真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 戒山『槇尾平等心王院俊正忍律師伝』

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

十一年。師年三十一。自思曰。吾雖遂通受自誓之願。尚未果別受相承之望。仄聞。大唐三韓佛法現住。名師碩匠遞代不乏。吁古人求法航海梯山不憚艱辛。吾何人。斯敢不躡武繼芳乎。於是登高雄。於弘法大師像前修護摩法百座。又躬詣伊勢。八旛。春日。三神祠祈其冥護。既而囑雲尊二公。管御徒衆。孤錫翩然。直赴海西。道依挾複從之。初抵平戸津。次到對馬州。柰國禁森嚴。不許渡唐。然師心弗息。寓居府内宮谷。久之厭人緣稍譁。又移茅壇。愛府治西南夷崎山水奇絶。經行其間。鄕人不知其名。但喚京都道者耳。海岸精舎主僧智順。欽師戒行。往來密邇。師日常隨緣更無他營。擎𥁊蜑食。補衣蔽形。如是數歳。備嘗百苦而志益堅。手錄經律要文。以備考證。其精勤如此。毎便贈書於慧雲及合山徒衆。其叮嚀委囑。在忘軀弘持此道。未嘗有一句言及他事矣。言多不載。會得鄕母書。輒慇勤頂戴。投之谿流。不展視。此足以見其捨親愛而純道業也。俄而寢疾。經久弗愈。自知不起。乃作書以遺海公。手執短杖。敲坐席。驟唱佛號。願生安養。忽見紫雲靉靆寶華繽紛。乃呼筆書曰。我此病苦須臾之事。彼淸凉雲中與諸聖衆相交。則豈不大快樂哉。八功德水七寶蓮池。是我所歸處也。書畢加趺而逝。時慶長十五年六月初七日也。閲世三十有五。坐若干夏。雖當溽暑。容色不變。道依用荼毘法從事。收靈骨。擔道具。棲棲旋京。槇阜一衆聞訃哀慟。如喪所親。海公接書。泫然涙下。賦和歌悼之。道依同衆就本山建塔焉。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2.書き下し文

十一年、師年三十一、自ら思て曰く、吾、通受自誓の願ひを遂ぐと雖も、尚ほ未だ別受相承1の望みを果たせず。仄聞す、大唐三韓佛法現住して名師碩匠遞代乏しからずと。吁、古人法を求めて海を航り山を梯して艱辛を憚らず。吾何人ぞ。斯に敢て武を躡み芳を繼がざらんや。是に於て高雄に登り、弘法大師像の前に於て護摩法2を修すこと百座。又躬ら伊勢・八旛・春日の三神祠に詣て、其の冥護を祈る3

既にして雲尊二公に囑して徒衆を管御せしめ、孤錫翩然として直に海西に赴く。道依4、複を挾で之に從ふ。初め平戸津5に抵り、次で對馬州に到る。柰せん國禁森嚴にして渡唐を許さず6。然も師、心息めず。府内宮谷7に寓居すること久しくして人緣稍譁を厭ひ、又茅壇8に移る。府治の西南夷崎9の山水奇絶を愛して、其の間に經行す。鄕人、其の名を知らず。但だ京都の道者と喚ぶのみ10

海岸精舎の主僧智順11、師の戒行を欽んで往來密邇す。師は日常、緣に隨て更に他營無く、𥁊を擎て食を蜑ひ、衣を補て形を蔽ふ。是の如きこと數歳、備さに百苦を嘗むと雖も志益々堅し。手に經律の要文を錄して、以て考證に備ふ。其の精勤なること此の如し。毎便、書を慧雲及び合山徒衆に贈ふ12。其の叮嚀の委囑、軀を忘れて此の道を弘持するに在り。未だ嘗て一句も言て他事に及ぶこと有らず、言多く載せず。

會て鄕母の書を得るも、輒ち慇勤に頂戴し、之を谿流に投じて展視せず13。此れ以て其れ親愛を捨て道業に純ずと見るに足る。

俄にして疾に寢る。經ること久しくして愈へず、自ら起てざることを知る。乃ち書を作て以て海公に遺る14。手に短杖を執て坐席を敲き、驟佛號を唱て、安養に生ずることを願ふ。忽ち紫雲靉靆して寶華繽紛せるを見。乃ち筆を呼で書して15曰く、我が此の病苦は須臾の事。彼の淸凉雲中に諸聖衆と相交はれば、則ち豈に大快樂ならずや。八功德水の七寶蓮池、是れ我が所歸の處なりと。書畢て加趺して逝く。

