真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺

現在の位置

五色線

ここからメインの本文です。

‡ 慈雲 『律法中興縁由記』

3ページ中1を表示
解題 ・凡例 |  1 |  2 |  3 |  原文 |  現代語訳

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ トップページに戻る

1.原文

律法中興縁由記

予これを故大和尚1に聞けり。

明忍律師は俗姓中原氏、幼にして聡慧なりき。後陽成天皇2の朝に擢んでられて少外記右少史に補せらる。

弱冠に世を厭ひて高雄山3晋海僧正に帰投して薙染4す。僧正つねに称す、吾門の精進幢なりと。

居諸おしうつるに随って、瑜伽加行5両部潅頂6その授受淵玄を究む。

ある時、秋なかばすぎ楓紅葉をもよほす比、共に庭中に在って月を賞す。

僧正因に云く、予いま大樹君の歸敬ありて世栄分に過ぎ、身壮健にして諸の痛痒なし。人間に在って賤人ならず。しかあれど自から省みるに眞出家ならず。是のみ自ら恨むるところなりと。

師これを聞いて云く、世人上下みな吾僧正の高徳を仰がざるなし。何の慊らざることありてみづから眞出家ならずとのたまふや。

僧正云く、眞出家とは世栄の僧都僧正等の官級ならず。正法のなか、戒法を以て位とす。出家は出家の戒あり、在家も在家の戒あり。七衆7位をわかちて毫も僭踰すべからず。吾幼より出家して女色肉食の累ひなしといへども、比丘の性8を成ぜざれば僧寶の數につらなることを得ず。紫緋の衣出家の服にあらず、茶香鞦鞠佛菩薩の作業ならず。吾これを思はばことに寝食やすからず。

師云く、吾僧正すでに眞出家ならずとのたまへば、小子はいかに。

僧正云く、我すでに眞出家ならねば、汝は我弟子なり。我にしたがふ者なり。古にいはずや、見師とひとしければ師に半德を减ず。見師に倍してまさに傳授するに堪へたり9

師此言を聞いて涙を流して云く、小子卑官少禄の身なれども、父祖の余業を棄てて出家す。唯眞正の人として自ら覺位に登り、普く人天を度せん爲なり。僧正たとひ眞出家ならずとも、小子をして戒法滿足眞出家となし給ふべし。

僧正云く、われすでに無戒10なり。世にまた眞正の出家なし。いかんして汝に戒法を授與せん。濁世に生れ出しならひ、いかんともすべき理なし。

師ここに於て悲泣して自ら堪へず、床より轉墮して自ら起つことあたはず。僧正安慰して曰く、汝しばらく起きよ、徒らに憂愁することなかれ。我これを聞けり、春日大明神11日本の擁護として佛法を扶助したまふ。古徳も我が力の及ばぬことは此神助を得て法を成就したまふ。汝もし此神託を得ば藍靑の利益あるべしと慇懃に敎誡す。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

2.現代語訳

律法中興縁由記

〈慈雲〉は、この話を故大和尚〈忍綱貞紀〉から聞いた。

明忍[みょうにん]律師は、俗姓中原氏。幼い頃から聡慧であった。後陽成天皇の頃、朝廷から抜擢され、少外記右少史に補せられる。

しかし、二十歳のとき、世を厭いて高雄山晋海僧正を師とし、薙染した。僧正は(明忍律師をして)常に称えられたものである、「我が弟子中、精進第一の旗である」と。

(明忍律師は晋海僧正のもとで)時節を過ごしていくなか、瑜伽加行そして両部潅頂と(真言密教を)伝授され、その淵玄を究めていった。

ある時、秋も半ば過ぎ、楓が紅葉をもよおす頃に、(晋海僧正と明忍律師は)共に庭に面する部屋にて月を鑑賞していた。

そこで僧正が話しついでにこのように言われた。「私は今、将軍や公家の帰依を受け、世の栄華を受けることは分に過ぎるほどであり、身体も壮健であって何の痛痒もない。社会において賤人たる身分でもない。しかしながら、自らを省れば真の出家者でもない。これだけが、自分にとって残念でならないことである」と。

