真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 戒山『槇尾平等心王院俊正忍律師伝』

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

律師諱明忍。俊正其字也。出京兆宦族中原氏。權大外記康綱九世孫。父名康雄。事朝爲少内記。母某氏。有淑德。師生于天正丙子四年。天姿穎特。處群童中屹然自異。如穉松挺挺於嵩葭間。父喜其聰慧。特加鍾愛。七歳俾從高雄山僧正晉海公學内外典。伊吾上口。不煩師授。十一歳。父喚回家。卽任少内記而紹其家。師諳韻書。善楷字。毎禁筵聯句會。必命師執筆。揮灑敏捷。四座驚嘆。故有神童之譽。師又留心于纘承家學。官暇則補書舊記。積成數十巻。聲名籍籍起縉紳間。志學之後。升少外記。兼右少史。朝中皆榮之。而師不以爲意。以其嘗聆海公之訓。志在出家。視世間榮名峻秩。特旅中半炊之夢耳。常登高雄。輒留連於山雲水石間。而忘其返。海公憫其志。殷勤而誨之。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2.書き下し文

律師1は明忍、俊正は其の2なり。京兆の宦族中原氏3の出にして、權大外記4康綱の九世孫なり。父の名は康雄、朝に事へて少内記5と爲る。母は某氏、淑德有り。

師、天正丙子四年に生れて天姿穎特。群童中に處して屹然として自ら異なること、穉松の嵩葭の間に挺挺とするが如し。父、其の聰慧なることを喜で、特に鍾愛を加ふ。

七歳、高雄山の僧正晉海公6に從て内外典7を學ばしむ。伊吾8口に上り、師授を煩はせず。

十一歳、父喚で家を回し、卽ち少内記を任せて其の家を紹ぐ9。師、韻書10を諳じて、楷字を善くす。禁筵11聯句會12毎に必ず師に命じて執筆せしむ。揮灑敏捷にして、四座驚嘆す。故に神童の譽有り。師、又心を纘承家學に留めて、官の暇に則ち舊記を補書し、積で數十巻と成る。聲名籍籍として縉紳13の間に起る。

志學の後、少外記14に升て、右少史15を兼ぬ。朝中の皆、之を榮れとすれども、師以て意と爲さず。其の嘗て海公の訓を聆くを以て、志出家に在り。世間の榮名峻秩を視て、特だ旅中半炊の夢16のみとす。常に高雄に登て、輒ち山雲水石の間に留連して、其の返ることを忘る。海公、其の志を憫て、殷勤に之を誨ふ。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3.現代語訳

律師の諱は明忍、俊正はその字である。京兆の官吏中原氏の出身であって、権大外記康綱より九世の子孫である。父の名は康雄、朝廷に仕え少内記であった。母は某氏、淑徳ある人であった。

師は天正丙子四年〈1573〉に生れ、その容姿は優れて秀才であった。他の童子らの中にあって屹然として自ら異なったその様は、あたかも松の若木が葭の生い茂った中に一本すっくと立ち生えているかのようであった。父はその聡明であることを喜んで特に寵愛を加えた。

七歳の時、高雄山の僧正晋海公に従って内外典を学ばせられる。(書を素読させれば)伊吾〈声に出して言うこと〉(自ずから)口に上り、師の教授を煩わせることがなかった。

十一歳となって、父に呼び戻され家に戻り、そこで少内記を任されて家を継いだ。師は韻書〈『聚分韻略』〉を諳んじており、楷書を善くした。宮廷の殿上人らは聯句会が開かれる毎に必ず師に命じて(そこでの詩歌を)執筆させたが、その思うままに筆を振るって素早いこと様を見て、四座〈参加者一同〉は驚嘆するのであった。そのようなことから「神童」と讃えられていた。師はまた、心を家系の継承にも留めており、官職の暇を見つけては旧記を補って編纂し、遂に数十巻とまで成っていた。その名声は口々に噂されて縉紳〈貴人〉の間に起こった。

志学〈十五歳〉の後、少外記に昇進して右少史も兼ねた。朝廷の人々は皆、それを誉れとであると讃えたけれども、師はそれを本意とせず気にもとめなかった。(なぜならば)かつて晋海公の薫陶を受けたことによって、出家を志していたからである。世間での名誉や高い地位に就くことなど、ただ(盧生が立身出世を夢見て楚に向かう)旅の途中の邯鄲の地で(偶然出逢った道士から借りた枕でうたた寝すると、大いに栄華を極める一生涯の夢を見たが、目覚めてみればそれは炊きかけの黍飯が出来上がりもしない、実に半刻にも満たない間の儚い夢であったという)「半炊の夢」〈一炊の夢〉の如き夢幻に過ぎないものだと思っていた。そこで常に高雄山に登って山雲水石の間に遊び、家に帰るのも忘れるほどであった。晋海公はその志を憐れんで慇懃に(仏法をもって)教誨した。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