時に慶長十五年六月初七日なり。閲世三十有五、坐若干夏16溽暑に當ると雖も、容色變ぜず17。道依、荼毘法を用て從事して靈骨を收め、道具を擔て、棲棲として京に旋る。槇阜の一衆、訃を聞て哀慟すること所親を喪するが如し。海公、書に接して泫然涙下し、和歌を賦して之を悼む18道依、衆を同じくして本山に就て塔を建つ19

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3.現代語訳

慶長十一年〈1606〉、師三十一歳の時のことである。師は自ら、
「私は通受自誓受の願いを遂げることは出来たけれども、しかしなお未だ別受従他受1を相承する望みを果たせずにある。伝え聞くに、大唐〈支那〉三韓〈朝鮮〉には仏法は今も善く伝えられ、行われており、名僧・碩学あって、その伝統は途絶えていないという。ああ、古人は法を求めて海を渡り山に登るなど艱難辛苦を厭うことなどなかった。私など取るに足らない者である。ここで敢えて勇ましく歩みを進め(古の大徳らの成した)芳蹤を継がないことがあろうか」
と思い至る。そこで高雄山に登り、弘法大師の像の前にて護摩法を修すこと百座。さらに自ら伊勢・八幡・春日の三神の祠に詣でて、その冥護を祈った。

その後、慧雲・友尊の二公に後を託して(平等心王院に入門した新学の)徒衆の教導を委ね、ただ一人颯爽として海の西へと旅立っていった。ただ道依のみが師に從って行った。初め平戸津を訪れ、次で対馬州に到った。ところが、如何ともし難いことに、国禁森厳であって海を渡ることは許されなかった。しかしながら師は(求法の)志を失うことはなかった。(対馬は)府内〈現:厳原〉の宮谷〈清水山城東側〉にしばらく寓居していたが、人の多くやや騒がしいことを厭い、茅壇〈有明山東側中腹〉に移った。師は府治の西南にある夷崎〈海岸寺の下方、海辺にやや伸びた崎〉の山水奇絶を愛して、その間を経行した。(対馬の)郷人は、師の名を知らず、ただ「京都の道者」と呼んでいた。

海岸精舎〈海岸寺〉の主である僧智順は師の戒行に随喜して、しばしば往来して親しく接していた。師は日常、縁に従う他に世事に就かず、鉢を携えて食を乞い、衣を繕ってその身を覆うのみであった。そのようにしてあること数年、まさに百苦を舐める日々を送っていながら、その志はますます堅固となっていた。筆を執って経律の要文を書き留めるなどして、その後の考証に備えた。師の勤め励む姿はまさにその様であった。船便のある度に書を慧雲及び平等心王院の山衆に贈っていた。その丁寧なる委嘱の内容は、(孤独で貧しき最中にあった)自らの事など脇において(持律持戒を旨とする)仏道を弘め護持することにあった。未だかつて一言としてその他の事に言及したことなどなく、言葉も多く記していることはなかった。

かつて郷里の母から手紙を得たことがあった。しかし、師は慇懃に頂戴してからそれを渓流に投じて、開き見もしなかった。それは(捨て難き)親の愛を捨て、道業にひたすら身を投じた決意の表れと見て取れる所行であった。

そんな中、突如として病に倒れたのである。しばらくしても一向に癒えることはなく、自らもはや病床から立てることはないことを知る。そこで書〈末後状。西明寺に現存〉をしたためて晋海公に送った。そして手に短杖を執って坐席を叩きつつ、しばしば仏号〈阿弥陀仏名〉を唱えて、安養〈極楽浄土〉に往生することを願った。その時、たちまち紫雲がたなびき、多くの宝華が乱れ落ちてくる様を見たのである。そこで師は筆を執って書いた手紙にはこうある、
「我がこの病苦など須臾〈わずかの間〉の事に過ぎない。あの清涼なる雲の中に諸々の聖衆と相い交わることが出来れば、どれほどの大快楽であろうか。八功徳水の満ちる七宝の蓮池こそ、私が生まれ変わる処である」
と。そう書き終わって結跏趺坐して逝去した。

