真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 戒山『雲龍院正専周律師伝』

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

律師諱如周。字正專。俗緣伴氏。城州八旛人也。生而岐穎。甫九齢染小疾。母欲爲灸療。師有拒色。母戲曰。汝若灸必與財寶。師曰。世寶非吾所欲。若許吾讀佛經。則隨其命。母喜以爲。此子有緣于空門。遂俾入泉涌寺。依長國賢弘律師爲童行。十三翦落。英聲越人。慶長十六年。師十九歳。從玉英律師進具。究毘尼學。既而登天台。於正覺院聽法華。久之遊南都。時興福之喜多院有空慶僧正者。相宗之哲匠也。名重一時。師卽依之學唯識。瑜伽。因明等諸論。靡不洞徹。寛永七年。杖錫經行。至醍醐。隨僧正堯圓公。稟密敎於無量壽院。於松橋一流特究根源。圓甚稱賞。十三年參善慧忠禪師于慧日。叩單傳之旨。禪師以法依一頂付之。以爲法信。

このページのTOP / 原文 / 訓読文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2.訓読文

律師1は如周、2は正專。俗緣は伴氏、城州八旛3の人なり。生して岐穎4

九齢の甫め小疾に染む。母、爲に灸療を欲すれども、師拒色有り。母戲れに曰く、汝若し灸すれば必ず財寶を與ふべしと。師曰く、世寶は吾が欲する所に非ず。若し吾に佛經を讀むことを許さば、則ち其の命に隨ふべしと。母、喜んで以て爲して、此の子、空門に緣有りとす。遂に泉涌寺に入て長國賢弘律師5に依り童行と爲して俾す。

十三翦落6。英聲、人に越ゆ。

慶長十六年、師十九歳、玉英律師7に從て進具8して、毘尼學9を究む。既にして天台に登り、正覺院10に於て法華を聽く。之を久しくして南都に遊ぶ。時に興福の喜多院11空慶僧正12という者有り。相宗の哲匠なり。名を一時に重ぬ。師、卽ち之に依て唯識13瑜伽14因明15等諸論を學し、洞徹せざること靡し。

寛永七年、錫を杖して經行し、醍醐に至る。僧正堯圓公16に隨て、密敎を無量壽院17にて稟く。松橋一流に於て特に根源を究む。圓、甚だ稱賞す。

十三年、善慧忠禪師18慧日19に參じ、單傳の旨を叩く。禪師、法依一頂20を以て之に付し、以て法信と爲す。

このページのTOP / 原文 / 訓読文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3.現代語訳

律師の諱は如周、字は正専。俗縁は伴氏、山城州八幡〈現:京都府八幡市〉の人である。生まれながらに秀才であった。

九歳の初め、軽い病に罹った。母は灸によって治療しようと思ったけれども、師はこれを拒んだ。母は戯れに、「もし、あなたが灸を受け入れたならば必ず財宝を与えましょう」と言った。師は、「世宝など私が欲しいものではありません。もし私に仏法の経典を読むのを許してくれるのであれば、その(灸を据えよとの)命に従いましょう」と答えた。これを聞いた母は喜び、「この子は、空門〈仏門〉に縁があるに違いない」と思った。そこで泉涌寺に入り、長国賢弘律師の元で童子として側仕えることとなった。

十三歳、剃髪〈出家得度〉した。その才覚は評判となるほどで、人に抜きん出ていた。

慶長十六年〈1611〉、師十九歳の時、玉英照珍律師に従って進具〈受具足戒〉して後、毘尼学〈律学〉を究めていった。その後、天台〈比叡山〉に登り、正覺院において法華〈天台教学〉を聴講した。これをしばらく修めた後、南都〈奈良〉に赴いた。当時、興福寺の喜多院に空慶僧正という者があった。法相宗の学匠であって、その名は当時轟いていた。師は、そこで彼について『成唯識論』・『瑜伽師地論』・『因明入正理論』等の諸論書を学んで、洞徹〈知り抜くこと〉しないということが無かった。

寛永七年〈1630〉、錫を杖して經行し、醍醐寺に至る。僧正堯圓公に随って、密教を無量壽院にて受け、松橋流について特にその根源を究めた。堯圓は(師の才覚を)甚だ称賛した。

