真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 戒山『槇尾平等心王院俊正忍律師伝』

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.書き下し文

律師諱は明忍、俊正は其の字なり。京兆の宦族中原氏の出にして、權大外記康綱の九世孫なり。父の名は康雄、朝に事へて少内記と爲る。母は某氏、淑德有り。

師、天正丙子四年に生れて天姿穎特。群童中に處して屹然として自ら異なること、穉松の嵩葭の間に挺挺とするが如し。父、其の聰慧なることを喜で、特に鍾愛を加ふ。

七歳、高雄山の僧正晉海公に從て内外典を學ばしむ。伊吾口に上り、師授を煩はせず。

十一歳、父喚で家を回し、卽ち少内記を任せて其の家を紹ぐ。師、韻書を諳じて、楷字を善くす。禁筵、聯句會毎に必ず師に命じて執筆せしむ。揮灑敏捷にして、四座驚嘆す。故に神童の譽有り。師、又心を纘承家學に留めて、官の暇に則ち舊記を補書し、積で數十巻と成る。聲名籍籍として縉紳の間に起る。

志學の後、少外記に升て、右少史を兼ぬ。朝中の皆、之を榮れとすれども、師以て意と爲さず。其の嘗て海公の訓を聆くを以て、志出家に在り。世間の榮名峻秩を視て、特だ旅中半炊の夢のみとす。常に高雄に登て、輒ち山雲水石の間に留連して、其の返ることを忘る。海公、其の志を憫て、殷勤に之を誨ふ。

慶長元年、竟に海公に就て頂相を圓にす。時に年二十有一なり。瑜伽法行を稟け、晨修夜勤すること敢て少しも懈らず、寢食を忘るに至る。海公、指して人に語て曰く、此の子吾家の精進幢なりと。

一日、師喟然として嘆じて曰く、戒は乃ち三學の首なり。戒既に廢れば、定と慧、何より生ぜんや。恨むらくは、此邦の律幢久しく仆れ、未だ能く之を扶ける者有らざることなりと。吾儕、忝くも緇倫に厠る。豈に坐視することを忍ばんやと。

遂に志を奮て、徑ちに南都に往き、古聖の遺敎を覓めて專ら紬繹を事とし、翅だ飢渇之るも飲食を嗜らず。但だ未だ人の開導を得ざることを以て、凝滯無きこと能はず。因に同志僧慧雲と與に西大寺に抵る。寺已に久しく廢すと雖も、尚ほ多聞の宿學有て能く開遮持犯の法を說く。師、雲と與に從て之に習ふ。所有の凝滯、雪融冰釋す。寺に僧友尊という者有て、亦律學を嗜む。二師の道誼の篤きに感じて、其の莫逆の交りを締ぶ。

七年、師二十七歳、移て高山寺に居し、雲尊二公と同じく好相を祈る。大乘三聚通受法に依て自誓受戒し、專ら止作隨行に勵む。因て雲と倶に行事鈔を講じて、幾ど周歳に及ぶ。其の餘の律典及び後二の戒學、精微を硏覈せずと云ふこと靡し。

時に三大部、世に未だ曾て刊行せず。師、名刹に往て宋刻古本を借り、手自から繕寫して以て撿閲に備ふ。晉海公、師の興律の志を嘉して、廬を槇尾山平等心王院の故址に建て、師を延て居せしむ。院は乃ち弘法大師の上足智泉法師の建つ所なり。樂善の徒、爲に佛殿・僧寮・淨廚等の屬を造り、蔚して精藍と爲す。結界の立法、一に舊制に式る。四方學律の侶、風を慕て騈臻す。海公、僧糧の給はざるを慮て、乃ち東照神君賜る所の腴田若干畝を割捨し、以て之に充つ。

南京に高珍と云ふ者有て、篇聚の學を粹む。師、之を招て遞相講演し、來學を誘訓す。人皆謂ふ、嘉禎の風、再び斯の時に振ふと。

十一年、師年三十一、自ら思て曰く、吾、通受自誓の願ひを遂ぐと雖も、尚ほ未だ別受相承の望みを果たせず。仄聞す、大唐三韓佛法現住して名師碩匠遞代乏しからずと。吁、古人法を求めて海を航り山を梯して艱辛を憚らず。吾何人ぞ。斯に敢て武を躡み芳を繼がざらんや。是に於て高雄に登り、弘法大師像の前に於て護摩法を修すこと百座。又躬ら伊勢・八旛・春日の三神祠に詣て、其の冥護を祈る。

