真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 戒山『雲龍院正専周律師伝』

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.訓読文

律師諱は如周、字は正專。俗緣は伴氏、城州は八旛の人なり。生して岐穎。

九齢の甫め小疾に染む。母、爲に灸療を欲すれども、師拒色有り。母戲れに曰く、汝若し灸すれば必ず財寶を與ふべしと。師曰く、世寶は吾が欲する所に非ず。若し吾に佛經を讀むことを許さば、則ち其の命に隨ふべしと。母、喜んで以て爲して、此の子、空門に緣有りとす。遂に泉涌寺に入て長國賢弘律師に依り童行と爲して俾す。

十三翦落。英聲、人に越ゆ。

慶長十六年、師十九歳、玉英律師に從て進具して、毘尼學を究む。既にして天台に登り、正覺院に於て法華を聽く。之を久しくして南都に遊ぶ。時に興福の喜多院に空慶僧正という者有り。相宗の哲匠なり。名を一時に重ぬ。師、卽ち之に依て唯識・瑜伽・因明等諸論を學し、洞徹せざること靡し。

寛永七年、錫を杖して經行し、醍醐に至る。僧正堯圓公に隨て、密敎を無量壽院にて稟く。松橋一流に於て特に根源を究む。圓、甚だ稱賞す。

十三年、善慧忠禪師を慧日に參じ、單傳の旨を叩く。禪師、法依一頂を以て之に付し、以て法信と爲す。

雲龍院廢壞すること已に久しきを以て、意、興復を欲す。乃ち朝に奏す。帝、之を嘉して、賜るに白金若于を以てす。師、乃ち佛殿・僧舎・齋堂・鐘楼等の屬を建つ。是に於て律幢高峙して、聲名日に顯す。若しは貴、若しは賤、若しは小、若しは大、風を嚮して悦服せざるもの靡し。京尹版倉氏、高槻城主永井氏の若きは、皆待して師禮を以て、法外護と爲る。

十八年、請を受けて法華を講ず。聽徒殆ど萬指にして、白衣の男女、席を以て容るところ無きに至る。滿散の日、當生忉利の文に至て、法藏師の母を救ふ因緣を引く。半ば之を説くに哽咽して已まず。之を久しくして乃ち曰く、嗟乎、己の如き者、柰何、親を救ふことの斯の若く爲らんやと、涕泣して已まず。四座之の爲に𣽽然とす。

會裏に豪傑の禪僧有り。毎に人に語て曰く、周公の履や、吾れ之を取る。周公の𨤘や、吾れ之を除くと。其の人の爲に信服せられること此の若し。

師、又た三寶の名字を刻で、印して以て人に與ふ。是の時に當り、從て三歸五八戒を受く者、多く一萬餘人に至る。大上法皇、師の德義を欽して、寵遇すること甚だ渥し。

十九年、旨有て命じて如法經を修し、以て先帝の冥福に資す。香・燈・花・旛、之を奉備して尊崇を極む。四來の隨喜者、庭に滿ちて門を擁す。感激して信を起さざる莫し。

上皇、師を禁中に請して、梵網經を講ぜしむ。百官聽者、悉く皆悦懌す。爾れより毎月、大内に入て法華・楞嚴・遺敎等の諸經を講ず。

二十年、通受法を以て自誓して菩薩戒を増受す。眞空阿律師、之の爲に證明す。

二十一年、上皇及び東福門院、師を延べて戒法を受く。公卿大夫に至るまで、同じく受くる者其れ多し。天恩降重すること、人皆以て榮と爲す。

師、常に志を護宗に篤く、無礙辯を以て人を誨して倦まず。宗門の大小部帙、及び諸の經論、輪環して講授。東山の門風、是に於て益す振るふ。學者謂く、竹巖、恙無き時減ぜずと。

正保四年二月初、疾を示す。上皇之を知て、亞相經廣を遣して存問し、特敇して泉涌寺主と爲す。時に疾已に革にして、闕を詣で謝すること能はず、乃ち牀上に於て拈香祝聖す。臨終西に面して、合掌端坐して化す。實に是の月十八日戌刻なり。世壽五十有四、僧臘三十有六。

門人、其の全身を寺の後山に塔す。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。