十三年〈1636〉、善慧忠禅師を慧日山〈東福寺〉に尋ね、単伝〈禅宗。以心伝心〉の宗旨を学んだ。禅師は法依一頂〈法衣の誤植であろう〉を師に与え、それを以て法信〈印可〉とした。

このページのTOP / 原文 / 訓読文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

4.語注

  • 諱[いみな]…実名。その昔の支那において、人の死後にその実名を口にすることを憚った習慣があったが、それが生前にも適用されるようになった。普段は実名(諱)は隠して用いず、仮の名いわば通名・あだ名を用いた。その習慣が日本にも伝わり、平安中後期頃から僧侶においても一般化した。奈良期、平安初期の僧侶にはこの習慣はない。→本文に戻る
  • 字[あざな]…諱以外に普段用いた名前。あだ名、通名。僧侶においてはこれを仮名[けみょう]ともいう。たとえば明恵上人高辯や慈雲尊者飲光についていえば明恵や慈雲が字であり、高辯や飲光が諱である。→本文に戻る
  • 城州八旛[じょうしゅう やはた]…山城国八幡。→本文に戻る
  • 岐穎[きえい]…多才であること。→本文に戻る
  • 長國賢弘律師[ちょうこくけんこう りっし]…未詳。→本文に戻る
  • 翦落[せんらく]…髪を剃り落とすこと。剃髪。出家すること。→本文に戻る
  • 玉英律師[ぎょくえい りっし]…玉英照珍。河内国の津田氏出身。唐招提寺末、寿徳院の照瑜について出家し、伝香寺の泉奘律師のもとで学問を納め、顕密に通じた学僧となる。文禄二年1593、朝廷の綸旨によって泉涌寺主となり、慶長十年1605には唐招提寺に居を移し、以降は大和・山城の唐招提寺末の律宗諸寺院を転々とした。徳川家康に進講し、また時の帝の戒師となるなど、当時よく名の知られた律宗の学僧であった。寛永五年1628十二月六日没。→本文に戻る
  • 進具[しんぐ]…具足戒を受けること。受具とも。
     ここで「慶長十六年。師十九歳。從玉英律師進具」と、如周は十九歳にて進具したとされている。しかし、具足戒は数え年で二十歳となっていなければ受けることが出来ない。またもし二十歳未満で受けたとしても、受具は成立せず無効となる。
     如周の生年はここで明らかとされていないが、正保四年1647に世寿五十四で逝去したとされる。そこで逆算すると、如周は文禄二年1593あるいは同三年1594のどちらかが生誕年となる。ここに慶長十六年に十九歳とされていることから、文禄二年に生誕とするのが正しいであろう。
     さて、そこで問題となるのが、如周が具足戒を受けたのが数え年で二十に満たない点である。これでは具足戒の授受は成立しない。また、如周が具足戒を受けたのは唐招提寺であったと考えられるが、そこで行われていたのは「規則受戒」といって、ただ形ばかり儀礼的に行うだけの不如法なものであった。ただ通過儀礼として、その必須の条件など全く満たさずに行われていたものである。如周がいくらそれを受けていたからと言って、それで如周は正しく比丘とは成りえないことは、いわば律の基本中の基本である。よって、律学にもっとも詳しかったという本人がそれを気づいていなかったなどとは到底考えられない。もっとも、実はそのような不如法受戒・似非受戒は、時代を遡って平安末期から鎌倉期の唐招提寺や興福寺などおいても行われていたもので、それ以外に選択肢が無いという事情もあった。
     そのような不如法なる受戒に拠ることなく、通受自誓受戒という新たな方法を考案して鎌倉期に戒律復興を果たしたのが叡尊および覚盛ら四人であった。もっとも、律の本筋・本流からいえば、通受自誓受戒という方法は決して本来的なものではなく、その正当性には多く疑義を差し挟め得るものである。しかしながら当時はそれ以外に方法が全く無かったという点で、緊急避難的なものとして認めざるを得ないものでもあった。