時に慶長十五年〈1610〉六月七日のことである。閲世〈世寿〉三十五歳、坐〈夏坐・法臘〉若干夏。溽暑〈蒸し暑い時期〉の最中のことであったけれども、(遺骸の)容子は(腐って)変わることはなかった。道依は荼毘に付した後にその霊骨を収め取り、(師の生前所用の衣鉢など)道具を担いで慌ただしく京へと帰った。槇尾山の衆徒はその訃報を聞いて哀慟すること、あたかも親を亡くしたかのようであった。晋海公は、(師がその末後にしたためた)書に接してさめざめと涙を流し、和歌を詠んでその死を悼んだ。道依は(出家して)平等心王院の衆徒らと共に、山に律師の塔を建てた。

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

4.脚註

  • 別受相承[べつじゅそうじょう]…。→本文に戻る
  • 護摩法[ごまほう]…護摩とはサンスクリットhomaの音写で、供物を燃やして捧げること・火による供儀を意味する語。密教における修法の一種で、外道における火天への祭祀や火そのものを祀り行う供儀を換骨奪胎し、火を智慧の象徴とし、また様々な供物や儀礼を仏教の教義の象徴とする操作によって、悉地を得んとするもの。原義からすれば一般に言われる「護摩を焚く」とは二重表現で正しくない。
     実際に火を使うために見た目が派手であり、密教の象徴的儀礼・祈祷の一つと思われる場合が多いが、実際はそういうものではない。→本文に戻る
  • 伊勢・八旛・春日の三神祠云々…高雄山神護寺の鎮守社。実際に俊正がそれらの本社に参詣したということではない。→本文に戻る
  • 道依[どうえ]…道依明全。俊正明忍律師が対馬に向かった際、ただ一人随行した人。ここで月潭は道依を息慈(沙弥)であったとしている。けれども、当時道依は沙弥では無かったであろう。なんとなれば、西明寺に伝わる文書の一つ『禅語採要』(沙弥名籍)には、道依は賢俊良永と共に賢俊律師没後の慶長十五年十月に入衆、すなわち沙弥となったことを伝えるためである。賢俊はすでに高野山で一応僧となってはいたものの、いわばそれまでの僧としての経歴は律の見方からすると正しくなく認められないため、ここで賢俊はいわば正式に出家したといって良い。
     まずそもそも律師が旅に出る時、随行する者が沙弥であっては浄人として用をなさないため、やはり道依は浄人すなわち在家信者として随行し、対馬での律師の生活を助けたと見て違いあるまい。そしてその時は俗名であったろうが、道依の出自等についての伝承は全く無い。道依が比丘となったのは慶長十六年1611であり、賢俊を含めた他十名と共に自誓受具してのことであった。元和二年1616八月廿七日没。→本文に戻る
  • 平戸津[ひらどのつ]…現在の長崎県北西部。平戸藩松浦家の城下町で海外との貿易港があった。→本文に戻る
  • 國禁森嚴にして渡唐を許さず…国禁森厳とは、国法により厳しく制限されていること。
     当時、日本は文禄の役および慶長の役で明を目指した朝鮮侵攻が終わったばかりであり、明とも朝鮮とも国交は正式には無かった。それらとの交渉を担当することとなる以酊庵が臨済僧景轍玄蘇により作られる、その丁度前後の外交問題が微妙な頃に俊正明忍律師は対馬に渡ったのである。よって、希望的観測からすればそのような微妙な時期であるからこそその機会があるやもと考えることも出来たのかも知れないが、律師が国の公認のもと明に渡海する余地などまず無かったであろう。
     もっとも、それまで対馬の宋家は明や朝鮮との交易で莫大な利益を挙げており、なんとしてもこれを再開するための手段を探り、その機会を伺っていた(徳川幕府としても、甚大な利益をもたらす明との交易再開は望むところであって使者を送るが、明に無視されている)。そして、宋家は実際に国書を捏造して勝手に朝鮮と国交を回復しようと、いわゆる柳川一件を引き起こした。柳川一件におけるいきさつの詳細は他に讓るけれども、宋家はいわば「いわくつきの大名」であった。が、そのような土地柄であったがために、あるいは密かに、あるいは公に、明に直接は不可能だとしても朝鮮渡航の可能性は無くはなかったであろう。
     しかしながら、その後しばらくして明は経済的・政治的大混乱の果てに滅亡し、むしろ明の人々が日本に亡命を求めて続々渡ってきたのであるから、渡航を求める時期としては、いや時代として全く最悪であったと言えよう。→本文に戻る