明忍律師はこれを聞いて、「世の人々は上下みな、我が師である僧正の高徳を仰ぎ敬っています。それであるのに、何の不足があってご自身を真の出家者ではないと仰るのですか」と問うた。

僧正は「真の出家者とは、世の栄華たる僧都・僧正等の官位を受けることなどではない。仏陀の教えにおいては、戒法をもって位とするのである。出家には出家の戒があり、在家にも在家の戒がある。七衆という立場をわきまえて、わずかばかりも僭踰してはならない。私は幼少の頃から出家し、女色・肉食の類など犯したことはないが、(正しく具足戒を受け)比丘の性を得ることがなければ、僧宝の一員に連なることは出来ないのだ。紫や緋の衣など出家の服ではなく、茶道や香道、鞦鞠など、佛・菩薩のなされることではない。私はこれらのことを思うと、寝食するにも心が重く沈んでしまう」と言われる。

そこで明忍律師は聞くには、「私の師である僧正が、『すでに真の出家ではないのだ』などと仰るならば、私は一体どうなるのでしょうか」。

僧正は答える、「私が真出家ではないのならば、あなたは私の弟子である、私に従う者である。昔から言うであろう、『見、師とひとしければ師に半徳を減ず。見、師に倍してまさに伝授するに堪えたり』」と。

明忍律師は、この言葉を聞いて涙を流して言われた、「私は、たいした官位でもなく禄も多くあったわけでもない身ではありましたが、父祖代々の仕事を放棄してまで出家いたしました。それはただ、真正の人として自ら悟りの位に登り、人々と神々とを教え導かんとする為にです。僧正がたとえ真出家ではなかったとしても、どうか私をして戒法具足した真出家として下さい」と。

僧正は言う、「私は“無戒”なのだ。そして、今の(日本の)世には真正の出家者は存在していない。であるから、どうしてあなたに戒法を授与させることが出来るというのであろう。このような濁世に生まれいでた以上、如何ともすることが出来ないのだ」。

明忍律師は、この言葉を聞いて、悲しみのあまり涙が溢れるのを止めることは出来なかった。そして床より転げ落ち、自ら起き上がることが出来なかったほどである。

僧正はこれを慰めて言われたのであった、「起きなさい。いたずらに憂愁することはない。私はこのような話を聞いたことがある。春日大明神は日本の擁護として佛法を扶助されている、と。古の大徳たちも、自身の力が及ばぬようなことは、春日明神の助けを借りて法を成就されてきた。あなたがもし春日の神託を得ることが出来たならば、藍青の利益があるであろに違いない」と、慇懃に教誡されたのであった。

