しかしながら再び請われたためやむを得ず撰すこととなった。その祖師〈明忍律師〉を想い、その徳を尊んで片時も忘れないことを称えて、因みに原本である堯遠不筌公が記した事実〈『明忍律師之行状記』〉と雲松公の伝え聞く所とを按じ、改めて編纂した。名づけて『行業曲記』という。けだし曲細〈非常に詳細であること〉にその事を記したためである。願わくは(この『行業曲記』によって)来裔〈子孫。律師の法孫〉が(師を)歆艷〈羨慕〉して自らを励まさしめるものになるように、とそう命名した。


貞享丁卯歳〈1687〉嘉平月中浣日 峩山沙門道徴月潭和南 謹撰

← 前の項を見る・最初の項へ戻る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。