  • 府内宮谷…対馬の中心地。府内はまた府中とも言われた。明治以降に厳原と改名されたが、江戸期から現在に至るまでその中心となっている。→本文に戻る
  • 茅壇[かやだん]…現在の対馬市厳原町[いずはらまち]にある久田道[くたみち]東側に広がる低山の中腹の古名。この山間を萱谷と昔呼んだというが、萱壇というその名称は、中腹にある平坦な萱の生い茂る地の名であることによるのであろう。土地ではこれを「かやんだん」などと称したこともあったという。→本文に戻る
  • 夷崎[いさき]…現在の厳原港の南にある岬。戒山はここで「府治の西南」とするが、実際は府治から見るとほぼ真南あるいは南東に位置する小さな崎である。宋家の船江からほぼ真東に位置する。茅壇のふもとあたり一体は、今は湾岸部を埋め立て新しい自動車道を走らせているが、往時はそこらは入り江であったように思われる。 律師が住まっていた萱壇から見下ろせば、今は雑木が生い茂って見難くなってはいるが、その昔は眼下に入り江を見ることが出来たであろう。そしてその右端に夷崎を望むことが出来たのであろう。→本文に戻る
  • 京都の道者と喚ぶのみ…対馬における土着の人々は俊正律師の名を初め全く知らず、すなわち大した興味もなく単に「京都から来た僧侶」程度の認識であったという。→本文に戻る
  • 海岸精舎の主僧智順[ちじゅん]…茅壇から海に降りたとき、そのちょうど海辺のほど高い地にある海岸寺を「中興」したという僧の名。その出自など不明であるが、その位牌は海岸寺に今もあってその歿年(元和四年1618十月一日)と享年(八十九歳)を知ることが出来る。すなわち、智順が俊正と親交があった頃、彼の齢は77から81とすでに高齢であった。本文に戻る
  • 毎便、書を慧雲及び合山徒衆に贈ふ…故郷を離れ、また志を同じくして興律を果たした師と法友のもとから遠く海を隔てた地にあって、書を彼らとやり取りすることは俊正にとって大きな楽しみであったろう。ただし、楽しみといっても故郷や友らとの親交を懐かしむというのではなく、あくまで志をさらに果たし追求するためのものであって、その故に私事について一言も言及することがなかったのであろう。俊正律師が槇尾山に送った手紙の多くは、そのまま現在も西明寺に保管されている。ただし、保存状態が悪いためさらに長く後世に伝えられることを期待は出来ない。→本文に戻る
  • 鄕里の書を得るも、輒ち慇懃に頂戴し云々…正律師は京の母公からの手紙を頂戴するのみで開き見ず、茅壇の庵のほど近くを流れる小川に捨てていたという。後代、その小川は律師のこの故事に因んで「文捨川[ふみすてがわ]」と称されていたという。現在、対馬でその名を知る者は、近隣の者ですらまったくいない。  近年、対馬の島民の間ではその行業は忘れられていく一方で、ほとんどまったく律師の名など知られていないけれども、対馬ではいまだ明忍律師の足跡を辿ることが可能である。なお文捨川とは、山中を流れるごくごく小さな小川であるが、現在はほとんど涸れており、雨が降った時にのみ山中の水が流れる程度のものとなっている。しかしながら山中、ところどころ昔の石積みでいわば護岸がなされているから、その昔は一定の水量があったのであろう。→本文に戻る
  • 書を作て以て海公に遺る…俊正律師が死を覚悟してその師に送った書はその師の二日前、六月五日に書かれたものである。その書の内容は、もっぱら師への感謝がただただ認められたものである。これは律師の死後、その遺骨とともに道依によって槇尾山に持ち帰られ、軸装され、なぜか「止観文」なる題が付されて今に至るまで西明寺に伝えられている。
     師晋海が突然としてその死を知り、自信への末期状たる書を見た時の心中如何ばかりであったか。とめどなく涙を流すばかりであったろう。実際、そのようであったと伝えられている。→本文に戻る
  • 乃ち筆を呼で書して…俊正律師が夢か現か死の直前に見たその光景、それはいわゆる極楽浄土から雲に乗って「来迎」するという、弥陀およびその眷属らの姿であったのだろう。それは日頃から淨土を信仰していた律師であるからこそ見た、いわば幻影(業の作り出した光景)であったのであろうが、しかし病苦に苛まれる最中の律師にとってそれは紛れもない事実として見えたものであったろう。
     今、その書は「明忍和尚消息」と題され、軸装されて伝えられているが、その筆跡を見た時、それが尋常ならざる状態で書かれたものであったことが一見して判ぜられるのである。→本文に戻る
