真言宗泉涌寺派大本山 法樂寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 戒山『雲龍院正専周律師伝』

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

← 前の項を見る・最初の項へ戻る →

・ トップページに戻る

1.現代語訳

律師の諱は如周、字は正専。俗縁は伴氏、山城州八幡〈現:京都府八幡市〉の人である。生まれながらに秀才であった。

九歳の初め、軽い病に罹った。母は灸によって治療しようと思ったけれども、師はこれを拒んだ。母は戯れに、「もし、あなたが灸を受け入れたならば必ず財宝を与えましょう」と言った。師は、「世宝など私が欲しいものではありません。もし私に仏法の経典を読むのを許してくれるのであれば、その(灸を据えよとの)命に従いましょう」と答えた。これを聞いた母は喜び、「この子は、空門〈仏門〉に縁があるに違いない」と思った。そこで泉涌寺に入り、長国賢弘律師の元で童子として側仕えることとなった。

十三歳、剃髪〈出家得度〉した。その才覚は評判となるほどで、人に抜きん出ていた。

慶長十六年〈1611〉、師十九歳の時、玉英照珍律師に従って進具〈受具足戒〉して後、毘尼学〈律学〉を究めていった。その後、天台〈比叡山〉に登り、正覺院において法華〈天台教学〉を聴講した。これをしばらく修めた後、南都〈奈良〉に赴いた。当時、興福寺の喜多院に空慶僧正という者があった。法相宗の学匠であって、その名は当時轟いていた。師は、そこで彼について『成唯識論』・『瑜伽師地論』・『因明入正理論』等の諸論書を学んで、洞徹〈知り抜くこと〉しないということが無かった。

寛永七年〈1630〉、錫を杖して經行し、醍醐寺に至る。僧正堯圓公に随って、密教を無量壽院にて受け、松橋流について特にその根源を究めた。堯圓は(師の才覚を)甚だ称賛した。

十三年〈1636〉、善慧忠禅師を慧日山〈東福寺〉に尋ね、単伝〈禅宗。以心伝心〉の宗旨を学んだ。禅師は法依一頂〈法衣の誤植であろう〉を師に与え、それを以て法信〈印可〉とした。

雲龍院が荒廃して久しいことから、その復興を志すこととなり、朝廷に上奏した。帝はこれを聞いて喜ばしいことであるとし、白金若于を下賜した。師はそこで佛殿・僧舎・斎堂・鐘楼等の諸堂を建てた。そしてこの雲龍院において律幢を高くかかげ、その名声を顕すこととなる。もしくは貴人、もしくは賤人、もしくは小人、もしくは大人、その徳風を受けて悦服しない者など無かった。京尹〈京都所司代〉の版倉〈板倉の誤植であろう〉氏、高槻城主永井氏などは皆、(師を)歓待して師礼〈師として礼拝すること〉し、その外護者となった。

十八年〈1641〉、請いを受けて『法華経』を講義した。その聴衆はほとんど万指〈千人〉にも及ぶほどで、白衣〈在家信者〉の男女は座る席すら無いまでとなった。満散の日〈最期の日〉、(『法華経』巻八 普賢菩薩勧発品第二十八にある)「當生忉利」の一節に至って、法蔵師が母を救った因縁譚を引用して解説する半ば、突如嗚咽しだした。そうしてしばらくの後、「嗚呼、私はどうして法蔵師のように親を救おうとしなかったのだろうか」と言い、涙を流してとめどなかった。四座〈すべての聴衆〉もまたこれを聞いて𣽽然〈涙を流す様子〉とした。

会裏〈衆中〉に豪傑なる禅僧があった。事あるごとに人に対し「如周公の履物ならば、私はこれを丁重に取り扱う。如周公の糞尿ならば、私はこれを丁重に清掃する」と語っていた。(如周公が)人から信服されていたのは、まさにそのようであった。

師はまた三宝の名字を板刻して印し、それを人々に与えられた。それと同時に、師の元で三帰依し、五戒・八戒を受ける者は、多く一万余人にも至った。大上法皇〈後水尾上皇〉は、師の徳義を喜び、(師を)寵遇すること甚だ手厚いものであった。

十九年1642、勅旨によって如法経〈一定の形式にも基づいた(特に『法華経』の)写経〉を修し、これによって先帝〈後円融天皇〉の冥福の資助とすることなった。(後水尾上皇によって)香・燈・花・旛などが奉納され、尊崇を極めた。四方から参加した隨喜者らが寺庭に満ちて門を取り囲むほどであり、(その荘厳さに)感激して信を起こさない者など無かった。

後水尾上皇は、師を禁中〈宮中〉に招いて『梵網経』の講義をさせた。百官などその聴衆は悉く皆、(その講義を)喜んだ。そのようなことから毎月、(師は)大内〈御所〉に入って『法華経』・『楞厳経』・『遺教経』等の諸経を講じられた。

二十年1643、通受法によって自誓して菩薩戒を増受した。真空了阿律師がその証明師となった。

二十一年1644、上皇および東福門院〈後水尾帝の皇后。徳川和子〉は、師に従って戒法を受けた。公卿・大夫に至るまで、同じく受戒する者が多くあった。天恩降重〈帝からの寵愛〉することについて、人々は皆、栄えあることであると噂した。

師は常にその志を護宗に置かれ、無礙自在なる弁舌でもって人々を教え諭して飽くことがなかった。宗門における大小の部帙および諸々の経論を、順に繰り返し繰り返し講授された。東山の門風は、これによって益々振るうこととなった。学者は言う、「竹岩、恙無き時減ぜず」と。

正保四年1647二月初、病の徴候が現れた。上皇はこれを知り、亜相〈大納言〉の勧修寺経広を遣して存問〈見舞い〉し、(師を)特敇によって泉涌寺主とされた。

時に病はすでに重篤となり、(宮中に講義などで伺うことを)欠いていることを(上皇の元に直接)詣でて謝することも出来なくなったため、病床の上で拈香して祝聖〈皇の無病長寿を祈ること〉した。その臨終に際しては西方に向かわれ、合掌端坐して遷化した。それはまさに二月十八日戌刻のことであった。世壽五十四歳、僧臘三十六歳。

門人らは、師の全身を寺の後山に納め、そこに塔を建てた。

← 前の項を見る・最初の項へ戻る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  原文 |  訓読文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。