既にして雲尊二公に囑して徒衆を管御せしめ、孤錫翩然として直に海西に赴く。道依、複を挾で之に從ふ。初め平戸津に抵り、次で對馬州に到る。柰せん國禁森嚴にして渡唐を許さず。然も師、心息めず。府内宮谷に寓居すること久しくして人緣稍譁を厭ひ、又茅壇に移る。府治の西南夷崎の山水奇絶を愛して、其の間に經行す。鄕人、其の名を知らず。但だ京都の道者と喚ぶのみ。

海岸精舎の主僧智順、師の戒行を欽んで往來密邇す。師は日常、緣に隨て更に他營無く、𥁊を擎て食を蜑ひ、衣を補て形を蔽ふ。是の如きこと數歳、備さに百苦を嘗むと雖も志益々堅し。手に經律の要文を錄して、以て考證に備ふ。其の精勤なること此の如し。毎便、書を慧雲及び合山徒衆に贈ふ。其の叮嚀の委囑、軀を忘れて此の道を弘持するに在り。未だ嘗て一句も言て他事に及ぶこと有らず、言多く載せず。

會て鄕母の書を得るも、輒ち慇勤に頂戴し、之を谿流に投じて展視せず。此れ以て其れ親愛を捨て道業に純ずと見るに足る。

俄にして疾に寢る。經ること久しくして愈へず、自ら起てざることを知る。乃ち書を作て以て海公に遺る。手に短杖を執て坐席を敲き、驟佛號を唱て、安養に生ずることを願ふ。忽ち紫雲靉靆して寶華繽紛せるを見。乃ち筆を呼で書して曰く、我が此の病苦は須臾の事。彼の淸凉雲中に諸聖衆と相交はれば、則ち豈に大快樂ならずや。八功德水の七寶蓮池、是れ我が所歸の處なりと。書畢て加趺して逝く。

時に慶長十五年六月初七日なり。閲世三十有五、坐若干夏。溽暑に當ると雖も、容色變ぜず。道依、荼毘法を用て從事して靈骨を收め、道具を擔て、棲棲として京に旋る。槇阜の一衆、訃を聞て哀慟すること所親を喪するが如し。海公、書に接して泫然涙下し、和歌を賦して之を悼む。道依、衆を同じくして本山に就て塔を建つ。

師、平常淨域に繫念す。講の暇に喜で信師の往生要集を閲す。嘗て自誓受戒血脈圖を製し、興正の下に讚辭を系ねて曰く、三聚を幷呑して戒身を長養す。法を耀して生を利す。千古未だ聞かずと。

師在し日に僧有て、曼殊洛叉の法を修す。一夕、假寐の間の夢に、大士之に告て曰く、儞、我が生身を見ることを願はば、卽ち高雄法身院俊正是れなりと。

師の寂後、相繼ぎ其の門を出る者孔だ多し。佛國高泉禪師、師の爲に塔上の銘を譔す。

贊して曰く、嗚呼、忍師の若きは、豈に難しと爲さざらんや。通受法の久しく行はれざるによって、化敎の學を幾て寰海に徧す。行宗の一門老死して其の名を聞かざる者有るに至て、忍師茲の會を崛起し嘉禎の蹤を追ふ。力を其の宗の將に墜ちんとするに振て、是に何ぞ及ぶべきなり。嗚呼、忍師の若きは、豈に難しと爲さざらんや。別受の法を萬里に求め欲すに至る。又人の能ひ難しとする所は、馬島に僑寓して數寒暑の閲し、風飡露宿して備に百苦を嘗むにあり。其の軀を輕くして法を重くするの風、眞に以て頑を廉くして懦きを立つるに足る。之て古聖賢を揆るに、何ぞ多く譲らんや。惜むらくは福、慧に逮ばず、出世未だ幾ならずして化すことなり。然りと雖も其の子孫相繼で斷ぜず。律道日に行じて、天下戶知る。師の德澤及ぶ所、亦た遠からず。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  原文 |  書き下し文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。