  • 坐若干夏[ざじゃっかんげ]…坐とは法臘(夏臘)の意。法臘とは具足戒を受け、比丘となってから夏安居を幾度すごしたかの数である。安居の三ヶ月を如法に過ごし、その最後の日である自恣を迎えて初めて僧として一歳が加算される。
     俊正明忍律師が自誓受によって具足戒を受けたのは、慶長七年であり、没したのが慶長十五年六月のことであるから、その法臘は七あるいは八である。「あるいは」となるのは、自誓受戒したのが慶長七年の安居前であったか後であったによるためであるが、その具体的な月日が伝えられていないためである。ここで若干夏とするのは、それがはっきりしないためであろう。また、この『律師伝』が参照した月潭『行業曲記』では、法臘を十五歳と全く誤って言っているためでもあろう。月潭は法臘の意味を正しく理解しておらず、沙弥となってからの年月で言っているのである。そして月潭は沙弥となった年を廿一歳であったとしているが、これもおそらく誤りで実際は廿四歳のことであったろう。→本文に戻る
  • 溽暑[じょくしょ]に當ると雖も、容色變ぜず…遺体が腐敗し、腐臭を漂わせなかったということ。これは西蔵(チベット)でも言われることであるけれども、成就者といわれる仏道において一定の悉地を得た者の遺体は、死後その遺体が醜く変ずることが無い、などと言われる。西蔵では、真の成就者の遺体は「消えてなくなる」などとすら言われるが、今もその信仰は続いており、ダライ・ラマ十四世もその法話の中で度々言及している。→本文に戻る
  • 和歌を賦して之を悼む…晋海僧正にとって俊正はその幼少時から教導してきたまさに最愛の直弟子であり、共に戒律復興を成し遂げた同志であった。その弟子が遠い対馬にて逝去し、その死を知らされた後にあらためてその手紙を受け取り、読むこと。無常迅速とはいえ、僧正にとってそれはあまりに悲しく、あまりにつらいことであったろう。公家出身であり、また親王などとの親交があった僧正らしいことであったろうが、その思いを和歌に託し、弟子の死を悼んだのである。その和歌とは、「打見よと かねのしもくの筆の跡 まつ泣聲そ もよをされける」であった。道依が持ち帰った僧正宛の最後の手紙、そして臨終の間際に筆を走らせた書を直に見た時、実際その書の筆跡を見れば、それが尋常ならざる状態で書かれたものであることが、ほとんど一見して判ぜられるである。まして平生のそれをよく知るものであればなおさらであろう。それは、僧正らが見て涙しないわけがないものであった。
     人の死を悼むため、あるいはその悲しみを表するのに和歌を読むこと、現代の平等思想による弊害というべきか、むしろ総じて文化程度がかなり引き下げられてしまった日本の現状では、およそ思いもつかない行動であろう。
     実は明忍律師が亡くなる五日前の慶長十五年1610六月二日、同志友尊律師が逝去していた。年老いた晋海僧正やその同道の人々にとって、次々と同志が若くして亡くなってしまったことはひどく痛ましく、そして悔しいことであったに違いない。そしてまた僧正と慧雲律師もその翌十六年、立て続けに没している。また同時に自誓受具した五人目の人、玉圓空溪律師は平等心王院第三代を独り継ぐことと成るが、しかしさらにその翌年の慶長十七年四月十八日に示寂している。
     思えば、これら同時期に次々と示寂していった四人、五人の同志は、まさに宿世の縁によって共に戒律復興を成し遂げられたのに違いないのであった。→本文に戻る
  • 道依、衆を同じくして本山に就て塔を建つ…俊正律師の墓は、槇尾山平等心王院(西明寺)の境内奥にある。
     細かいことであるが、この「道依同衆就本山建塔焉」の一節で「同衆」とあるのをどう読むかが一つ問題となる。先に述べたように、月潭は対馬に向かった俊正に、道依は沙弥として随行したとしている。けれども、西明寺の文書によれば道依は俊正の没した年の十二月に沙弥となって入衆している。よって、この「同衆」を「沙弥となって」のことであるとすれば、墓が建てられたのはその十二月以降のこととなる。けれども、そうすると前後で脈絡がつかなくなる。→本文に戻る

現代語訳 脚注:非人沙門覺應
horakuji@gmail.com

このページのTOP / 原文 / 書き下し文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。