     いずれにせよ、鎌倉期に為された戒律復興は室町期以降の戦乱によってまた潰え、近世初頭に明忍律師らによって再び成し遂げられることとなるが、その術はやはり興正菩薩叡尊律師由来の通受自誓受に依るものであった。→本文に戻る
  • 毘尼學[びにがく]…毘尼とはサンスクリットvinayaの音写で、律と漢訳される。すなわち毘尼学とは律学のことで、律についての学問。→本文に戻る
  • 正覺院[しょうがくいん]…比叡山延暦寺の子院の一で、その昔は学問寺院(学頭寺院)として名を馳せた。→本文に戻る
  • 喜多院[きたいん]…興福寺の院家の一つ。院家とは門跡寺院に付随し、それを補佐する有力寺院。そのほとんど全ては貴族出身の僧によって運営された。→本文に戻る
  • 空慶僧正[くうけい そうじょう]…喜多院住職。興福寺別当二百十三世。徳川家康および秀忠に進講したという、当時良く名の知られた南都の学僧。その出自など未詳。→本文に戻る
  • 唯識[ゆいしき]…護法『成唯識論』。世親の『唯識三十頌』の注釈書。玄奘三蔵訳。法相宗における根本典籍の一つ。→本文に戻る
  • 瑜伽[ゆが]…弥勒菩薩『瑜伽師地論』。玄奘三蔵訳。法相宗における根本典籍の一つ。→本文に戻る
  • 因明[いんみょう]…商羯羅主『因明入正理論』一巻。玄奘三蔵訳。因明とは論理学のことで、本書はその入門書。基によるその注釈書『因明入正理論疏』と共に、特に法相宗において盛んに研究された。→本文に戻る
  • 堯圓公[ぎょうえんこう]…今出川晴季の猶子で幼少時に東寺の堯雅について出家。灌頂を受けて松橋流第二十祖(松橋流については以下の無量寿院の項を参照)となる。後に東寺第百九十代長者に補任される。→本文に戻る
  • 無量壽院[むりょうじゅいん]…醍醐寺五門跡の一つ。醍醐の五門跡、すなわち三宝院・金剛王院・理性院・無量寿院・報恩院は、それぞれ小野流の分派を生じてその名とした。特に三宝院・金剛王院・理性院は醍醐三流と言われ、勝覚の弟子定海・聖憲・賢覚がそれぞれ居する寺院の名をもって一流を建てた。報恩院を除く四院は平安後期に成立。報恩院の成立は鎌倉期初頭であったが、後代は報恩院流が最も盛んとなる。
     無量寿院は定海の弟子元海によって創建された。元海は勝覚ならびに三宝院流祖定海から灌頂を受けた。その弟子一海は、まず三宝院の定海から灌頂を受け、さらに元海からも灌頂を受けて無量寿院第二世となる。そこでその伝える法を松橋流として一流を建てたが、またこれを無量寿院流とも言う。もっとも、内容的にはその出自から当然といえば当然のこととなるが、三宝院流に粗方同じ。また、一海には付法の弟子として静慶があるが、静慶は叡尊に松橋流を伝授した。叡尊は、その他三宝院流・金剛王院流・報恩院流・地蔵院流等も兼ね受けたが、後に松橋流(無量寿院流)を本として、それらをまとめて独自に西大寺流を建てた(もっとも、西大寺内では西大寺流と言わない)。
     近世の泉涌寺では、正専が松橋流をここで受けたことに依り、代々松橋流にて諸法事を執り行ってきたが、明治十一年に佐伯旭雅が泉涌寺長老となった時、己の都合で随心院流に変更してしまい、泉涌寺における松橋流の伝承は絶えた。→本文に戻る
  • 善慧忠禪師[ぜんえちゅう ぜんじ]…東福寺第二百四十七代 丹心慧忠のことか。→本文に戻る
  • 慧日[えにち]…東福禅寺(東福寺)の山号。円爾により開山された臨済宗の寺院で、後に京都五山(臨済宗における京都の禅寺の寺格)の第四位に挙げられる大寺院。→本文に戻る

現代語訳 脚注:非人沙門覺應
horakuji@gmail.com

このページのTOP / 原文 / 訓読文 / 現代語訳 / 脚注

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。