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3.脚注

  • 故大和尚[こだいわじょう]…慈雲尊者の才を見出しその門下においた師、法楽寺中興第三代住職、忍綱貞紀[にんこうていき]和尚。→本文に戻る
  • 後陽成天皇[ごようぜいてんのう]…第百七代天皇。安土桃山から江戸期にかけて在位にあった(在位1586から1611)。正親町天皇の皇子誠仁親王の第一王子で、正親町天皇の猶子となった。→本文に戻る
  • 高雄山[たかおさん]…ここでは神護寺のこと。高雄山とは、現京都市街の北西、清滝川の右岸に位置する山(京都市右京区)。
     奈良期からの古刹で、唐より帰った最澄が一時止住し、のちに弘法大師空海が住持となって以来、真言宗の寺院となって護国を祈る道場となった。平安中期に荒廃するも、鎌倉初期に明恵上人の師文覚上人によって再興された。明恵上人が仏門に入った寺でもある。→本文に戻る
  • 薙染[ていぜん]…髪を剃り、雑色に染められた袈裟を着ること。すなわち出家の意。→本文に戻る
  • 瑜伽加行[ゆがけぎょう]…四つの段階からなるため四度加行などといわれる、密教の瞑想法(瑜伽)を次第して修めること。その四つとは、十八道加行・金剛界法加行・胎蔵法加行・護摩加行。加行とは、繰り返し行うことの意。→本文に戻る
  • 両部灌頂[りょうぶかんぢょう]…金剛界曼荼羅ならびに大悲胎蔵生曼荼羅における灌頂を受けること。灌頂とは、頭頂に(香水・香油を)濯ぐという、儀式の内容を示した言葉。
     インドにおける国王の即位式に基づくものであるというが、密教においては国王の位を継ぐというのではなく、法を継承するという意味において行われる。基本的に真言宗では、これら二種の灌頂の授受をもって、伝法・受法の最終とされる。→本文に戻る
  • 七衆[しちしゅ]…仏教における、仏教徒の七つのあり方。これ以外に仏教徒のあり方はない。その七とはすなわち、比丘・比丘尼・沙弥・沙弥尼・式叉摩那(正学女)・優婆塞・優婆夷。詳しくは別項“仏教徒とは何か”の各項を参照のこと。→本文に戻る
  • 比丘の性[しょう]…仏教における出家修行者としての本質、Identity[アイデンティティ]。
     具足戒すなわちいずれか律蔵に基づく律を、やはり律蔵の規定に基づいて受けることによって成立する。性交渉・重大な窃盗・殺人・宗教的虚言のいずれかを比丘が犯したことによって失われる。これらは波羅夷罪といわれ、僧侶としては致命的な過失となる。もし具足戒を受けた後に犯せばたちまち出家者としての資格を失い、二度と僧侶になることは出来ない。その他の罪は、一定の罰則を受けることや懺悔することによって解消される。詳しくは“仏教徒とは何か(比丘)”の項を参照のこと。→本文に戻る
  • 見師とひとしければ云々…弟子の見識・見解がその師とまったく同様・等しいようであるようならば、弟子はその師の徳を半減させることになる。師の見識をさらに超えるものであってこそ、その弟子は法を伝授されるに値する、との意。禅家の言葉。
     ここでは「倍して」となっているが、一般には「過ぎて」。「見与師斉、減師半徳。見過於師、方堪伝授」『鎮州臨済慧照禅師語録(臨済録)』行録。この一説はまた『景徳伝灯録』にも見える。
     仏教において法の伝授については、時に写瓶[しゃびょう]などといわれ、師から弟子へと一滴の水も残さず漏らさず、その教えを伝えることが良とされる。弟子の器が師よりも小さくては不可能のことであるが、またその内容について師と弟子とが異なってはいけないのである。
     しかし、過去の禅の師家達は、むしろ同じでは意味がないと言い、弟子らが師の言葉をそのまま覚え、受け売りすることを大変嫌った。師らの言動は自らの苦悩と戦いついに脱落して出でたもの、その証得・体得した境地を、ただ表現として言ったものであって、言葉だけ表面上真似ても意味がないとした為である。
     実際、南方にて伝えられてきた小乗の一派、分別説部(上座部)においては、経文などを完全にコピーして説くことが今も尊ばれているが、それを説くものが果たしてそれを理解しているか、体現しているかとなると、甚だ怪しいことが多い。これは大乗の諸派においてもまったく同じである。
     教えが異なってはいけないが、それをただまる覚えし、オウム返しすることに意味など全くない。むしろ権威主義的になるのがオチであり、それは各地において現実のものとなっている。過去の偉大な禅師ら、祖師らがかく説いたのは、そのような態度に対する戒め、警鐘であったように思われてならない。