4.脚註

  • [いみな]…実名。その昔の支那において、人の死後にその実名を口にすることを憚った習慣があったが、それが生前にも適用されるようになった。普段は実名(諱)は隠して用いず、仮の名いわば通名・あだ名を用いた。その習慣が日本にも伝わり、平安中後期頃から僧侶においても一般化した。奈良期、平安初期の僧侶にはこの習慣はない。→本文に戻る
  • [あざな]…諱以外に普段用いた名前。あだ名、通名。僧侶においてはこれを仮名[けみょう]ともいった。たとえば明恵上人高辯や慈雲尊者飲光についていえば明恵や慈雲が字であり、高辯や飲光が諱である。→本文に戻る
  • 中原氏[なかはらし]…平安中期に始まる古い家系で、明経道または明法道を家学とし、大外記あるいは少外記を世襲した地下の公家。→本文に戻る
  • 權大外記[ごんたいげき]…外記は朝廷の太政官に属した官職。四等官のうち少納言配下の主典[さかん]の一。天皇への奏文の作成など事務や、朝廷の儀式の奉行を行い、その先例や故実などの調査に当たった。権とは副あるいは仮の意で、ここでは副官あるいは員数外の官人の意。権大外記の官位は正七位上相当。→本文に戻る
  • 少内記[しょうないき]…内記は中務省に属した品官(四等官の体系に属さない官職の総称)。詔勅や位記の起草などの公文書作成、および天皇の行動記録を行った。主に文筆に秀でた者が任命された。少内記の官位は正八位上相当。→本文に戻る
  • 晉海公[しんかいこう]…晋海守理。京都の清原氏出身。高雄山神護寺法身院にて出家。後に仁和寺第二十世、厳島御室任助親王から灌頂を受け、これをまた南御室覚深親王に伝えた。南北朝時代の天文年間1532-1555に兵火で甚だ荒廃していた高雄山神護寺の復興に尽力するに際しては、徳川家康の帰依を受けて寺領千五百町歩(三百戸)を下賜され、また寺の三里四方の山林を伽藍復興の為にと与えられて復興の財とした。
     明忍律師の幼少期から学問の師であった。律師の和上となって以降はむしろ律師から戒律復興への熱情に影響を受け、その良き理解者で後援者となり、平等心王院の復興に全面的に経済的支援をしている。そして実際に戒律復興に際してはその一員とすらなっている。律師が逝去した翌年の慶長十六年三月二日遷化。
     慈雲尊者の『律法中興縁由記』には「僧正因に云く、予いま大樹君の歸敬ありて世栄分に過ぎ」あるいは「世人上下みな吾僧正の高徳を仰がざるなし」とあり、徳川家康や公家との交流があり、その帰依と後援を受けていた高名な僧であったという。。→本文に戻る
  • 内外典[ないげてん]…内典とは仏典。外典とは仏教以外の思想書、特に日本では例えば儒教・道教などの書。→本文に戻る
  • 伊吾[いご]…書を読む声。声に出して言うこと。→本文に戻る
  • 其の家を紹ぐ…明忍律師についての諸僧伝では、そもそも明忍律師には本来その家を継ぐべき兄があり、どうやら素行不良の人あるいは「才覚が弟に及ばない」であったために、律師が家を継いだとする。しかしながら、明忍律師が元服して任官した際に改めた名は、清原朝臣小内記賢好であった。「中原朝臣」でなく「清原朝臣」である。その故は律師が幼少の頃、清原秀賢[ひでかた]の門弟となり、元服に際して清原姓に改めたためであった。その故は、秀賢自身が堂上を許されたことをきっかけに、清原姓を改めて舟橋姓へと変えられたことに依るのであろう。そのような清原家との近しい関係は、明忍律師が幼少にして師事した晋海僧正も清原家出身の人であったことから確実といえる。
     もともと中原氏と清原氏(広澄流)とはほぼ同格の家柄で、清原氏もまた代々外記を世襲してきた地下の公家であったが、清原秀賢の代において昇殿を許された。本文に戻る
  • 韻書[いんしょ]…漢字を韻によって分類整理した書籍。ここでは特に、鎌倉期の臨済僧、虎関師錬[こかんしれん]によって作詩のために著されたいわば漢字辞典『聚分韻略』のこと。→本文に戻る
  • 禁筵[きんえん]…宮中。御所。→本文に戻る
  • 聯句會[れんくえ]…公家や禅家などの余興で、何か一つの題について複数人で句を連ね、一つの詩として楽しむ会。余興と言っても様々な作法があり、当時の上流階級や有閑富裕層の社交の場であった。→本文に戻る
  • 縉紳[しんしん]…身分の高い人。貴人。→本文に戻る
  • 少外記[しょうげき]…大外記の下にあって公文書・事務を担い、また儀典を司った官位。→本文に戻る
  • 右少史[うしょうし]…少史は神祇官あるいは太政官に属した官職。ここでは律師が神祇官の少史に任命された太政官のに任命されたのか明記されていないが、同時に少外記に任命されているので、太政官のであろう。文筆に秀でた者が任命され、朝廷の公文書の作成および記録を司った。右少史の官位は正七位上相当。→本文に戻る
  • 旅中半炊の夢…支那は唐代の伝奇小説『枕中記』の故事に基づく語。『枕中記』の主人公盧生は、自身の不遇なる境遇を不満に思い、立身出世を夢見て楚に向かおうとする途上、邯鄲の近くの宿屋で小休止していた。そこで偶然出逢った道士呂翁と自身の不遇など境遇など身上話などして愚痴をこぼしていたところ、急に眠気がさしてきた。すると呂翁は自身の持っていた枕を使えと差し出してきたため、盧生はこれを使って眠りに落ちた。そして盧生は、以降トントン拍子に栄達を極め、幾度の失脚を経験するも再び返り咲くなど、苦しみも経験しつつも大いに栄華を極めついに老衰して死ぬ。と、そこで盧生は眼を覚ます。が、しかしそこは邯鄲の宿屋であって、それまで経験していた栄枯盛衰の長き人生は、眠りに落ちる前に炊きかけていた黍飯が炊きあがりもしないごく短い間に見た夢であったことに気づく。つい先程までその不遇を不満に思い立身出世を夢見ていた盧生はしかし、ついに人生の儚さ、栄華の虚しさを悟り、呂翁も深く礼を述べてその場を去る、という話。
     支那および日本でも非常に知られたいわば人生訓で、「邯鄲の夢」「邯鄲の枕」の故事として用いられる。→本文に戻る

現代語訳 脚注:非人沙門覺應
horakuji@gmail.com

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。