     もしこの言葉が全てに当てはまるようならば、釈尊の弟子たちは仏陀以上の存在であったこととなり、その弟子はさらにその上などとなっていき、菩提達磨にいたるころにはもはや全くの別物となって禅家の相伝など意味をまるでなさないものとなるであろう。このような禅家の言葉・思想は、使い方を間違えると、実際多くの人が間違えているようであるが、文字通りただの馬鹿、空悟り[からざとり]を生み出すだけのものとなってしまう紙一重のものが多い。→本文に戻る
  • 無戒[むかい]…戒、ここでは特に「具足戒(つまり律)」を受けていないこと。つまり、その姿は僧侶のようであっても、僧侶などでは全くないこと。無戒であれば破戒も無いが、しかしそれでは決して人は(仏教の意味するところの)出家することも出来なければ、人を出家させることは出来ない。
     鎌倉期以来、しばしばこのような僧は「無戒名字の比丘(具足戒を受けていない、名目や格好だけの比丘、すなわち似非出家・似非坊主)」などと言われたが、戒脈途絶えた当時、いかなる者でも全員がこのような状態にあった。すなわち、道心起こしたとしても如何ともしがたい状態。
     律宗には「無戒の比丘より破戒の比丘」などという言葉が伝わるが、物は考えようで、(それが波羅夷罪ではない限り)破戒したとしてもまた懺悔などによって比丘として性は維持でき、比丘として修行することも出来ようが、無戒ではそもそも比丘ですらないから、無戒より破戒がマシであるというのである。あるいは、(波羅夷などについてすら)破戒したとしても一度はうけた戒の縁(あるいは大乗的理解の戒体の縁)によって、(あるいは遠い後生の)未来再び受戒しうる縁にも恵まれようが、破戒も叶わぬ無戒ではいかんともしようが無い、というのである。その思考の是非は置くとして、そのような思想が昔あったのである。
     晋海上人がここで明忍師に率直に吐露されている内容は、晋海上人が人徳・学徳あり、大衆に信仰されるに十分な理由をもつ人であったことが知られるもの。この師からの思いもかけぬ率直な言葉によってこそ、明忍師は発心しやがて実際に興律を果たして行く。これは自誓受戒によってなされる。が、しかし、やはり自誓受戒は正規の方法でないことは、律を学んだものであれば誰しも知るところ。故に明忍師は、やはりこれを不備・不如法と考えたようで、さらに正統な三師七証・白四羯磨律による受戒を求め、明(支那)に渡ることを決心し、対馬に向かった。当時は両国間に正式な国交無く、また貿易も行われていたなかった。が、対馬と明との間には密かに、しかしながら活発な交易があった。そこで渡航可能な船をまっていたが、ついに志果たせず、対馬の地で逝去された。いま律師の墓が対馬の地にひっそりと残る。
     しかしながら、江戸期を通じ、そして諸宗に広まって行われた明忍律師の興律運動は、明治維新の社会変革によって衰亡。二度に渡る大戦によって完全に潰えた。ゆえに現在の日本仏教界における僧分にあるものは、例外なくすべて「無戒」である。すなわち、真宗は初めから問題外として、日本で僧侶と言われるものは実は“仏教の”僧侶でも出家でもない。「我が宗は平安の昔に小戒を捨て」云々あるいは「我が禅門においては」云々と言う者もあろうが、それはその昔から間違っている、と言うことに他ならないとすら言うことができる。
     このことについて、日本ではあれこれと自説をいう人があるが、あるいは禅家の人ならば、何故に道元が入宋時、僧中に連なることが出来なかったか、(具足戒を得ているとの)虚偽・妄言をもってようやく僧中に入れられたかの理由を尋ねなければならない(実際問題、道元のなしたその行為は僧侶としての大罪)。あるいは天台の人は、何故に明忍律師以降、その興律運動の影響によって、安楽騒動が比叡に起こったかを知らねばならない。
     いずれにせよ、道心ある人ならば、このことについて今一度深く考え直す必要があるであろう。→本文に戻る
  • 春日大明神[かすがだいみょうじん]…もとは藤原家一門の氏神を祭った社。ここにはタケミカズチノミコト、イワイヌシノミコト、アメノコヤネノミコト、ヒメガミの四柱が祀られる。
     戒律復興について、伝承では鑑真大和上以来、もしくは明恵上人以来浅からぬ因縁ある神。特に鎌倉期に僧俗・貴賎の信仰を集め、日本の護国神、あるいは仏法守護の神として尊崇された。慈雲尊者もまた、春日明神に関する霊潭がある。→本文に戻る

← 前の項を見る・次の項を見る →

・ 目次へ戻る

・ “戒律講説”へ戻る

3ページ中1を表示
解題 ・ 凡例 |  1 |  2 |  3 |  原文 |  現代語訳

・ トップページに戻る

メインの本文はここまでです。

メニューへ戻る


五色線

現在の位置

このページは以上です。